ダイソー100均アイテム|買って良かったもの紹介!失敗も

スポンサーリンク
100均 ダイソー

今回もまたユーザーの生の声で、ダイソーで買って良かったものと失敗したものを紹介しています。

相変わらず、コストパフォーマンスの高さを感じます。

なにより、100円でこれらの品質は、なかなかスゴいです。

 

 

スポンサーリンク

ダイソー100均アイテム|ダイソーで買って良かったオススメ品 〜油引きポット〜

油引きポット

皆さん、炒め物をする時の油を引く時って、まず油を注ぎますよね。。。

それから油引きでまんべんなく引くわけですが、この油引きは、フタをつけたまま使える優れものなんです!!

 

開けたフタをどこかに置く必要がない。

片手に油を持ったまま、もう片方の手で油を引けちゃうわけです。

1分1秒の時間が惜しい働くママさん、面倒くさがりの主婦さん、これとっても楽チンですよ〜。

フタの部分の交換キッドがないので完全使い捨てになるのが、ちょっぴり残念なのですが。。

 

結構長持ちします。

先端のハケの部分も長さの調節ができるようになっているので、好みの長さに調節可能です!!

他の百均で探してみたけれど、ありませんでした。

炒め物をする時、油を注いでさくっと引くことが出来るから、べたつきがちのフタの置く場所をためらうことがないんですね。

 

まずフタをあけて、フタをどこかに置いてから引く。

この置く作業がないだけで、あらま、意外とこれってストレスフリー。

時間に追われる中でこんなちょっとしたストレスフリーな瞬間に救われちゃうわけです。

他の百均にはなかったダイソーの油引きポット、オススメです。

 

 

スポンサーリンク

ダイソー100均アイテム|ダイソーで買って良かった水に流せないポケットティッシュ

ティッシュ

どんなご家庭でも季節を問わない必需品、それはポケットティッシュです。

こうした日用消耗品は、百円均一で購入される方が多いでしょう。

 

とりわけダイソーでは、ポケットティッシュは多種多様の中から選ぶことができます。

中でもおすすめしたい商品が、『富士山の恵み 天然水使用 ポケットティッシュ 』です。

こちらは安心の日本製で、しかも大容量の16パック入り。

 

そして一番のオススメポイントが、『水に流せ流せないポケットティッシュ』という点なのです。

皆さんもポケットにティッシュを入れたまま洗濯してしまった経験、ありますよね。

特にお子さまのいる世帯ではありがちな不慮の事故です。

 

これが水に流せるポケットティッシュだと大変厄介で、水に溶けだしたパルプが洗濯物にひっつきそれを取る大変さと言ったらありません。

物凄く無駄な時間を過ごすことになります。

 

じつは今回ご紹介する水に流せないタイプでも、うっかり洗濯してしまう失態を犯しました。

しかし、水に流せるタイプのように細かく溶けてしまうことが無いので、後処理が非常に楽でした。

 

洗濯前のチェックが少々甘くても、気楽に構えることができるのです。

因みに肌触りもしっとり、さすがは日本製、さすがは天然水使用といったところです。

お子さまのいるご家庭に特にオススメしたい商品です。

 

 

 

スポンサーリンク

ダイソー100均アイテム|買って損なし!いざという時の備えにもおすすめの電球型ライト

電球

近年、日本は数多くの自然災害に見舞われる事態となっています。もうどこに住んでいても安心は出来ません。

いざという時のための備えとして、おすすめのダイソー商品をご紹介します。

 

今回おすすめするのは、ダイソーが販売している「SMD電球ペンダントライト」です。

その名の通り電球の形をしているペンダントライトで、単4電池3個で使用できます。

ライトには100cmほどの紐がついており、吊り下げて使用することが可能です。

 

この紐を引っ張ることによりライトのオンオフを切り替えることが出来ますので、小さいお子さんでも安心して使える商品となっています。

単4電池3個で連続使用17時間とかなりのパワフル設計なのも魅力。

オレンジ色の暖かい光がお部屋を優しく照らしてくれます。

 

よく、災害時に必要なものとして懐中電灯が挙げられますが、懐中電灯は一方向しか照らせないのがネックですよね。

しかし、このペンダントライトは電球の形をしているので、明かりが全方向に広がります。

停電時などに活躍すること間違いなし!です。

 

最近ではこの商品、お部屋のインテリアとしても人気なのだとか。

特に若い女性に「かわいい」と評判で、あえて部屋の明かりを消し、このペンダントライトの明かりを楽しんでいる人も増えているようです。

 

 

スポンサーリンク

ダイソー100均アイテム|ダイソーの定番プラケースをマスクケースに

定番プラケース

ダイソーの開店時からある定番のプラスチックケース類が今改めて買って良かったグッズです。

ダイソーができたのは、もう20年くらい前のことでしたが画期的でした。

 

それは、比較的高価な文具類が100円で買えたという驚き以外に、衛生的だったという感想も多かったのです。

使い捨て出来るビニールのジップロックやファイル、丸洗いしてすぐ乾燥できるプラケースは、とても衛生的だったのです。

日常のちょっとした物でも埃がかからないようにしまえ、物を劣化させずに保管するのに優れています。

 

今回のコロナウィルス問題で、マスクゴムや専用マスクケースはもう売り切れています。

けれども、TVの情報番組でも紹介されていましたが、自宅にあるダイゾーグッズを見直してみると、このようなプラケースがファミリーサイズのマスクケースとして丁度良い大きさであることがわかります。

マスクの箱は、開封し半分ほど使用していくと、内封がビニールとはいえ埃が入りやすくなるため、ビニールごとプラケースに移動させて保管します。

 

余裕で普通サイズのマスクが入る幅で透けているため、箱入りのままだと忘れられがちな使用状況が見た目にわかります。

スペースに余裕があるため、洗濯後再利用するマスクをジップロックに入れ一緒に入れておけます。

 

 

スポンサーリンク

ダイソー100均アイテム|ダイソーで買って失敗だった壁ピタティッシュ

壁ピタティッシュ

わが家のキッチンには、箱ティッシュの程よい置き場がありません。

家族がそれぞれに適当な場所に戻すため、いざティッシュを取ろうとして「あれ?ない!」と探し回るのが日常です。

 

これが地味に面倒で困っていたところ、ダイソーで素敵な便利グッズを発見。

その名も「壁ピタティッシュ」です。

 

平らな面さえあれば、逆さまにでも箱ティッシュを取り付けることができるスグレモノで、マグネットのないところにもペタッと貼ることができるものだそうです。

裏側には強力な粘着シートがついており、さっそく食器棚の側面に取り付けてみました。

 

 

ところが箱ティッシュをはめこもうとするとスカスカで、「ティッシュのサイズが悪いのかな…?」と考えてみるも、我が家のはどこにでも置いてある薄型の箱ティッシュです。

よくみると箱の短辺対応サイズは約11.2~12cmとあり、従来の大きめの箱サイズに作られているらしいことが判明。

そこでティッシュに適当なカバーを掛けて取り付けてみましたが、やはり落下してしまいます。

 

ですが、たとえもしうまく取り付けられたとしても箱ティッシュの銘柄も丸見えな訳で、「インテリア的にもどうなの?」と思い、役に立たないままゴミ箱行きに。

期待値が高かっただけに悲しい出来事でした。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

最後の「壁ピタティッシュ」は、ちょっと残念な商品でした。

規格のサイズが間違いだったのかも知れませんね。

それ以外は、相変わらずのコストパフォーマンスです。

100円の商品と考えると、値段以上のものがたくさんありそうです。

 

 

関連記事一覧

  1. 店のまとめ
  2. ダイソーのまとめ
  3. ダイソーの100均!良かったアイテムと失敗アイテム
  4. 買って良かった!ダイソーの100均アイテム!
  5. ダイソー100均アイテム|買って良かったもの紹介!失敗も(当記事)
タイトルとURLをコピーしました