時期季節

初詣とは?わかりやすく説明!気になる初詣のあれこれを

スポンサーリンク
初詣とは わかりやすく説明時期季節
初詣

新年の恒例として毎年いく初詣。

実際どんなものか知っていますか?

 

そもそもの由来は?どうして新年にお参りするのか。

どこにお参りしたらいいのか。

 

聞かれると意外と答えられない、知ってるようで知らない初詣のあれこれ。

氏神様のことや、何日までにお参りしたらいいのか、仏滅はいけないのかなどなど。

お参りの時にこまらない、基本的な作法と一緒に解説します!

 

 

スポンサーリンク

初詣とは?分かりやすく説明!気になる由来も知ってみよう

初詣とは わかりやすく説明

 

初詣とは、そもそも何をするの?わかりやすく説明

初詣とは年が明けてまず、地元の神様である氏神様に(うじがみさま)にお参りすることです。

まずは昨年一年間、家族が元気に過ごせたお礼と感謝を神様にお伝えします。

 

そして今年も一年間、家族みんなで明るく無事に過ごせますようにと、お願いをします。

今年はこんなことをがんばります!という決意を報告するのもよいとされています。

初詣で神社へお詣りしたら、神様へのお礼、そして年の始まりのごあいさつをしましょう。

 

 

 

初詣の由来も知りたい!最初はお詣りではなかった

初詣が日本人に定着してきたのは明治時代の前半で、思ったより最近です。

 

大もとの始まりは年籠り(としごもり)といい、大晦日から元旦にかけておこなわれます。

家長(今のお父さん)が氏神様のいる神社やお寺にこもり、安全や豊作をご祈願していました。

 

やがて、大晦日にお参りをする除夜詣り(じょやまいり)や、元旦にお参りをする元日詣り

(がんじつまいり)へと分かれていきました。

 

 

江戸時代のころは、元日詣りのほうは恵方詣り(えほうまいり)とも呼ばれていました。

その年の恵方の方角にある、神社やお寺へお参りしていたのです。

 

のちに時代の流れによってお参りも簡略化され、元日詣りだけが初詣として残りました。

今は交通も便利になったので、氏神様だけでなく遠くの神社へもお参りできるようになりましたね。

氏神様ではない神社は崇敬神社(すうけいじんじゃ)と呼ばれています。

 

 

スポンサーリンク

初詣とは、分かりやすく説明|氏神様とはどういうもの?崇敬神社とは違う?

 

初詣とは?わかりやすく説明|氏神様ってどんな神様?

さっきから何度か出てくる言葉、氏神様。いったいどんな存在なのでしょう。

 

あなたは、自分の住んでいる地域に神社があることを知っていますか?

氏神様とは、同じ地域に住む人たちが共同でお祀り(おまつり)する神様のことです。

氏神様は神社のまわりの地域と、そこに住んでいる人たちを守ってくれています。

 

ちなみにお祀りとは、食べ物をお供えしたり、神社にお参りしたり、お掃除をしたり

ご祈願をしたりして、神様と神社を大切にすることです。

 

 

その地域に住む人のことは氏子(うじこ)と呼ばれています。

普段から自分の住む地域の氏神様にお参りしたり、お掃除でお手入れなどしていますが

夏祭りのおみこしや、秋の豊作祈願のお祭りの時などに神社のお手伝いもしたりします。

 

 

 

初詣とは|崇敬神社は氏神様とは違うのか

崇敬神社(すうけいじんじゃ)とは、地域を守ってくれている氏神様とは別のものです。

地域や地元は関係なく、個人的に信仰することで崇敬される神社のことです。

 

崇敬とは、あがめうやまうという意味です。そういう意味では氏子と気持ちは同じです。

崇敬神社は地域は関係ありませんので、別の県や遠くから崇敬する人もたくさんいます。

 

すぐにはお参りできない所に住んでいる人は、お札を神社から送ってもらって、家の神棚に

お祀りする人も沢山います。家から神社の方へ向かって手を合わせてお参りしたりします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

初詣とは・分かりやすく説明|日にちはある?作法がわからない!

 

初詣とは「三が日のうち」にという説

年が明けて一通りおせちなど食べ、お年玉をもらっていざ初詣!となったとき。

初詣はいつまでに行くべきなのか、何日にいこう?と迷ったことはありませんか。

神社へのお参りは三が日の内がいいとか、遅くても1月15日までとかいいますよね。

 

実際は、1月いっぱいくらいにお参りできれば十分です。あせらなくても大丈夫。

三が日はとにかく人が多いですよね!そのにぎやかな雰囲気も初詣のたのしみですが、

1月いっぱいくらいなら縁起物もお正月ならではのおみくじもちゃんとありますので、

4日以降など人が減ったタイミングでも大丈夫です。大切なのはお参りする気持ちですね。

 

お参りするにあたって、大安の日がいいのか、仏滅はさけるべきか、など気にしがちですが

仏滅や大安などの六曜は神社へのお参りには関係ないので、気にせずお参りしましょう。

 

 

 

初詣とは|おさえておきたいお参りの作法

神社へのお参りはお正月くらいしか行かない、という人も多いと思います。

では、お参りの作法は知っていますか?人には聞けない、でも知っておきたいですよね。

ここで知ってしまえば、会社の人とでも友達とでも、誰といっても恥ずかしくありません!

 

まず鳥居の下に来たら、一礼します。お邪魔しますという意味で神様にごあいさつします。

できれば鳥居から見て真ん中はさけて歩くといいです。真ん中は神様の道とされています。

進んでいくと、水が出続けている場所があります。手水舎(てみずや)という名前です。

手や口を洗い、神様の前へ行く前に心身を浄化させる意味があります。ぜひ洗いましょう。

 

 

 

初詣の手水舎のしかた

  • 右手で置いてあるひしゃくをもちます
  • 水をすくって左手を流し清めます。
  • 清めた左手に持ちかえて、右手を流し清めます。
  • 両手が清められたら最初の右手に持ち直します。
  • 左の手のひらに水をため、口をすすぎます。(ひしゃくに口はつけません)
  • 口をすすいだら左手を流して清めます。
  • 最後にひしゃくを縦にして取っ手に水を伝わせながら流して終わりです。

 

手水は、できるならすくった最初の一杯で終わらせられるのが理想です。

 

 

初詣のお参りのしかた

基本的には「二拝二拍手一拝」ができれば安心です。

 

まずは賽銭箱の前へ行きます。

大きな鈴がある場合は、鈴についたしめ縄をもって数回ならします。お清めになります。

 

鈴をならしたら、神様へのお礼や感謝の気持ちを込め、ていねいに二回、礼をします。

 

次に拍手を二回うちます。神様に、お参りに来ましたとお知らせする意味があります。

拍手をしたらしっかりとお礼や感謝、お願いなどを心の中で伝えましょう。

伝えおわったら、最後にもう一度ていねいに一回、礼をしたらお参りはおしまいです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

どうですか?お参りの時に一回は悩む、神社へのお参りのしかた。

元は、大晦日から神社にこもって祈願していたなんて、おどろきでしたね。

 

地域を守ってくれる氏神様と、地域は関係ない崇敬神社と、ふたつにわかれても

大切なのは神様に感謝して、大切にする気持ちでした。

日にちにも大きな決まりもなく、1月中にお参りができればいいとわかったので

 

お正月にお休みが取れないサービス業の人でも、自分のペースでお参りできそうです。

今さら人には聞けない手水や、お参りの作法をしっかり覚えて手に入れましょう。

一緒にお参りする人に、ぜひさりげなく見せてあげてください。

タイトルとURLをコピーしました