ニュース

議員宿舎の家賃が激安値で決定。周辺相場より、月30万〜40万安い

スポンサーリンク
議員宿舎の家賃が激安ニュース

2019年12月9日の参院議院運営委員会は、東京都千代田区紀尾井町に建て替え中の

清水谷議員宿舎の家賃を決定した。

なんで、「そこまで優遇するのか」というびっくり安値家賃だ。

 

スポンサーリンク

決定した驚きの激安家賃の金額

物件イメージ

物件イメージ

 

決定した家賃は

  • 3L(81平米)が15万8006円
  • 1L(56平米)が10万9239円

 

筆者は、北海道札幌市に在住しているが、札幌市の賃料相場と変わらない金額に驚いた。

国民から、非難を浴びるような金額を何故決めることができるのか、その神経をうがいます。

清水谷の議員宿舎の物件スペック

  • 建設費は、50億円
  • 8階建建て、56戸
  • 物件周辺は「風致地区」であり、自然ある環境を守らねばならない地域
  • 20年3月竣工予定
  • 西側向かいに、ホテルニューオータニ
  • 地下鉄「赤坂見附駅」から徒歩3分

 

スポンサーリンク

周辺相場

紀尾井町には、そもそも物件が非常に少ない。

赤坂見附駅の徒歩5分圏内の賃貸不動産の家賃から、81平米の3LDKならば、月額家賃は、月50万を切れることは、おかしい家賃設定です。

立地環境と周辺相場から考えて、これが民間の物件であるならば、「最低でも月額50万」の物件です。

 

スポンサーリンク

不動産会社の常識としてあり得ない家賃設定

一般的に考えて、月50万はするはずの家賃を、家賃16万で議院宿舎の家賃として、設定して良いものだろうか。

確かに、一般的に、公務員宿舎の家賃は、民間家賃と比べれば、元々低い設定になっています。

しかし、それははた目からも、「古い物件だし安いよね」という納得感があります。

 

しかし、国会議員の給料は、はっきりって高いです。

国会銀の給料は、歳費といい、法律で定められています。(国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律)

議員は、月129万4000円です。

更に、月100万円が文書通信費として支給されています。

またまた更に、公設秘書の給料分として、別に約2000万円の手当てが支給されています。

 

その上で更に、議員宿舎の実質家賃補填ということまで、優遇されることが決定したということです。

まさに特権階級です。

 

□2019月10月に台風で被災した武蔵小杉のタワマンの現在と売却価値は

タイトルとURLをコピーしました