自転車屋さんになるには?資格は必要?儲かるの?

自転車屋さんになるには自転車

最近では自転車に乗る人が増え

とくにロードバイクやクロスバイクといった、

スポーツタイプの自転車の需要が増えてきました。

 

移動手段としての自転車という認識から、

趣味としても自転車自体を好きな人が増えてきているのです。

 

中には、そんな好きな自転車屋さんになりたいと考える人もいます。

自転車さんになるには、何が必要なのか?資格はいるのか?

など

 

今回は、そんな自転車屋さんになるには何が必要なのかを

簡単にまとめてみました。

 

自転車屋さんになるには資格は要らない

自転車屋さんになるには

 

結論からいえば、自転車屋さんになるには資格はいりません。

設備さえ整っていれば、今すぐにでも始められます。

 

資格がなくても自転車屋さんは開けますが

それでも、持っていた方が有利な資格はあります。

それは、

・自転車安全整備士

・自転車技師

の2つです。

 

自転車屋さんになるには|自転車安全整備士とは?

自転車安全整備士とは、

公益財団法人 日本交通管理技術協会が交付する資格です。

 

この資格では、自転車の点検整備を行い、

法的に安全と見なした自転車にTSマークを貼ることができます。

 

TSマークは、自転車で事故を起こした時に保険が適用されるものです。

 

自転車屋さんになるには|自転車技師とは?

自転車技師は、日本車両検定協会が交付する資格です。

自転車の組み立てや、検査、整備を行うのに

正しい知識と技師を持っているかを証明するものです。

 

自転車は仕入れると分解された状態でやってくるので、

それを正しく安全に組み立てる必要があります。

自転車を買った人が安全に乗れるためには、その技術証明は重要です。

 

もちろん、これらの資格がなくても自転車屋さんにはなれます。

しかし、これらの資格があった方が

企業など法人からの依頼などは受けやすくなります。

 

 

自転車屋さんになるために必要な物

自転車さんになるには

 

自転車屋さんになるためには、

色々と揃えなければいけない物があります。

自転車屋さんになるには|店舗

まずは、店舗です。

自転車を運び込める1階で、自転車やパーツを並べるスペース。

修理に必要な作業スペースが必要となってきます。

 

加えて、店舗の内装改造も必要となります。

 

立地も重要です。

自転車の走らない田舎で店舗を構えても意味がありません。

 

賃貸はお金がかかるので、ここはとくに安くしたいところです。

そのため、自分の住む家と自転車屋さんを一緒にする

というところが、けっこうあります。

 

あと、店舗に掲げる看板も必要ですね。

 

 

自転車屋さんになるには|自転車

自転車さんといえば、やっぱり自転車ですよね。

しかし、この自転車を沢山揃えるのは大変です。

 

なぜなら、ママチャリでも1万〜2万円。

クロスバイクやロードバイク、電動自転車となると

5万〜10万円以上とするので、揃えるには多くの費用がかかります。

 

しかも、自転車の原価は仕入れ値の7~8割です。

それを他店との競争で値引きなどすれば、

売れても利益は1〜2割程しかありません。

 

今では、ネットや大型店に自転車販売で、勝負するのは難しいのです。

個人経営の自転車屋さんなら、

自転車はある程度の見栄えになる程の量でも良さそうです。

 

 

自転車屋さんになるには|自転車パーツ

タイヤやブレーキ、チューブなどの自転車パーツ

これらは修理のさいに必要になります。

 

自転車修理は子供用自転車から、ママチャリ、スポーツ車と様々です。

あらゆるタイプに対応できるように、揃えておく必要があります。

 

 

自転車屋さんになるには|工具+技術

自転車屋さんの収益のほとんどは、修理で得られます。

自転車の解体や組み立て、パーツ交換や修理

これらを行うのに必要な工具は

自転車屋さんに無くてはならないものです。

 

加えて、修理や解体組み立ての技術とその知識は

自転車屋さんに最重要で必須なものです。

これがなければ、まず自転車屋さんはやっていけません。

 

 

自転車屋さんになるには|資金

自転車屋さんの開業資金は、

日本政策金融公庫の調剤によると、2014年の段階で

 

平均1,500万円になります。

 

上記の物などを用意すると、それ程かかるということです。

工具だけでも充実させると200万円かかります。

 

 

自転車屋さんになるには|儲かるの?

自転車屋さんの利益のほとんどは、自転車屋さんの技術からなる修理です。

 

自転車販売での利益は低く、

パーツ交換やパンク修理などの工賃がほとんど。

 

自転車修理というのは自転車が無くならない限り、需要はあり続けます。

しかも、修理という技術を売るのであれば、割よくお金は入ってきます。

 

しかし、どんなに忙しくなっても、一人で処理できる仕事量は限られます。

バイトを雇えば人件費がかかります。

 

自転車さんは、確かに割のいい仕事で、需要もあります。

儲かるには儲かりますが、大儲けは出来ません。

 

あと、立地は非常に重要です。

これ次第では、失敗に終わってしまう可能性すらあります。

 

既存の長年やってる自転車屋さんは潰れにくいですが、

既に需要と供給のバランスが出来ているとなると、

新規参入はレンタルサイクルやネットなど、

新しい何かを加えないと生き残るのは難しかもしれませんね。

[itemlink post_id=”925″]

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

自転車屋さんになるには資格はいりません。

けれど、自転車安全整備士と自転車技師の資格はあった方が有利です。

 

自転車屋さんを開業するのに必要なのは、

 

立地がよく安い店舗。

ある程度の自転車。

パーツや工具は重要アイテムです。

 

そして、修理の技術と知識がなければ、自転車屋さんはやっていけません。

利益のほとんどがこの修理だからです。

 

技術を売る分、割のいい仕事ではありますが

儲けは普通そこそこ。

 

新規参入で生き残れるかは条件次第です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました