一人暮らしの家電|まずリストアップ|セットやレンタルもあり!

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

一人暮らしに必要な家電は何を揃えればよいか

〇一人暮らし向けの家電セットはお得

〇一人暮らしに必要な家電は最低限でOK

 

一人暮らしの新生活を始めるにあたって、生活に必要なものを買い揃えなければなりません。

中でもお金が一番かかるのが家電です。

冷蔵庫や洗濯機、電子レンジと安いものを購入しても、購入金額は平均10万円~15万円が必要になります。

そもそも一人暮らしの家電は、何がいるのでしょうか。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、「一人暮らしに必要な家電と費用」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

一人暮らし用に必要な家電をリストアップする

一人暮らし 家電

 

まずは、一人暮らしに必要な家電には何が必要か考えてリストアップしよう。

 

新しく住む部屋スペースと近所のお店(コインランドリーなど)を知っておく

新しく家電を購入する前に、住む部屋と近所に何があるかをまずは把握します。

色々家電を買ったものの、「置く場所が無かった」「あまり使わなかった」ではもったいないですよね。

部屋に備え付けの家電がある場合も考えられます。

さらに周りにコインランドリーがある、あまり自炊はしない、などによっても購入家電は変わってくるものです。

 

必要な家電を書き出して引き算してみる

一人暮らしに必要な家電で、まず購入しようと思うものを紙に書き出してみてください。

 

<一人暮らしにあると便利な家電>

・冷蔵庫

・洗濯機

・電子レンジ

・クーラー

・照明

・テレビ

・炊飯器

・掃除機 など

 

次に、「部屋にすでに備え付けられているもの」「使用頻度が少ないもの」「なくても困らないもの」を引いて

いきます。

リストに残った家電があると便利な家電となります。

さて、何処まで買いそろえようか。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/kaden-jiki/ target=]

 

 

一人暮らし向けの家電セットのメリット・デメリット

家電 一人暮らし

 

一人暮らしであっても、家電を買い揃えるには約10万円~15万円程かかります。

できるだけ安く、家電をすべて揃えたいと考える人も少なくはありません。

さらに、「家電を一つずつ選ぶのは大変」というときは、一人暮らし向けの家電セットがお得です。

もちろん、メリットだけでなくデメリットもあるのでそれを踏まえて検討してみてください。

 

家電セットのメリット

・単品よりも安く買える

・家電を一つずつ選ぶ手間も省ける

 

年明けから春にかけては「新生活応援家電セット」と名前が付けられて、店頭でもよく目にするはずです。

時間がないというときや、迷ったときは家電セットがおすすめです。

 

家電セットのデメリット

・メーカーや型番などは選べない

・必要がないものも含まれていることもある

 

家電セットは単品で買い揃えるよりも安く買うことができます。

しかし、あらかじめ決められた家電がセットになっているため、メーカーや機種を選ぶことはできません。

さらに、中には必要がないものが含まれていることもあります。

家電にこだわりがある方には向かないため、その場合はセットではなく単品での購入がおすすめです。

 

 

一人暮らしが急なら、まずは家電レンタルや中古もあり

レンタル 家電

 

一人暮らしは転勤など、急に決まることもあります。

そんな時は、急いで家電を購入しなくてもレンタルしてみてはいかがでしょうか。

最短1か月~最長4年までレンタルできるため、転勤が多い方や学生で一人暮らしを始める人にもおすすめで

す。

新しい家電を選ぶまでの間借りるのも良し、大学生活の間借りるのも良し。

セットはもちろんですが、単品で借りることもできます。

購入前に本当に必要かどうかを見極めたい、と言うときにも使ってみるのも良い方法です。

 

他には、中古品で揃えるという方法もありです。

数年後には、自宅に戻るという可能性が、強いかどうかです。

確かに、分かりにくいことではあります。

 

でも、もしある程度の傾向で、何年ということが分かるのなら、その時には、二束三文の価格で処分する事になります。

ですから、中古品で揃えるのも、十分検討する必要はあります。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/kaden-risaikuru/ target=]

 

まとめ

 

一人暮らしに必要な家電を選ぶとき、まずは必要と思うものを書き出してみてください。

そこから実際に住む部屋や場所、生活を考えて「使用頻度が少ないもの」「なくても困らないもの」を引きま

す。

残った家電を優先的に購入するようにしてみてください。

どれを選べば良いか迷ったら、家電セットや店員さんに相談してみましょう。

どうしても時間がない時は、レンタルもあるので検討してみてくださいね。

 

スポンサーリンク