胃薬に含まれる様々な成分

胃もたれがする時や胃が痛い時、吐き気がする時などに便利な胃薬ですが、どのような症状に効く胃薬かによって、含まれる成分は異なります。
食欲不振や胃もたれなどの症状には整胃剤(胃運動機能改善剤)が含まれる胃薬が適しており、これにはテプレノンなどの粘液分泌促進成分が含まれています。
この成分によって胃粘液の量を増やすことで胃粘膜を守る効果が得られます。
コウボクやソウジュツなどの成分が含まれる生薬も、胃の働きを高める効果があり、健胃剤として胃もたれなどに効果があります。
アズレンスルホン酸ナトリウムやセトラキサート塩酸塩、L-グルタミンなどの成分をはじめとした粘膜修復成分は胃の粘膜保護などの働きによって胃粘膜損傷を防ぐ効果があります。
症状としては胸やけや胃の痛みがある時に効果的な成分です。
ケイ酸アルミン酸マグネシウムや炭酸マグネシウム、水酸化マグネシウムなどの制酸成分は胃酸を中和し、それによって胸やけや胃の痛みを緩和してくれます。
ロートエキスも同じく制酸成分ですが、こちらは胃酸の分泌を抑制する事で胸やけや胃の痛みを緩和する効果があります。
ピレンゼピン塩酸塩水和物は胃酸の分泌抑制効果を持つ胃酸分泌抑制成分ですね。
健胃薬としてはゲンチアナやオウレン、ウイキョウなどをはじめとする成分を含む生薬があり、胃液や唾液の分泌を促進する作用がありますので、胃もたれなどの症状に効果があります。
消化剤に使われる成分ではジアスターゼなどのでんぷん消化酵素やニューラーゼなどの蛋白消化酵素、リパーゼなどの脂肪消化酵素、セルラーゼなどのせんい消化酵素、デヒドロコールなどの胆汁成分などがあります。
吐き気や胸やけ、胃の痛みに効果的な鎮痛鎮痙剤の成分としては、胃酸の分泌を抑制するロートエキスや胃粘膜に作用して刺激から守るオキセサゼインなどとなっています。
それぞれの症状に合った成分が含まれた胃薬を飲むようにしましょう。