初盆と香典のマナー|大事な場面で恥ずかしい思いをしないように!

初盆と香典マナー時期季節

はじめに『初盆』とはいつのことを言うのでしょうか?

初盆と言うのは『故人が亡くなって、四十九日』を過ぎてから初めて、迎えますお盆の事です。

3ヶ月に渡ると『縁起が悪い』とされ満中陰を『三十五日』で切り上げる場合があります。

 

お盆の時期に、まだ忌明け(四十九日)が済んでいない場合には、初盆は『翌年』になります。

地域に、よって呼び方も異なり、新盆(にいぼん・あらぼん・しんぼん)と違いますが、意味は同じです。

お盆は、旧暦、新暦で行う地域にわかれます。

 

旧暦で行う地域は、東京都・神奈川県を中心とする首都圏・静岡県の一部・沖縄を含む南西諸島で、時期は7月13日~16日です。

新暦で行う地域は、北海道・東北地方・甲信越地域・関西・近畿・中国・四国・九州地方で、時期は8月13日~16日です。

一般的には、13日に『お迎え火を焚き』、14~15日に『法要』、16日に『送り火を焚いて』、ご先祖様をお迎え、お送りして盆明けとなります。

よくお盆には、キュウリやほおずき、おがらや茄子等の準備されますよね!

 

初盆と香典のマナー

初盆と香典マナー

冒頭にも書きましたが、祖先や亡くなった方々の『霊が浄土から帰って来られる期間』をお盆と言います。

初盆は、故人にとっても初めてのお盆なので『通常のお盆より丁重』に行われます。

 

お盆の由来は『盂蘭盆会「うらぼんえ」』と言う仏教の目連の伝説が元になっています。

  • 盂蘭盆会の伝説

目連は、生まれ変わった母の姿を探していて、餓鬼界(ガキかい)に堕ち捧げた供物も届かなく、苦に遭っている母を見つけ落胆します。お釈迦様に相談したところ『布施のやり方』を教えてもらいます。目連は、言われた通りに布施を行い、飲み食いや踊ったりします。すると、母にもその喜びが届き、地獄から歓喜の舞を踊りながら『昇天』しました。

と伝えられています。

 

明確な起源は不明ですが、日本には元々、初春(春分の日)と初秋(秋分の日)に先祖の霊が子孫と交流する行事がありますので、現在のお盆は『盂蘭盆会の伝説』と『初秋の行事』が混ざった物だと考えられています。

 

通常のお盆ならば、身内だけですませるのが、大半ですが、初盆は、親族だけではなく、葬儀や『四十九日』等の他の法事と同じように、親戚や知人を招いて『法要』を行います。

初盆に招かれた場合は『袱紗の中に、香典袋に入れ香典』を持参します。

 

初盆の香典袋の水引の色は、黄色と白・黒それとも?

 

香典の由来は、古く古来より葬儀の際には、親族やご近所さんがご遺族さんの『負担を軽減』するために食料等を持ちよって、いました。

現在のように『お香典を金銭で包む』、スタイルは『貨幣経済の発達』とともに広がり、『明治頃から全国に普及した』と言われています。

 

お香典の水引は、地域により『黄白・黒白』に分かれます。

【熨斗(のし)】とは、熨斗袋、のし紙の右上の6角形をしている部分、を言います。

従って、お店で『熨斗はどうされますか』は、間違いで、正式には『のし紙は、どうされますか』だと思います。

 

【水引】とは、熨斗袋、のし紙の中心の結びの事を言います。

水引には、何度あっても良いと言う意味の紅白、蝶結び、です。

出産等では、1度で終わりと言う意味の紅白、10本切り結び、です。

結婚等では、1度で終わりと言う意味の紅白、5本の結び切り、です。

 

仏事で、一般的に多く使用されています。

仏教では、熨斗なし、黒・白、結び切り、です。

熨斗なし、黒・白、鮑結び、です。関西で良く使用されています。

熨斗なし、黄・白、鮑結び。

また、最近では、熨斗なし、黒・白、結び切りで蓮のイラスト、と言ったおしゃれな熨斗袋も出てきています。

 

キリスト教では、熨斗なし、水引なし、白封筒、です。

熨斗なし、水引なし、左上に十字架もしく百合のイラスト、があります。

 

初盆の香典袋の表書きに薄墨で書く意味

お香典の書き方は、遺族側の宗教や宗派、会社関係等で変わってきます。

仏式では四十九日までは、『御霊』がこの世にいらっしゃるとされています。

 

『御霊前』四十九日以降は、故人が『成仏』されるので、『御仏前』または『御佛前』と書きます。

ただし、仏教でも浄土真宗の場合は『往生即成仏』と言う考えから、『御霊前』とは書かずに『御仏前』と書きます。

もし、宗派が分からなくて迷った時には『御香典』と書いておけば無難だと思います。

 

また、キリスト教では『御香典』と言う習慣がありませんので不祝儀袋は、水引がないものに『献花料』と書きます。

こちらは『カトリック』『プロテスタント』両方に使用出来ます。

 

神式の場合は、一般的に『御玉串料』と書きます。

お名前は、宗派を問わず、ご夫婦ともに渡す場合は、旦那様のお名前を『下部の真ん中にフルネーム』を書き、『左下に奥様のお名前のみ』を書きます。

もしも『連名で3名』までならば、『目上の方のお名前を右から順』に書きます。

 

また『4名以上の場合』は『別紙に全員のお名前を記入後』お香典袋に同封します。

中袋の金額の書き方は『旧字体の漢数字』を記入します。

【例】壱、弐、参…

1、2だとすぐに、改ざんされてしまうので『旧字体』なったと言うことです。

中袋の裏には『郵便封筒に書くように』左下に書きます。

故人を忍び『涙でにじみました』と言う意味で、薄墨で記入するのがマナーです。

 

 

初盆の香典、新札はいけない?

一般にお盆に限らず、お香典では『新札は、新しい不幸に繋がる』と言う意味で、避けられる方が良いと思います。

 

ただし、『使い古されてシワの多いお札』を使用されるのも、

故人に『敬意を感じられない』と失礼にあたります。

 

従って、時間がなく新札しか『用意が出来なかった場合』は、軽く折り目を入れておくことをお薦めします。

また『お札の入れ方』にも作法があります。

お札は『人物のお顔が見えないように「お顔が下で」裏向きに』入れます。

 

お香典は、お供えする物なので袱紗に包み渡すのが正式なマナーです。

 

袱紗(ふくさ)にも、種類や色により慶事用と法要用に分かれていますが、『紫色の袱紗』を持っていれば、どちらでも使用でき便利ですよ!

 

袱紗の包み方は『慶事用は「右開き」法要用は「左開き」になるように』包みます。

着物と同じです。

普段は、右前で、死者の着物は左前ですよね!

 

初盆の香典、親がもし?親戚が?もしもの時、金額の相場

 

故人があなたにとってのご両親、もしくは義父母である場合金額相場は約¥1~10万円です。

1番近い関係性なので、御香典の金額も高くなっていますが『自分の年齢』によって違ってきます。

故人が身内の時の、御香典の金額の相場を載せておきますね!

 

御両親・義父母のばあいの相場

20代1万円〜5万円
30代1万円〜5万円
40代1万円〜10万円
50代1万円〜10万円

 

<祖父母のばあいの相場>

20代3千円〜1万円
30代3千円〜3万円
40代3千円〜3万円
50代3千円〜3万円

 

<兄弟・姉妹のばあいの相場>

20代1万円〜3万円
30代1万円〜3万円
40代1万円〜5万円
50代1万円〜5万円

 

<叔父・叔母のばあいの相場>

20代3千円〜1万円
30代5千円〜2万円
40代5千円〜3万円
50代5千円〜5万円

 

友人・知人・御近所のばあい、故人があなたにとっての『御友人、知人や御近所』であった場合は、

金額の相場は、2千円~1万円位です。

初盆は、御家族や御親戚以外の方々で行います。

しかし、故人ととても親しかったのならば、もう少し多く包んでも良いと思います。

また、故人との関係性が薄い場合は、一周忌以降の参列は自然となくなります。

 

友人の親のばあい、故人が友人の親の場合の

金額の相場は、2千円~1万円位です。

血縁関係がないため、若干少なめです。

しかし、こちらの場合も関係性により変動します。

初盆の法要が終わりますと会食が振る舞われます。

 

初盆の、1番のポイントは『会食に出席か欠席』により御香典の金額も変わってきます。

御夫婦で出席の場合は『御香典を2倍』で丁度だと思います。

御香典を包み少ないからと、2度渡すのは『不幸が重なる』と言い失礼にあたります。

後『重ね言葉も縁起が悪い』とされています。

 

また、会食とは別に『参列していただいたお礼に引き出物を渡される』のが殆どです。

お供え物を『故人の供養』として、少しずつ分けて持ち帰る地方等があります。

御自分が、住んでらしゃる風習を事前に、御近所に聞かれる等をして学んでいると『恥をかかない』で済みます。

 

初盆の香典、金額相場と友人の場合の服装は?

初盆に招かれた場合は、故人が亡くなっての初めて迎えるお盆です。

挨拶もご遺族の悲しみに『考慮』し、故人を傷む場に招かれた事を感謝します。

 

初盆では四十九日までとは『香典の内容』が変わってきます。

いつもあることではありませんので、お香典の『金額の相場』は毎回迷います。

初盆参りでの、金額の相場も時代や故人との、関係性においても変わってきます。

 

血縁関係のない場合(友人・知人・会社関係)は、3千円・5千円・7千円・1万円です。

あくまでの今の相場です。

くれぐれも『血縁関係の方々の金額を超さない』配慮も必要です。

そのためには、『親族が行ってこられた事』を観察して、目安にする事をお薦めします。

 

初盆の香典とお供え物は両方いるの?

初盆に招かれますと『用意をするのが御香典とお供え物』です。

お供え物を用意する場合は『御香典』の金額をへらし、お供え物に載せて渡します。

親族であれば、以前は『白提灯』を送るのが一般的でした。

近年では5千円~1万円程度を『御提灯料』として、包み『故人の家族が用意する』ケースが多いです。

お盆に間に合うように『余裕を持って準備』されることをお薦めします。

 

また『法要にお招きいただいたけれど欠席』しなくては、行けないときもあります。

そのような時は『故人を偲ぶ気持ちと、お詫びをお手紙』に添えて、『御供物料』として御香典を送ります。

それに、キュウリ、ほおずき、おがら、茄子、の意味はあなたはご存じでしょうけれど….

 

キュウリは、串でキュウリを馬にして、早く帰って来て下さい。

ほおずきは、故人が道に迷わないための道しるべです。

おがらは、13日の夕に、玄関先等で焙烙と言う平たい入れ物の上で、火を付け、故人を待っています。

また16日の夕にもお帰りの時にも。

 

茄子は、串で牛にして、ゆっくりお帰りください。と言う意味です。

初盆の服装は、真夏の暑い時期なので『喪服でなくても問題はありません』が、ご招待をされる方の『負担』を考え、初盆は『平服で良い』と思われます。

ただし親族や友人・知人は、男性は『ブラックスーツ』、女性は『黒無地のワンピースか、アンサンブル』、等地味な服装を選ぶようにします。

 

そして、お招きします方々には『平服でお越し下さい』と返信用のはがきに一筆添えておくことをお薦めします。

平服と言いますが、ジーンズはNGです。

 

 

初盆の香典返しは何が良い?予算は?

 

昔から、冠婚葬祭の『葬』にあたる初盆(御香典)お返しは、消えてなくなる物が良いとされています。

昔は『洗剤』『タオル』『お茶』『海苔』『砂糖』等が主流でした。

今は、殆どが時期にあっていて、すぐに食べることが出来ますもの等、『素麺』『ゼリー』『羊羹』『食品カタログ』等になっています。

けれども今でも『洗剤』も根強い人気です。

『洗剤』『柔軟剤』等は、香りが『それぞれの好み』があり『アレルギー体質』で敬遠されることがあります。

予算は、殆どが『半返しか1/3』を目安にすれば良いと思います。

のし紙は、仏式のばあい、黄・白の水引に上に、『志』『粗供養』『新盆志』『新盆粗供』と書き、商品の上に貼ります。

その上から、包装紙の柄が左向きになるようにおき、商品も御自分お名前を左向きになるようにおき、全包装していきます。

下に隙間が開きますので、貴名紙に『御香典をいただいた方のお名前』を、クリップ等で止めてわかるようにしておきます。

こちらは、内のしといいます。

地域によって違いますが、身内の不幸の時は、内のし紙に、『粗供養』と名前を書き、1こづつ包装をして箱に入れ、まとめて包装をします。外のし紙に『お供え』と書きます。後で、わける方のご足労を考えて、思いやりです。

神式のばあい、黄・白の水引の上に、『志』『しのび草』『新盆祭志』です。

送られる場合は『2週間以内』につくようにします。

本来は、ご自分でご自宅まで持って行くのが『正式なマナー』です。

 

 

まとめ

今は、遠方の親族等、集まると言うことが、少なくなり残念ながら、

冠婚葬祭でしか逢う事がなく、疎遠になりがちです。

 

お葬式から、七日事に『追悼法要』が行われ、一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌・二十三回忌・三十三回忌、と集まり『故人の思い出話をするのも供養』になるのではないでしょうか?

五十回忌が区切りとされ、地域によっては、紅白の結び切りで、お祝いとなりますが、『故人を思う心』は、子孫にも受け継ぎたいと思います。

お盆は『日本の伝統的な文化』です。

今は『家族葬』や『御香典なし』の簡素化になっています。

けれども、まだ『しきたり』が残っている地域もあります。

慌てて『失敗』しないためにも『最小限のマナー』を身につけて受け継ぐ事が『

日本人のエチケット』であるように思われます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました