新富士の胃薬の効果と特徴とは

胃腸薬は症状や作用によって使い分ける必要があります。胃薬の種類としては胃粘膜の分泌を高める胃運動機能改善剤、荒れた粘膜を修復し胃酸を中和する粘膜修復・制酸剤、胃の働きを高める健胃剤、消化を助ける消化剤、胃痛を抑える鎮痛鎮痙剤、胃酸の分泌を抑える酸分泌抑制剤、そして総合胃腸薬です。
新富士の胃薬は食べ過ぎ、飲みすぎ、胃の痛み、胃のもたれ、胸やけなどの諸症状に効果があります。新富士の胃薬には制酸剤、消化酵素、弱った胃の働きを助ける健胃生薬に加え、粘膜修復材及び鎮痙剤を配合しているため、優れた効果を発揮します。
このように新富士の胃薬は飲みすぎや食べ過ぎた場合にも差し込むように胃が痛くなった場合などさまざまな場面で使用できる胃薬となっている総合胃腸薬となっています。 
新富士の胃薬の特徴としては3種類の制酸剤が配合されています。そのため、服用してすぐに胃酸を中和しさらに持続力もあるので長い間効果を発揮します。さらに胃酸の分泌を抑えるロートエキス3倍散という成分も配合されています。消化酵素も3種類配合されており、消化吸収を助ける働きの他に脂肪の消化吸収を助けるウルソデオキシコール酸が配合されているのも特徴です。
新富士の胃薬の使用には注意が必要となります。服用方法を守らないと症状が悪化したり副作用を起こしやすくなります。副作用としては口の渇きや便秘、下痢などの症状が現われることがあり、さらに皮膚に発疹や発赤、かゆみが出る事があります。発疹等が出た場合はすぐに服用を中止し、医師か薬剤師に相談する事が必要となります。また、透析治療を受けている人や、授乳中の女性は服用はしないようにすることが必要です。