子育て

産後の子育て不安|出産を控えたプレママさんへアドバイス

子育て 不安子育て
子育て 不安

 

ようやく妊婦生活にも慣れ、もう少しで赤ちゃんに会える

というころに、この記事を読まれているのではないでしょうか。

赤ちゃんの誕生を心待ちにしていても、これから始まる新しい生活に対して

 

大丈夫かなぁ、不安だなぁ・・・。

 

そんな風に思うことはありませんか?

 

ママが不安いっぱいで過ごしていると、

お腹の中の赤ちゃんが、居心地悪く感じてしまいますよ。

少しでもスッキリできるように、出産準備と子育てへの不安についてお話しますね。

 

 

 

出産を控えたプレママさんへ不安についてアドバイス

出産 子育て 不安

出産 子育て 不安

 

心構え

 

37週の正期産に入ると、今か今かとソワソワしてきますよね。

早く会いたくて、ウォーキングをしたり、スクワットや雑巾がけをしてみたり。

陣痛から始まるのか、破水から始まるのか、お産は人ぞれぞれです。

 

陣痛はもちろん、いきみ逃しが特につらいです。

いきみ逃しとは、いきみたくて仕方ないのに、子宮口が十分に開いていなくて

まだいきんじゃダメよーと言われるので、必死に耐えることです。

 

長い戦いになったとしても、必ず終わりはきます。

お産を終えたあなたは、達成感に満ち溢れることでしょう。

 

ここで覚えておいてほしいこと、それは

どんなにつらくても「あとどれくらいですか」と聞かないことです。

 

子宮口が今何センチ、というのは聞かなくても言われてしまい

まだまだか、、、と思ってしまうのです。

しんどくなったときに、自分からあとどれくらいかを聞いて

期待する答えが返ってこなかったら、さらに絶望します。

出産は気力と体力勝負なので、無駄な消費はやめましょう。

 

あとは赤ちゃんが苦しくならないように、ママがしっかり呼吸を整えて

酸素を送り続けてあげることが大切です。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/sango-kosodate/ target=]

 

 

あるといいもの

 

 

テニスボール

いきみたくなったら、テニスボールでお尻を押してもらうとずいぶん楽になります。

あると、ないとじゃ大違いですよ。

 

フェイスタオル

立ち合い出産なら特に、ぐちゃぐちゃになる顔を少しでも隠せます。

そんなこと気にしていられなくなりますが、後から後悔しないためにも。(笑)

口元にあてておくだけでも、匂いや肌触りで安心できます。

 

つり革のようなもの

これは助産師さんが用意してくれたのですが、分娩台の手すりにつけてくれたんです。

手すりを握るより、それを引っ張る方がいきみやすかったです。

 

準備リストにあるものでも、意外といらなかったな、というものは多いです。

退院時は荷物が多くなるので、これいるかな?と思ったものは、

必要になったら持ってきてもらうようにすれば大丈夫です。

 

 

 

出産から産後への子育ての不安についてのアドバイス

子育て 不安

子育て 不安

入院中のこと

 

入院する病院にもよりますが、私が入院した産婦人科でのお話をしますね。

 

初めての出産であれば、子育てってすごく漠然としているので

ミルクをあげて、オムツを替えて、抱っこして、これの繰り返しなんだろうな

という、ふんわりしたイメージじゃないですか。

しかも、入院中なら少しゆっくりできそうって思いませんか?

 

結構忙しいです。

母子同室になるとさらに。

泣いたら授乳、赤ちゃんの検温、オムツ交換の度にうんちとおしっこの状態を記録、

お見舞いにきてくれた人への対応。

体のあちこちが痛む中、慣れないこれらをこなすだけでも疲れます。

 

病院で基本的なことは教えてくれるので安心してください。

・授乳の仕方、ミルクの作り方

・沐浴(服の着せ方、耳・鼻・おへその掃除)

・産後の体についてや、赤ちゃんのことで困ったらどうしたらいいのか

 

ママの健診はもちろん、検温、血圧や悪露のチェックなど、

体調への気遣いもしっかりしてくれますし、

体がしんどくなったら赤ちゃんのお世話をお願いすることもできます。

退院すると嫌でもやらなければならなくなります。

入院中くらいは自分の体を優先してあげましょう。

 

 

新生児のお世話

 

病院で教わったこと、やってきたことをし続けることになるので、

難しいことはありません。

 

ただ、オムツを替えるために持つ足や、服を脱がせるときの腕、

首の座っていないグラグラした頭。

何もかもが小さくて細くて、柔らかい新生児。

扱いが慎重になるので、変な力が入りがち。

肩こり、腰痛、手首や膝の痛みに悩むこともあるでしょう。

 

なにより、寝不足が待っています。

2~3時間おきの授乳。

授乳したら寝れる、ではないですからね。

 

例えば夜中2時に授乳して、そのまま赤ちゃんが寝ずに抱っこし続けて、

次の授乳時間になるなんてよくあることです。

これが続くので、「寝れるときに寝る」が重要なんです。

 

日中、赤ちゃんが寝ている間に家事をしないと!と頑張りすぎると、

本当に寝る時間がなくなります。

パパはお仕事で疲れてるからと、夜も一人で赤ちゃんのお世話を頑張るママ。

でもそうしてると、産後の体に睡眠不足でつらいママは、

泣き止まなかったり、寝てくれない赤ちゃんにイライラしてしまいます。

 

イライラして、赤ちゃんにごめんねと謝り自分を責めて、

パパとも喧嘩が増えてしまうともっと悲しい。

負の連鎖を起こさないためにも、赤ちゃんが寝たらママも寝る、

これをできるだけしてくださいね。

 

事前に話しておけば、家事ができていなくてもパパも理解してくれるはずです。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/kosodate-taihen/ target=]

 

まとめ

 

・「あとどれくらいですか」と聞かない

・いきみ逃しにはテニスボール

・入院中は自分優先で手厚い看護を受けましょう

・赤ちゃんが寝たらママも寝る

 

やっと会えた赤ちゃんは、本当にかわいくて愛おしくて

たくさんの笑顔と幸せをくれます。

 

でも、大切なものが増えたからこそ、

少し無理をしてでも母として、妻として頑張りすぎてしまうママ。

 

不安なこと、ストレスに感じていいること、子育てについて、

一人で抱え込まずに、まずはパパを頼ってゆっくり頑張っていきましょうね。

 

タイトルとURLをコピーしました