時期季節

初盆(新盆)に行く時の服装は?

初盆 服装時期季節

初盆とは、亡くなった方が初めて迎えるお盆の事をいいます。

 

故人の霊が初めて家に帰ってくるお盆なので、

服装はきちんとしておかなければなりません。

 

地域によってはこの初盆を大切にして、厳粛に行うこともあるので、

不謹慎な服装で参加しないように注意しましょう。

 

また、初盆の流れとしては、亡くなった方の遺族に訪問し、その後お墓参りに行きます。

そして最後に会食を行うという流れになっていることが多いです。

 

そのため、一般的には喪服や礼服で行くのが良いでしょう。

 

 

無難なのは喪服

喪服

無難な格好は黒を基調とした喪服です。

男性の方は黒のネクタイに黒のコートを着用します。

女性の方も同様に黒を中心とした服装で参加します。

 

ただし、最近では夏場の熱中症などのリスクもあります。

屋外で墓参りなどを行う方は涼しい格好でも問題はないとされている場合もあるので、

体に負担がかからないような服装にしても良いでしょう。

 

注意しなければならないことは、黒を基調とした喪服や礼服ではなく

通常のスーツで通ってしまうことです。

 

この状態で参加してしまうと、他の方に不快感を与えてしまう可能性も

ありますし、場合によってはトラブルに発展してしまう恐れもあります。

 

女性の方はアクセサリーを付けることも出来ますが、

華美なものは避けて喪服に似合うようなものを着用しましょう。

 

法事などで女性が身につけるアクセサリーの中では、

真珠のネックレスが一般的です。

無くても問題はありませんが、持っていれば

着用しておいたほうが良いでしょう。

 

服装はスーツやドレスが一般的ではありますが、

柄や刺繍のあるの派手なシャツなどはマナー違反に

なってしまう恐れがあるので避けます。

 

 

靴は

黒の革靴

 

男性の靴は黒を中心としたものが一般的ではありますが、つま先が極端に尖っているものや光沢のあるものは場違いなので避けたほうが無難です。

できれば黒色の革靴を履いていくと良いでしょう。

 

女性の靴は黒のパンプスを着用すれば間違いはありません。

サンダルなどのつま先やかかとが露出している靴の場合は避けたほうが無難でしょう。

ストッキングは肌色か黒色のものであれば問題はありません。

ただし、柄やマークの入っているものは避けたほうが良いです。

電線したストッキングも着用しないように注意しましょう。

[itemlink post_id=”1094″]

[itemlink post_id=”1095″]

 

 

シャツやネクタイ

黒 ネクタイ

男性の場合は基本的にシャツやソックス、スーツなどの全てを黒で統一させる必要がありますが、ワイシャツなどは白でも問題はありません。

髪はきちんと整えて、髭を剃り落として清潔な格好で

参加するようにしましょう。

 

男性のネクタイは、初盆なので黒のネクタイが無難です。

法事によってはグレーやシルバーなどでも問題はない場合もありますが、

あくまでも故人が亡くなってから初めてのお盆なので、

なるべく黒を中心として行けば間違いはありません。

[itemlink post_id=”1089″]

[itemlink post_id=”1090″]

[itemlink post_id=”1091″]

 

そのほかの注意

初盆に不向きな服装は多々ありますが、涼しい格好でも

問題はないと言われて、

柄のある派手なアロハシャツなどを着用して参加しては

他の方に不快感を与えてしまい迷惑になってしまいます。

 

そのため、涼しい格好でも問題ないとしているのであれば、

半袖のシャツに黒いネクタイを着用して参加しましょう。

 

もちろん、室内で冷房が強く設定されていることもあるので、

黒のジャケットも着用しておいたほうが無難です。

 

マナー違反となるのは

女性の場合であっても半袖のドレスやシャツでも問題は

ありませんが、私服での参加は控えましょう。

 

礼服であっても極端に露出度の高いものは避けたほうが良いです。

 

例えば、つま先やかかとが見えている靴はマナー違反になってしまいます。

最近は熱中症予防のため、半袖の礼服や喪服が販売されていることが多く、

それらを事前に購入しておけば迷うことはありません。

[itemlink post_id=”1092″]

[itemlink post_id=”1093″]

 

これらの製品であれば、相手に不快感を与えること無く参加できます。

 

タイトルとURLをコピーしました