家事

掃除のコツは毎日の気づきから!

スポンサーリンク
掃除家事

掃除をする時間がなく家が汚いと感じているとそこのあなた、掃除を効率良くコツが

ないか悩んでいませんか?

 

掃除の効率を良くする3つのコツ

・普段から汚れが目についたら、すぐに掃除が出来るように道具をリビングに置くこと

・まとめて、1日掛けて、大掃除をするのではなく、小まめに掃除をすること

・掃除の順番を意識することです。上→下への流れ。

 

私の家は妻と子供が3人います。さらに共働きということもあって掃除をする時間が

中々取れず、排水溝の臭いや詰まりがよくできてしまいます。

 

さらに洗面所やお風呂場の水垢にも悩まされ、鏡がよく見えないということが当たり前

みたいになっていました。

何とか簡単に掃除ができないのかな?コツみたいなものはないのかな?

そんなときに効率良く掃除をするコツがあります。

それは普段の気づきから始まります。(今回記事は、ライターのtanakaが書いています。)

 

 

スポンサーリンク

掃除のコツその1|毎日の気づき→掃除道具をリビングに置いておく

 

掃除を効率良く行うコツとして、掃除を一気にする方法ではありません。

「あっ汚れてる!」「ゴミが落ちてる!」と気づいたときにやるのがコツです。

 

そうやってコツコツやることで汚れ溜まりがなくなり綺麗な状態がキープできます。

そのためには、リビングやキッチンなど汚れやすい場所のすぐ近くに、汚れ除去シートなど掃除道具を置いて下さい。

すぐ掃除できる環境を整えることが効率的に行うコツの第一歩です。

 

こうやって、定期的に掃除をすることで効率的に家が綺麗になっていきます。

また、それが習慣となり掃除をすること自体が苦痛ではなくなります。

 

習慣とは、例えば朝起きたら顔を洗う、トイレに行った後は手を洗うといった毎日の習慣が色々ありますよね。

でもそれって、毎回頭で考えてしているわけではなく、体が習慣として無意識に動いているんです。

 

掃除も同じように習慣付けすることで苦痛ではなくなります。

これが掃除を効率良く行うコツなのです。

 

 

スポンサーリンク

掃除のコツその2|毎日の習慣づけ→ちょくちょく短時間に集中して掃除をする

 

「掃除は大変!」というように、頭が動いてしまうと次も絶対にできません。

集中力にも限界があります。

だらだらとやって掃除が雑になってしまうと意味がありません。

そんなときにも効率良く掃除をするコツがあります。

 

 

そのために1日1箇所を何分まで!という風にしっかり目標と終わりの時間を設定してから掃除をするようにしましょう。

 

そして、あえて掃除したいと思ったところがあったとしても、次回に残す。

いわゆる、一回の掃除ですべてをやらないことで、スムーズに次の掃除をはじめられます。

これも効率良くしりコツとなります。

 

 

スポンサーリンク

掃除のコツその3|毎日効率良く行うコツは掃除の順番を意識する

 

掃除をするということが大好き!という人は少数派だと思います。

なので、少しでも早く効率的に終わらせる方が楽ですし、次もやりたいと思えるようになります。

そのコツは、掃除の順番を意識するということです。

 

代表的なものが「ホコリの掃除」です。

 

リビングなど床のホコリの掃除をするときのコツを紹介します。

 

まずホコリは下に溜まります。

ですので、基本的な流れは上から下へ向かって、順番にホコリをとっていきます

 

もし、床のホコリを掃除機で掃除した後に、網戸の掃除やエアコンの中に溜まっているホコリを取っていたら、また床にホコリが溜まってもう一度掃除機を使う羽目になってしまいます。

 

掃除を効率良く行うコツとして掃除をする順番にも意識してみてください。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

掃除を効率良く行うコツを紹介しました。

 

そのコツとは「普段の気づき」や「習慣付け」そして「掃除の順番」を意識するということです。

汚れを見つけた時に、放置するのではなく、汚れを拭き取る習慣をつける。

 

それも一気にすべてやるのではなく、その一部分に集中して短時間で終わらせる。

これなら、苦痛ではなくなり、次もやろうという気持ちにさせてくれます。

もちろん、一人でやるのではなく、家族みんなで協力するということも、掃除を効率良く行うコツとなります。

 

タイトルとURLをコピーしました