家事

玄関はお家の顔!掃除機で砂とホコリにおさらばしよう♪

玄関 掃除機家事

「毎日通る場所だから、砂やホコリが多くて掃除が大変」

「扉を開けてホウキで掃きたいけど、うちはマンションだし・・」

「お部屋掃除の延長で手軽に掃除ができたらな〜」

 

このようなお悩みで玄関の掃除を怠っていませんか?

たしかに玄関の掃除は手間が多くて大変ですよね。

 

そこで少しでも玄関掃除の手間が省けるように、

掃き掃除を無くして掃除機をかけましょう

掃除の手順も合わせてご説明します。

 

 

ホウキじゃダメなの?掃除機をオススメする理由

玄関 掃除機

 

みなさんは玄関の掃除をする時、ホウキでゴミを掃いていますか?

マンションにお住まいの方などはゴミを外に掃き出せないので、

「集める」「捨てる」の手間が増えて、より一層面倒ですよね。

 

ですがホウキでゴミを掃くこと自体、返って家を汚しているかもしれません。

玄関に溜まった砂やホコリは、ホウキで掃くことによって舞い上がり、

棚の上や家の中に入ってしまいます。

一時的にホコリがなくなったと思っても、それはホコリが

空気中に浮遊しているだけなので、数時間後には戻ってしまうのです。

 

そこでホウキを使った掃き掃除を省いてしまい、掃除機をかけましょう。

ヘッドはフローリングなどで使うブラシ付きのノズルを外せば、

筒状のノズルになりますので準備はすぐに完了します。

砂ホコリや小石程度もこれなら吸い込むことが可能になります。

 

「外の汚れがついた玄関に掃除機をつけたくない!」という方には、

トイレットペーパーの芯を付ければ安心です。

 

作り方をご説明します。

 

 

掃除機のヘッドにトイレットペーパーの芯?取り付け方を説明

ノズルを玄関の床につけたくないという方にオススメなのがこちらの方法です。

 

準備するものは、

・トイレットペーパーの芯

・大きめのテープ(ガムテープや養生テープ)

・はさみ

の3点。

 

手順はとても簡単で、1分も掛からずに準備ができます。

手順1】芯の片方に3〜5cmほどの切り込みを入れる。

手順2】切り込みを入れた側をノズルに被せる。

手順3】テープで巻きつける(空気が漏れないように注意してください!)

以上で完成です。

 

空気漏れがなければこれだけでも十分ゴミを吸引してくれますが、

狭いところや隙間が多いという場合は、芯を斜めに切り落とすだけで

細いところにも対応できます。

 

以上のように、ご家庭で必ず出るトイレットペーパーの芯を再利用することで、

ノズルを汚さずに掃除機をかけることができるようになりました。

 

それでは最後に玄関掃除の手順をご紹介します。

 

 

玄関掃除の正しい手順

玄関 掃除機

 

毎日通る玄関だからこそ、いつも綺麗な玄関であってほしいですよね。

玄関掃除の正しい手順を知って、綺麗な玄関を保ちましょう。

 

順を追って説明します。

 

 

玄関掃除 | たたき(靴を脱ぐ場所)にあるものを移動する

靴や物が溢れていれば、ゴミが入り込むスペースを作ってしまいます。

まずは、掃除の妨げになるものを移動させましょう。

 

靴棚も一緒に掃除する場合は、中の靴も一緒に移動させておきます。

移動する際は靴底のゴミを外で叩き落としておけば、

掃除が終わってからも綺麗なままの状態を保つことができます。

 

 

玄関掃除 | 掃除機でゴミを吸い取る

物の移動が終われば、掃除機をかけていきましょう。

 

床とフローリングの隙間や角のスペースには、砂やホコリが溜まりやすいです。

掃除機で念入りにゴミを吸い取っていきましょう。

 

また靴棚を掃除する場合も同様の手順です。

靴棚に置くときのちょっとした振動で、靴底の砂は落ちてしまうので、

半年以上も放置していれば結構な砂の量が積み重なります。

 

以上が掃除機を活用した玄関の掃除方法になります。

さらにキレイにしたい場合は、上記の手順に加えて

・デッキブラシ

・乾拭き

などを加えるとよいでしょう。

 

以下に手順をまとめます。

 

 

玄関掃除 | デッキブラシで汚れを落とす

「掃除機では取れない汚れがある」という場合は、

床を水で濡らしてデッキブラシで擦りましょう。

水は汚れが濡れる程度の、少量で構いません。

水で濡らすことで汚れが浮き、取れやすくなります。

なお、大理石やコンクリートなどの床材は、

水で濡らすとシミができてしまう場合がありますので、

直接水で濡らさずに、絞った雑巾で水拭きをしましょう。

 

 

玄関掃除 | 乾拭きと乾燥

仕上げに雑巾で乾拭きをし、玄関を開けて乾燥させましょう。

玄関を開けっぱなしにすることに抵抗がある方は、

扇風機などを使って、風を巡回させるようにしましょう。

 

床材が乾ききったら終了となります。

乾ききる前に靴で踏んだり、物を置いてしまうと、

底の汚れが残ってしまい、時間と共に黒ずみとなってしまうので

必ず乾き切ってから物の移動や出入りをしましょう。

 

玄関が綺麗だとお部屋そのものが綺麗に感じますよね。

日頃から汚れの原因を取り除いていれば、ブラシで擦ったり、

水で拭きあげなければ取れないような汚れはできにくいです。

1.2ヶ月に一度、年末の大掃除などでは上述した手順で玄関を綺麗にしたいですね♪

 

 

まとめ

 

玄関に持ち込まれてしまった砂やホコリは

掃除機で済ませるのが手っ取り早くて楽ですね。

今回の記事では、掃除の手順も合わせて説明させていただきました。

理想は月1回の念入りな掃除です。

・物を移動する

・掃除機でゴミを吸い取る

・ブラシで擦る

・乾拭きと乾燥

 

その他にもトイレットペーパーの芯を使って、

ノズルを汚さない方法と作り方についてもご紹介しました。

家で使う掃除機を玄関の床につけたくない、という方は一度試してみてください。

 

人の出入りの数だけ砂とホコリは持ち運ばれてきます。

みなさんもお部屋掃除のついでに、玄関の砂とホコリを吸い取ってしまいましょう。

毎日の心掛けで、いつまでも綺麗な玄関があなたをお出迎えしてくれます。

 

タイトルとURLをコピーしました