HUAWEI nova 5Tスペックをレビュー【必見】【おサイフケータイ・防水加工はなし】

HUAWEI nova 5Tモノ
HUAWEI nova 5T

この記事を読むと次のことが分かります。

・HUAWEI nova 5Tのメリット・デメリット

・HUAWEI nova 5Tの使用感

・HUAWEI nova 5Tを購入しても良いのか

 

2019年11月29日、HUAWEI nova 5Tが日本で、発売されました。

HUAWEIと言えば、フリーSIMスマホを安価で、提供してくれる中国企業です。

一方で、セキュリティ面での不安から、アメリカ政府から制裁を受けている企業でもありますので、購入すべきか迷ってしまう人も多いと思います。

 

今回は、HUAWEI nova 5Tの特徴・使用感・購入すべきかどうかについて解説していきます。

 

 

HUAWEI nova 5Tの基本スペック

HUAWEI nova 5T

 

まずは、HUAWEI nova 5Tの基本スペックから確認していきます。

HUAWEI nova 5T内容
CPUKirin980
本体サイズ73.97×154.25×7.87mm
本体重量174g
画面サイズ6.26インチ
バッテリー容量3750mAh
カメラ画素メインカメラ:4800万画素

超広角カメラ:1600万画素

マクロカメラ:800万画素

深度測定カメラ:200万画素

インカメラ:3200万画素

価格5万4500円(税抜)
その他特徴おサイフケータイ非搭載

防水加工なし

外部ストレージ非対応

基本スペックの中で、特に気になるところについて、次の段落以降で、説明していきます。

 

 

HUAWEI nova 5Tのココが凄い!

 

では、具体的な特徴から見ていきましょう。

主な特徴は次の3点です。

 

・カメラ数はインカメラを含めて5つ

・高スペックで低価格

・デュアルSIM(SDSDV)に対応

 

それぞれ具体的に説明していきます。

 

カメラ数はインカメラを含めて5つ

なんといっても、この機種最大の特徴は、カメラ性能です。

カメラは全部で5つあり、メインカメラは4800万画素と、プロ顔負けの高画質な写真が撮影可能です。

そこに、スマホカメラの現在のトレンドとも言える、1600万画素の超広角カメラも搭載されており、写真を撮る事に関しては、間違いなく楽しめます。

 

なお、2019年9月に発売された、iPhone11のカメラも、超広角レンズがついており、相当評価が高いですが、それでも画素は最大で1200万画素です。

HUAWEI nova 5Tのカメラがいかに凄いのか、このことからも、分かると思います。

 

高スペックで低価格

スペックに関しては、スマホで音楽を聴いたり、動画を見たり、ゲームをする分には全く問題ないものが搭載されています。

また、RAM(内蔵メモリー)が8G、ROM(内蔵ストレージ)128Gと大容量です。

それでいて、価格は5万4500円(税抜)と、カメラ性能を加味すると、かなり安いです。

ハイスペックなスマホをなるべく安く購入したい人にとっては、かなり魅力的だと思います。

 

デュアルSIM(DSDV)に対応

デュアルSIMとは、簡単に言えば、SIMカードを2枚同時に使用できるということです。

これにより、1台で2つの電話番号を持つことができます。

例えば、仕事とプライベート、国内用と国外用といった形で、用途に合わせて使い分けることも可能です。

日本版の製品ではあまり見受けられない(あったとしても制限がある)機能なので、使い分けに興味がある人にとっては、面白い機能です。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/iphone/ target=]

 

HUAWEI nova 5Tの使用感

 

HUAWEIと言えば、アメリカ政府からの制裁対象となる、エンテティリストに記載されてしまったため、Google製ソフトウェアの使用が禁止されています。

ですので、HUAWEI nova 5TはGoogleソフトウェアが使用できないのではないかと、心配になると思います。

 

しかし、結論としては、Google製ソフトウェアやアプリは問題なく、使用できます。

HUAWEI nova 5Tは制裁対象になる前に、海外で既に発表されていたモデルだからです。

よって、androidスマホを普段から利用している人にとっては、違和感なく、使用できます。

※ ただし、今後OSやアプリなどが、アップデートされた場合、動作が保証されるのかどうかは、分かりません。

 

また、HUAWEI nova 5Tは指紋センサーの場所にも工夫がされていて、スマホを片手で持ったときに、ちょうど親指がくるところに、あります。

つまり、指紋登録をしておけば、持った瞬間にロックが解除されるので、すぐに使用ができるのです。

 

多くの人が、スマホを一日のうちに何度も使用すると思いますので、これは非常に嬉しい仕様です。

もちろん、横にあるのが嫌な場合は、顔認証機能もありますので、そちらを利用することができます。

 

 

HUAWEI nova 5Tの残念なところ

 

ここまでHUAWEI nova 5Tの良いところを中心に紹介していきましたが、デメリットもあります。

主なデメリットは次の3点です。

 

・おサイフケータイの機能はない

・防水加工はされていない

・honor20とスペックはほぼ同じ

 

それぞれ詳しく説明していきます。

 

おサイフケータイの機能はない

今では、スマホをおサイフ代わりに利用する人も増えてきていると思いますが、HUAWEI nova 5Tには、残念ながらおサイフケータイの機能はありません。

よって、スマホ決済で買い物をしたい人にとっては、不便と言えます。

 

防水加工はされていない

今では、多くのスマホが防水加工されていますが、HUAWEI nova 5Tはされていません。

お風呂で動画を見たり、音楽を聴いたりしたいと思う場合であれば、HUAWEI nova 5Tは使用することができないので、不満を感じてしまうと思います。

 

honor20とスペックはほぼ同じ

honorはHUAWEI のサブブランドです。

2019年5月にhonor20が海外で発売されていますが、スペックを比べると、RAM(内部メモリー)が6Gから8Gになっている以外、ほとんど変わりません。

 

よって、honor20を購入した人にとっては、目新しさはほとんどないと思います。

ただし、値段はHUAWEI nova 5Tの方が若干安いです。

 

 

HUAWEI nova 5Tの評価

 

総合的に見ると、HUAWEI nova 5Tは、コスパの良い製品だと思います。

最近は、ハイスペックスマホであれば、10万円以上する機種も多いです。

そんな中、HUAWEI nova 5Tは高性能で、なおかつ4800万画素のカメラに超広角カメラまでついて、5万円程度ですので、かなりお得です。

 

ただし、HUAWEIは海外企業のため、セキュリティ面には不安が残ります。

よって、ビジネスには向いていないと思います。

ビジネスで、積極的な使用を考えているのであれば、他の機種を考えた方が良いと思います。

 

 

HUAWEI nova 5Tは購入すべきか

 

最後にどのような人がHUAWEI nova 5Tを購入すべきかをお伝えします。

HUAWEI nova 5Tは次のような人に向いている機種です。

 

・ハイスペックスマホをとにかく格安で持ちたい

・プロ級の写真をたくさん撮りたい

・おサイフケータイを利用しない人

・お風呂でスマホを使わない人

 

結論としては、セキュリティなどの安全面は二の次で、とにかく費用をかけずにハイスペックなスマホを持ちたいのであれば、購入する価値は十分あると思います。

 

おサイフケータイ機能がないのは、残念ですが、最近はデビットカードなどのキャッシュレス決済方法もあります。

そういったカードを持っておけば、おサイフケータイ機能がなくとも、困ることはないでしょう。

 

まとめ

今回は、HUAWEI nova 5Tの特徴・使用感・購入すべきかどうかについて解説していきました。

もう一度整理すると、

 

・HUAWEI nova 5Tのカメラはプロ級の性能

・HUAWEI nova 5Tはハイスペックで、安い

・HUAWEI nova 5Tにはおサイフケータイ機能・防水加工はない

・HUAWEI nova 5Tはプライベート用に購入すべき製品

となります。

今回の記事を参考に、HUAWEI nova 5Tの購入を検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました