ニュース

パスポート申請オンライン化|行政手続きの電子化が進む

パスポート申請オンライン化ニュース
スポンサーリンク

2020年1月20日の政府の閣僚会議で、行政手続きのオンライン歌に関する実行計画がまとまった。

政府は、段階的にオンライン化を進めていき、24年度までに9割の行政手続きについて、オンライン化を目指すとしている。

いよいよ、インターネット化が本格化していく。

 

ただしこの電子化を進めるために国民はマイナンバーカードの準備が必要になる。

政府によると現在のマイナンバーカードの交付については2019年11月1日で、14.3%にしかなっていない。

過去2年間において全国平均の年間伸び率は2%にしかなっていない。

 

行政手続きのオンライン化|2024年度にはパスポート申請がネットで

パスポート申請

パスポート申請

 

12月20日、デジタル・ガバメント閣僚会議で、電子化推進に関する実行計画がまとまった。

2018年度には、9億8000万件な他国に行政手続(行政省庁の約500の手続き)のうち、8億9000万件のオンライン化を目指すというものだ。

 

22年度には、パスポートの発給申請は、ネット申請が可能になる見込みだ。

収入印紙は、

クレジットカードの決済ができるようにする。

 

また、マイナンバーを健康保険証として利用できるようにするための工程についても決定している。

この制度は、2021年3月に開始を目指している。

 

実際に始まれば、病院に行くときには、マイナンバーカードを持って病院に向かうことになる。

そして、病院窓口では、診療を受けるものは、マイナンバーカードの情報をシステムに読み込ませる。

次に、顔認証により、本人確認をする。

この一連の手続きでは、病院スタッフは、マイナンバーカードに触れることをしないため、患者が全て行う必要がある。

 

 

行政手続きの電子化がすすむ|12月の年末調整の手続きで書類を集めて会社に提出するのは、2019年が最後

年末調整手続き

年末調整手続き

 

これまでの長きに渡って、12月になると、会社員は年末調整の手続きで書類を配布され、保険料控除などの書類を集め、会社の総務へ提出してきた。

会社の事務職員、または社会保険労務士は、必要書類を確認し、年末調整という儀式のような手続きをしてきた。

会社員にとって、年末を感じる一つの風物詩にさえなっていた感がある。

 

この風物詩が、来年から変わる。

電子化が進んでいくのです。

年末調整の書類の代わりになる専用ソフトをパソコンやスマホに、ダウンロードし、必要項目を埋めて、会社の経理へっデータを送信するようになる。

 

すでにネット上に設置されている政府が運営する個人向けサイトが有る。

マイナポータルだ。

生命保険料や住宅ローンの年末残高などの、各種のデータはこのサイトに集められる。

 

これらのことは、一方では役所の窓口業務が減少したり、会社の事務員の作業が減少することに繋がる。

仕事が減るということだ。

マイケル・オズボーン教授の2014年の「未来雇用」という論文が思い出される。

消える職業・無くなる職業があるということ、そして着実に進んでいるということです。

 

 

 

まとめ

ここにきて政、府主導の行政手続きのオンライン化が大きく加速することになる。

その原因は、マイナンバーカードの交付を進める意味もあるのだろう。

 

これまでは、マイナンバーを持つことの利点がよくわからず、多くの国民が交付を受けていなかった。

通知カードが自宅の引き出しの中に、眠っている人が多いのだと思う。

これらのオンライン化のサービスを受けるには、マイナンバーカードを持っていることが基準になっている。

タイトルとURLをコピーしました