日本三大七夕まつり・実は4つある?

  • 2020年1月25日
  • 2020年3月12日
  • 7月
  • 45view

毎年7月7日は七夕です。日本全国各地で祭りが開催されます。

中でも特に有名な七夕祭りがあります。

そこで毎年話題になるのが、「日本三大七夕祭り」です。

 

何故かというと、「日本三大七夕祭り」なのですから、3つのはずなのです。

が、3つめが何処なのかついて、どうも諸説あるのですね。

ですので、本日は、日本三大七夕祭りの内容の解説ですが、4つの七夕まつりについて紹介させていただきます。

仙台七夕まつり

仙台の七夕まつりの特徴は、何といってもその歴史にあります。

日本国内の七夕の原型がここにあるようです。

次に有名な「湘南ひらつか七夕まつり」の初回開催が1951年という記録があるようですが、「仙台七夕まつり」は初回江戸時代の初期が始まりと言われているようです。

仙台藩祖伊達政宗公が七夕に関して和歌を詠んでる記録があることから、その時代には既にあったということです。

ただ明治維新の後に、年々行われなくなったようです。

その頃には、旧暦7月7日に行われる行事であったのですが、昭和3年に新暦日付けの月遅れとして、8月6日、7日、8日と行われるようになったようです。

その後、第1次世界大戦後の不況から立ち直るために、昭和3年(1928年)頃から、現在のように盛大に行われるようになったようです。

その特徴は、何といっても「笹飾り」ですね。約3000本もあるらしいです。

仙台駅前から中央通や一番町通のアーケード街にかけて、豪華絢爛な笹飾りを見ることができます。(この期間は、全面車両通行止めになりますので、車の移動は要注意です。まつりのための駐車場は用意されませんので、コインパーキングに長時間というリスクがあります。)

2019年の開催も8月6日〜8日の3日間です。(仙台花火祭は8月5日です。会場は、仙台の西公園周辺です。時間は19時~20時半です。観覧席は有料ですが、すぐに満席になるようなので、早めに予約しましょう。)

来場者数は、毎年200万人を超えており、一時期、「湘南ひらつか七夕まつり」が300万人を超えた記録があるようですが、いまだに200万人規模の来場数を誇るのは、「仙台七夕まつり」のみです。

連絡先:仙台七夕まつり協賛会(事務局:仙台商工会議所)(電話:022-265-8185)

 

湘南ひらつか七夕まつり

毎年7月7日の前後数日に行われているお祭りです。1951年から開催されています。

「仙台七夕まつり」と少し似ているのが、戦後の復興策として行われたところです。

最近は、来場150万人程の規模ですが、平成5年に360万人まで拡大したという記録があるようです。

2019年の開催は、7月5日~7日の3日間です。

仙台七夕まつりと比べてしまうと、来場者数は若干少なめですが、それでも3日間で150万人規模の来場者があるというのは、関東最大級の夏のイベントに間違いありません。

始まりは、「仙台七夕まつり」を模範にしたようですが、今では豪華絢爛な「七夕飾り」が平塚市内で約3000本もの規模に拡大しています。中には、10mを超える大型飾りもあり、スポーツ選手やキャラクターなどの流行を取り入れた飾りも特徴です。(メイン会場は、湘南スターモールです。)

面白いのは、毎年「織り姫」がネット投票で選ばれる(3名の織り姫が選ばれます)ことです。「七夕踊り千人パレード」という迫力のスケールのイベントにも活躍するようです。

連絡先:湘南ひらつか七夕まつり実行委員会(電話:0463-35-8107)

 

一宮七夕まつり

さて、いよいよ三大七夕の三番目です。

ここに、「一宮七夕まつり」が三大祭りの一つとする説と同じ愛知県の安城市で8月に行われる七夕まつりこそが、「日本三大祭り」だとする説があります。歴史も規模もよく似ています。おまけに場所も同じ愛知県です。悩ましいですね。

取り上げているネット情報にも諸説有りです。

「ウィキペディア」で調べると「安城七夕まつり」にはこんな記載がありました。

かつて地元では仙台七夕・湘南ひらつか七夕まつりに並ぶ日本三大七夕祭の一つと主張していたが、2009年より「日本三大」から「願いごと日本一」へとコンセプトを変更。(引用元:ウィキペディア)

今年は2019年ですから、10年も前に地元の方々は決着していたのですね。

でも、ネットではいまだに「どっちが日本三大」など記事を見かけます。

開催は7月現順の木曜〜日曜までの4日間です。毎年130万人規模の方々が集まるようです。

中でも有名なのは、「コスプレパレード」

残念ながら、写真がないのですが、うわさがうわさを呼び、スゴいことになっているようです。

当日受付ですが、定員が決まっているとのことです。関心ある人は要注意です。

2019年は、7月25日〜28日です。一宮七夕まつりは、「おりもの感謝祭」とも呼ばれています。

 

 

 

 

七夕
最新情報をチェックしよう!