ニュース

大塚家具|ヤマダ電機の子会社で生き残り経営再建

スポンサーリンク
大塚家具|ヤマダ電機の子会社で生き残り経営再建ニュース

ヤマダ電機が経営再建中の大塚家具を子会社化して、グループ傘下にする。

ヤマダ電機は、大塚家具の第三者割当増資40億円を引き受ける見込。

この出資により、ヤマダ電機の出資比率は、50%超となり、大塚家具は実質子会社化となる。

 

 

スポンサーリンク

大塚家具|ヤマダ電機の子会社で生き残り経営再建

 

大塚家具は、資金調達に失敗した2019年2月に、業務提携締結をしている。

家電スマイル館で、大塚家具で家具販売のノウハウの提供及びリソース提供を行ってきている。

 

 

大塚家具は、2019年2月に「38億円の資金調達をする」とした。

実態は、中国のハイラインズの第三者割当増資だった。

順調に進んでいるかのように見えたが、中国当局の許可が下りず、結果調達額は26億円だった。

 

大塚家具は、11月末から「令和最初の年越しカウントダウンSALE」をスタートしていた。

12000品目を最大5割引のセールである。

昨年は、最大8割引在庫一掃セールをおこなって、現金回収を図ったが、今回はその余力も無かったと推測される。

 

今年9月の売上は、消費税の駆け込み需要があり、今年初めて前年を上回ったが、104.9%にとどまった。

しかし10月は、消費税の反動で67.4%にまで、落ち込んでしまった。

この数字は、今年最低の記録である。

 

 

スポンサーリンク

ヤマダ電機は大塚家具の過半数の株式を取得し、子会社化する

 

ヤマダ電機が取得する第三者割当増資は、40億円であり、大塚家具の株式の50%超を取得することになる。

 

ヤマダ電機の第2四半期は、前年同月から大きく改善し、順調だ。

売上高・営業利益・経常利益、共に順調であり、大きく利益改善されている。

 

一時期、ネット通販に出遅れ感のあったヤマダ電機だが、ベスト電器・マツヤデンキ・TSUKUMOなどの子会社化により、家電業界トップの位置を強めている。

この数年間で、住宅・関連事業にも勢力を伸ばしている。

ハウステックやエス・バイ・エル(現ヤマダホームズ)なども子会社化してきている。

 

こうした子会社化の流れからも、大塚家具の子会社化は、ヤマダ電機にとって意味のあるものなのかも知れない。

 

ヤマダ電機 大塚家具に43億円出資|生き残りには身売りしかなかった

タイトルとURLをコピーしました