ニュース 時事

セブンイレブン無断発注とは?なぜ起きたのか?2人の社員を懲戒

スポンサーリンク
懲戒ニュース

 

2019年、セブン-イレブン・ジャパンが

オーナーに無断で、発注をしていた店舗担当者2人を懲戒処分にした。

 

セブン-イレブン・ジャパンの永松社長が、2019年11月15日の会見で明らかにした。

永松社長のコメント

「本当にあってはならない非常にゆゆしき問題だ」

合わせて、経営体制を見直す考えを表明した。

 

 

スポンサーリンク

セブンイレブン無断発注とは?2人の社員を懲戒

 

最も気の毒なのは、被害にあった店舗のオーナーだが、

この懲戒処分された2人の本部社員にも、「気の毒に』という気持ちが残る。

 

本部の会議で、組織の上席者から、

圧力を掛けられ、無断発注を隠語で指示をされ、

やむなく実行した複数の社員がいたものと思う。

 

その中の2人が処分されたのでしょう。

経営が、どこまで認識していたのかは、謎だが、そういうことをさせる社内の空気を作っていたのは、経営の責任です。

 

 

合わせて、深夜休業の店舗数を2020年1月に、

75店舗にするという考えも明らかにした。

 

面白いのは、11月から店舗で実施している8店舗の深夜休業という表現です。

先の店舗オーナーとの食い違いを感じてならない。

 

24時間を続けないなら、提携契約を解除し、

違約金約1700万の支払請求を受けたとする店舗オーナーが、

公正取引委員会に申告していた。

3度申告をしている。

 

それでも、セブン-イレブン・ジャパンが話し合いに応じないために、

店舗オーナーは、2020年元旦に、ストライキを実行すると記者会見を行っていた。

 

セブン-イレブン・ジャパンの今回発表内容が、

あまりに急展開で、苦笑してしまう。

 

「11月から深夜休業を実施」という表現は、

確かに10月17日の社長会見で明らかにされていた。

 

しかし、別のオーナーからは、

「24時間営業に戻さないなら、契約を解除し、違約金を払いなさい」

と、セブン-イレブン・ジャパン本部から、

圧力を受けているという、対応の2面性を感じて仕方がない。

 

あまりにも違いすぎる内容には、企業の厚顔無恥さを感じてしまいます。

 

 

スポンサーリンク

セブンイレブンの無断発注は、なぜ起きた

セブンイレブンの無断発注は、なぜ起きたのか。

 

これは、ある程度大きな組織の中にいる人間であれば、察しがついていることだろう。

その後、他のコンビニでも「無断発注」の問題は起きた。

大企業の構造的な問題です。

 

実績主義・売上主義が、諸悪の根源。

どこの組織にもある問題です。

部下に、実績を出す事を攻め立てる上司。

部下は頑張るが、上司の要求は、その上をいく。

 

しかし、部下は上司の毎日の要求に答えられなくなります。

部下は、その苦しさから、逃れる為に、悪いことにでも、手を出す。

 

これが、大きな組織の中には、何階層も存在します。

 

 

時事ニュース

セブンだけじゃなかった本部社員の無断発注|ファミマでも起きていた!

経済産業省の有識者検討会はコンビニ営業時間の見直し要請をする考え

セブンイレブン不祥事続き|店のバイトへの残業未払い(本部計算)が判明

セブンイレブン本部社員の無断発注が横行|本部は独禁法違反?

セブン−イレブンの元旦休業は直営店だけ!加盟店は1日も通常営業

セブン・オーナーたちに萎縮広がる|東大阪セブンに契約解除通告

タイトルとURLをコピーしました