ロキソニンが原因となる胃炎にバリウム検査と使用胃薬

ロキソニンは一般にも広く知られている解熱鎮痛剤です。NSAIDsに分類される解熱鎮痛剤で、シクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素の働きを阻害することで解熱鎮痛作用を示します。このロキソニンの代表的副作用として胃炎が挙げられます。これはシクロオキシゲナーゼが胃粘膜を作り出す酵素であるため、これをロキソニンが阻害すると胃粘液の産生量が少なくなり、胃が傷つきやすくなるため起こります。
胃炎の検査にはバリウムを用いた胃X線検査か胃カメラによる検査が行われます。カメラは挿入の際に痛みを伴うこともあるため、それが嫌な方にはバリウムによる胃X線検査がおすすめです。バリウムによって胃粘膜の凹凸を見ることができるので、ロキソニンによる胃粘膜の減少も確認できます。
ロキソニンによる胃炎の場合に服用する胃薬に関してですが、胃薬は胃粘膜修復薬と胃攻撃因子除去薬に分類できます。前者は胃粘膜周辺の血流を改善し胃粘膜の産生量を多くする薬で、セルベックス(テプレノン)やムコスタ(レバミピド)が代表例として挙げられます。一方、後者は胃酸など胃粘膜を損傷する物質を胃の内部から少なくするような薬で、ガスター(ファモチジン)やパリエット(ラベプラゾール)が代表例として挙げられます。またどちらの機能も併せ持った胃薬もあります。ロキソニン服用時に使用すべき胃薬はセルベックスやムコスタといった胃粘膜修復薬です。それはなぜかというとロキソニンによって胃粘膜の産生量が減少することによって胃炎が起こっているため、その胃粘膜を胃薬で補充することが理にかなっているからです。もし胃酸等の攻撃因子が過剰になっていないのに胃攻撃因子除去薬を服用すると消化不良などの悪影響があるかもしれません。