トイレ掃除は臭い!?トイレ掃除の仕方にはコツがあった

トイレ掃除は「臭い」「面倒」で苦手な方も多いです。

 

しかし、トイレ掃除を怠っていると菌によって健康被害の恐れもありますし、

訪ねてきた人にトイレを貸すこともあり、汚れていると恥ずかしいです。

 

トイレ掃除の仕方にはコツがあります。早速ご紹介しましょう。

 

 

トイレ掃除の仕方

トイレ掃除
トイレ掃除

 

トイレ掃除の仕方のポイントは

・汚れたらすぐに掃除する

・便器→壁→床 の順序で掃除する

です。

 

順に見て行きましょう。

 

汚れたらすぐに掃除する

 

トイレに限らず、汚れがついてもすぐならば、簡単に落とせます。

時間が経ってしまうと、固まってしまって落としにくくなるのです。

 

そこで、トイレを使用して汚れがついてしまった時や汚れていることに

気が付いたらすぐに掃除をします。

これを面倒に感じる人が多いので、簡単に掃除ができるトイレ用お掃除シートや

トイレブラシを取り出しやすいところに置きます。

 

家族にも協力してもらいます。子供が小さいうちは

「汚れちゃったら、教えてね。すぐなら、バイ○○マンをママでも、

やっつけられるからね。」

と言って、怒らずに掃除します。

 

 

便器→壁→床の順序で掃除する

 

トイレで一番困るのが菌の発生ですから、菌の発生する便器から掃除します。

 

便器はタンク→便器の中→便器の外の順で掃除します。

 

タンクは頑固な汚れになっていなければ、トイレ用お掃除シートで

拭くだけでキレイになります。

タンクのフタに手洗い器がついているものは便利ですが、

ボウルの部分にホコリが溜まりやすいので、まめに掃除をします。水を流すレバーは見落としがちですが、実は菌がつきやすい場所ですので、拭き取ることを忘れずに。

 

次に便器の中を掃除します。便器は複雑な形をしていて、

フチなどにも汚れが付きやすいので、見落とさないようにします。

 

便器の外側もホコリが水分によってくっつきやすいので、

便器の外側も拭きます。

 

次に壁です。

 

男性が立ってトイレを使用すると、飛沫が思いがけないところまで

飛んでいます。

 

壁についた飛沫は見えにくいので、掃除をしないとイヤな臭いの原因に

なるのです。

トイレの両サイドの壁を腰の高さまでお掃除シートで拭きます。

 

最後に床を掃除します。

便器と床の境い目は汚れが溜まりやすいので、重点的に拭きます。

 

トイレ掃除のコツ

トイレ掃除
トイレ掃除

 

トイレ掃除にはコツがあります。ポイントは2つです。

・素材にあった洗剤を使用する

・掃除しやすいようなインテリアにする

 

 

素材にあった洗剤を使用する

 

トイレは様々な素材で作られています。

便器は陶器ですが、壁はクロスで、床は塩ビやタイルなどです。

素材にあった洗剤を使わないと効果がないどころか、

思わぬトラブルが生じます。

 

特に注意して欲しいのが「便座」です。

落とし穴なのですが、便座や便ふたはプラスチック製です。

 

特に注意が必要なのが、最近よく見かける洗浄機能付きや

便座が温かくなるタイプのもので、電子部品が使われていますので、

水をかけるのはNGです。

 

酸性やアルカリ性の洗剤で拭くと割れてしまうこともあるので、

メーカーは”柔らかい布にうすめた台所洗剤を使用する”ことを

推奨しています。

 

便器はトイレ用の洗剤を使いますが、きちんと落とさないと

洗剤が気化して本体に入り込み、故障の原因になります。

 

乾いた布で拭くと静電気でホコリを吸い寄せてしまい、

表面にキズをつけてしまうことがあります。

 

メーカー推奨の柔らかい布に台所洗剤がベストです。

 

 

掃除しやすいようなインテリアにする

 

 

ただでさえ形が複雑で、素材がバラバラなトイレの掃除を

よけいに面倒なものにしているのが、やりすぎのインテリアです。

 

飾りが一切ないトイレは殺風景ですが、

イチイチどかさないと掃除ができないのでは

面倒に感じてしまって、トイレ掃除の頻度が少なくなります。

 

インテリアは掃除がしやすい目線で選びます。

例えば、壁に掛ける絵や一輪挿しなどにします。

 

家族全員が使いやすいように、トイレットペーパーの置く位置を

決めるのも大切です。

 

 

トイレの臭いの原因は?

 

 

トイレは臭いが困りものですが、原因はトイレそのものとは限りません。

芳香剤やトイレ洗剤の臭いも原因になっています。

 

トイレの臭いを消そうと芳香剤を使うことで、ニオイが混ざってしまい

不快に感じることもあります。

 

また、トイレ洗剤の選び方も大切です。

洗浄力も大切ですが、ニオイも重要です。

イヤなニオイの洗剤は使いたくないですね。

そうなると、掃除を怠ってしまい、どんどん汚れて、どんどん臭くなります。

 

トイレブラシは最も汚れていると言えます。

臭いのもとになりますので、こまめに買い換えましょう。

 

洗剤や掃除道具が丸見えだと、生活感が溢れすぎて、

ごちゃついた印象になります。

プラスチックケースなどにひとまとめにする、キャビネットに収納するなど

工夫をしましょう。

 

この時の掃除用具や入れ物の選び方もいい加減にしないことです。

”使いたくなるかわいらしさ”で選ぶとトイレ掃除が面倒に感じにくくなります。

 

まとめ

 

トイレ掃除は臭いが強く、面倒に感じることも多いですが、

清潔に保つことで、菌の発生を防ぎ、家族が健康になります。

 

トイレは友人や知人だけでなく、そう親しくない業者の人などに

貸すこともあり、汚れていると恥ずかしい思いをします。

 

トイレ掃除をすると運が上がるとか、神様がいると言われたのは

そうしたことが理由かもしれませんね。

 

トイレ掃除
最新情報をチェックしよう!