シブコ複数オファーからサントリー3億円契約。宮里藍を継いでいく?

「シブコ」こと渋野日向子さんが、1月14日に、大手飲料メーカーのサントリーと所属契約を結ぶことを発表しました。

渋野日向子さんは、RSK山陽放送株式会社の所属していまいますが、2月1日からサントリーと契約が始まり、複数年の契約となります。

渋野日向子さんへの複数オファー、サントリーとの3億円契約、宮里藍さんとの関わりについてご紹介します。

 

シブコへの複数オファー

渋野日向子さんのプロフィールについてご紹介します。

・名前     渋野日向子(しぶの ひなこ)
・ニックネーム シブコ
・生年月日   1998年11月15日(21歳)
・出身     岡山県岡山市
・身長     167㎝
・体重     62㎏
・血液型    AB型
・趣味     習字・ソフトボール

 

「シブコ」こと渋野日向子さんは、女子プロゴルファーです。

渋野日向子さんは三人姉妹のに次女で、父親は砲丸投、母親は「やり投げ」の選手をしていました。

渋野日向子さんは、小学生2年生の時にゴルフと出会いました。

2010年の「岡山ジュニアゴルフ選手権競技」(小学生・女子の部高学年)で3位になりました。

2011年に、岡山市立上道中学校に進学し、「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」で優勝しました。

2012年、2013年も「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」で優勝し、3連覇を果たしています。

2014年に岡山県作陽高等学校へ進学し、2014年に「中国女子アマチュア選手権」で優勝しました。

2018年7月の「アース・モンダミンカップ」では、初日の9番ホールでホールインワンを達成し、600万円を獲得しています。

2018年7月末のJLPGA最終プロテストに進出し、14位で合格しました。

2019年2月に、ゴルフ番組に出演したことが縁で、RSK山陽放送と所属契約を結びました。

2019年の「AIG全英女子オープン」で日本人女子選手として、42年ぶりの海外メジャー優勝をして注目を集めました。

 

渋野日向子さんへの所属オファーは20社以上からありました。

渋野日向子さんは、株式会社Tポイント・ジャパンなど、スポンサーとして、契約している企業も複数あります。

渋谷日向子さんの実力と人気の高さから、所属を望む企業が多かったことが分かります。

 

サントリー3億円契約

 

渋野日向子さんは、3年で3億円超えの契約をサントリーとしたと言われています。

渋野日向子さんは、サントリーレディスの大会期間中に行われた、ジュニアゴルフ大会に小学生の時に、出場して優勝しています。

そのときからサントリーと縁が少しあるかなと思っていたそうです。

 

プロゴルファーが企業に所属すると、イベントの出演など企業に縛られることもあるようです。

契約金のドラブルで契約を打ち切られる、更新しないなど、プロゴルファーと所属企業のトラブルはあります。

サントリーは、主催トーナメントも開催する良い企業といえます。

 

 

シブコが宮里藍を継いでいく?

 

宮里藍さんは、現役引退後もサントリーと所属契約をしています。

渋野日向子さんの、サントリーとの所属契約の発表には宮里藍さんも登場しました。

 

渋野日向子さんの小学生時代に、宮里藍さんは世界ランキング1位になりました。

私たちの世代の多くは宮里さんに影響を受けてゴルフを始めた。同じサントリーに所属させていただいて本当にありがたい。うれしいです

引用:THE PAGE

渋野日向子さんは、このように語りました。

 

渋野日向子さんは、宮里藍さんとSNSで交流はあったものの、対面するのは、初めてだったそうです。

宮里藍さんは、引退した翌年の2018年に「サントリーレディス」の大会アンバサダーに就任し、大会名に自分の名前がつきました。

渋谷日向子さんが、所属先にサントリーを選んだのも、宮里藍さんの活躍を見てのことかもしれません。

 

渋野日向子さんは、2021年からの米ツアーに本格挑戦する目標を掲げています。

2020年の目標は、東京五輪出場と金メダル。2月20日から開幕される米ツアー「ホンダLPGAタイランド」から、サントリー所属として戦います。

 

シブコ3億円契約
最新情報をチェックしよう!