家事

家事の手抜きのコツと方法!ズボラに見えない効率化のアイデアをご紹介!

家事 手抜き家事

便利な家電がたくさんあっても、スーパーやコンビニの営業時間が長くなっても

家事はたくさんあります。とことんやったら24時間では足りません。

 

共働きでも専業主婦でもひとり暮らしでも、ズボラに見えない家事の効率化の

アイデアをご紹介しましょう。

 

 

家事手抜きの方法~料理編~

家事を手抜き

家事を手抜き

 

お料理は時間をかけようと思えば、いくらでもかけられます。

反対に手を抜こうと思えばいくらでも抜けます。

 

デリバリー、冷凍食品、レトルト、混ぜるだけの調味料も強い味方です。

料理で一番時間がかかっているのは、献立を考えることと、煮込むことです。

 

献立を考えるのに時間がかかってしまうと、買い物も時間がかかり、

料理の完成までに時間がかかってしまいます。

 

そこで、ひとつの食材を使いきるためのレパートリーがあるといいですね。

例えば、キャベツなら、ロールキャベツ→ホイコーロー→みそ汁

大根なら、ふろふき大根→大根サラダ→しらすおろし

と言った感じです。

献立はスマホやネットで検索してもいいですし、雑誌などもたくさん販売されています。

 

もうひとつのアイデアが、簡単にできるのに豪華に見える料理のレシピを覚えておくことです。

 

例えば、ホールトマト缶を使ったチキンのトマト煮は15分くらい煮るだけですが、

豪華に見えます。トマト煮を作っている間にサラダなども作れますね。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/kajibuntan/ target=]

 

家事手抜きの方法~洗濯編~

 

時間がある時は洗濯機を回している間に掃除をするなどできますが、

共働きの女性の場合、平日にそのようなやり方は不可能でしょう。

 

そこで、室内に洗濯機が置けるならば、タイマーをセットして朝に仕上がっているようにします。

待ち時間がなくなって、朝干すだけでいいですし、日に当てることができます。

 

服の購入も工夫します。色落ちのしない服を購入するのはもちろん、ノーアイロンの

シャツを購入してハンガーに干して、そのまま収納すると、アイロンかけや洗濯物を

畳む作業がなくなります。

 

 

家事手抜きの方法~掃除編~

 

 

朝早くや夜遅くに掃除機をかけるのは、騒音トラブルになりかねません。

普段はモップ式やコロコロなど音のしないもので掃除をして週末に掃除機をかけましょう。

 

バスルームはお風呂上がりに、壁やバスタブにお湯を掛けておくだけでも、汚れが落としやすくなります。

 

バスルームやトイレの頑固な汚れは、仕事に行く前に洗剤をかけておいて、帰ってから

流すと、汚れが浮き上がるまで待つ時間を効率化できます。

 

 

ムダな家事をなくすのが一番の効率化!

 

家事は料理や洗濯、掃除だけではありません。

実はムダな家事があり、それは「探しもの」「ゴミ捨て」です。

 

探しものを失くす

 

特に結婚すると夫婦で共同で使うものが増えます。

なにをするのでも、いちいち「爪切りってどこ?」「リモコンが見つからない」となると

探しものをしてからでないと次のステップに進めず、ムダな作業が増えて疲れます。

これが度重なると夫婦の仲にも影響します。

 

物の収納場所は定位置を決めて、誰でもわかるようにします。

 

夫や子供にも定位置にしまうように協力してもらうためには、誰もが使いやすい

定位置を決めることにあります。

 

着替えやタオルなどは家族が自分で出せるように、わかりやすく収納し、

「自分で出して自分でしまう」を習慣にすることで、探しものをする時間が減ります。

 

出産の時は妻は間違いなく入院します。

その時に夫がなにも探せないのでは、生活が成り立ちません。

 

子供が小さいうちから、物を定位置にしまうことを習慣にすることで

失くしたり、壊したりすることも減ります。

 

ゴミはその都度ゴミ箱へ捨てる

 

どんな生活をしていてもゴミは出ます。

 

そのゴミをその都度ゴミ箱に捨てないから、部屋が雑然とした印象になり、

ゴミなのかそうでないのかがわからなくなるのです。

ゴミが出た時にすぐにゴミ箱に捨てれば、そのようなこともなくなり、

分別もラクに出来ます。

まとめてあとで分別すると手間になるのです。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/kajibuntan-2/ target=]

 

まとめ

 

 

どんなに便利な家電が増えても、スーパーやコンビニが夜遅くまで営業していても

たくさんの家事があります。

手抜きが過ぎるとズボラになってしまいますが、効率化ならズボラにはなりません。

 

料理、洗濯、掃除は待ち時間を減らします。

 

一番の対策はムダな家事を失くすことです。

「探しもの」をしないですむように物の定位置を決めます。

「ゴミ捨て」は量が増えると手間がかかりますので、ゴミはその都度ゴミ箱に捨てます。

家族にも協力してもらうと快適な空間が得られます。

 

タイトルとURLをコピーしました