授乳中に胃薬を飲んでも大丈夫?

授乳中のお母さんは、ストレスや睡眠時間の減少や今までお腹の中にいた赤ちゃんが居なくなったことと、授乳のために食事をしっかりと摂取することなどで胃もたれや胃痛を起こしやすくなると言われています。しかし、病院に行くほどでもない…という時に、市販の胃薬を飲んでも赤ちゃんに影響はないのでしょうか。
一言で胃薬といっても、様々な種類があります。自宅の置き薬などで「医薬部外品」という記載のある胃薬ならば摂取して問題はないと言われています。医薬部外品はその薬の中の有効成分が母乳を通して赤ちゃんに影響はないとされているためです。ドラッグストアなどで販売されている胃薬には「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」があります。第一類医薬品は薬剤師がいるドラッグストアや薬局じゃないと販売できません。それだけ効果があるということですが、その成分が赤ちゃんへ悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。授乳中だけではなく、妊娠中も避けた方が良いと言われています。第1類医薬品よりもリスクが低い第2類医薬品、第3類医薬品ですが、第2類医薬品の一部と第3類医薬品ならば授乳中にお母さんが飲んでも赤ちゃんに影響がないと言われています。しかし、使用も応急処置としての使用ならば大丈夫なのですが、常用することは好ましくありません。どの胃薬を飲めば安全なのかは、ドラッグストアや薬局に常駐している薬剤師に相談してみるのが良いでしょう。
「赤ちゃんのために薬を飲みたくない」というお母さんの気持ちもわかりますが、それがもとでお母さんの体調を崩してしまっては意味がありません。どの胃薬を飲む場合にでも、まずはかかりつけの産婦人科医に相談してみるのが一番です。