停滞期は長く続くときつい|もう痩せ始めのサインがでているかもしれない

停滞期は長く続くときつい|もう痩せ始めのサインがでているかもしれない停滞期

ダイエットにつきものと言われる停滞期になると、体重が減らない日が続きます。

人によっては半年1年という長期の停滞期になってしまう人もいます。

ですので、どうすれば停滞期から脱出できるのかを知っておくことも大事です。

 

停滞期は長く続くときつい|もう痩せ始めのサインがでているかもしれない

ダイエットの停滞期になると、1日でも早く停滞期から脱出したいと思うようになります。

停滞期からの脱出に失敗し、ダイエットを諦めてしまうとき、リバウンドをしてしまうこともよく言われることです。

ダイエットの停滞期が長い|長すぎる!いつまで?

 

停滞期からの脱出には運動が大事になります。特に、筋トレです。筋肉が増えることで、基礎代謝が上がります。基礎代謝はダイエットには非常に重要です。基礎代謝が上がることは痩せやすい状態になってきともいえます。

ダイエット停滞期2回目!何回くるのか?停滞期脱出した人は筋トレ!

 

停滞期が始まるには原因がどの辺にあるのか、また目安についても知っておいた方がいいです。

人間の体は急激な変化があったときに、危機的な状況が起きていると判断して、体を守ろうとします。急激な体重の変化も危機的な状況の一つです。

1ヶ月に体重が5%を超える減量になると、この機能が働き、停滞期になると言われています。またその直前には、炭水化物抜きダイエットや糖質制限をしていたという方が多いです。

このダイエットを行うときには、カロリー不足にならないようにほかの栄養素でバランスを取る必要があります。また、筋肉量が落ちないように、運動も必要です。

ダイエットの停滞期はいつから|現体重の5%以上痩せたら始まる

 

一旦、停滞期になってしまうと、なかなか抜け出せないことになります。いつまで続くのか、いつ終わるのか、何ヶ月続くのか、とても気になります。

ダイエットの停滞期はいつ終わる?繰り返さないためには

ダイエットの停滞期期間|長い人は1年・短い人は2週間

 

停滞期を乗り越えるには、食事と運動がポイントになります。

栄養の偏りのない食事で、全体量でコントロールする方が良いです。

また運動は、筋トレと有酸素運動が必要です。筋トレは落ちた筋肉を戻すこと、有酸素運動は脂肪を燃焼させるために必要な運動です。

お腹が出ている人が、一生懸命に腹筋を鍛えるという運動をしてしまうことがあります。

脂肪はいくら鍛えても筋肉に変わることはありません。脂肪はおちずに、筋肉だけ増えて仕舞えば、体重も増えますし、お腹は、内部に筋肉がついたことで前方向に押されて出てしまうかもしれません。脂肪を減らす運動は、筋トレとは別に行う必要があります。

ダイエット停滞期の乗り越え方は食事と運動と+αを同時並行

 

先に書いたように、食事と運動をバランスよく続けていると、停滞期は気がついたら抜け出しているかもしれません。

痩せ始めのサインと現れていないか、チェックしてみてください。もし、まだ現れていないとしても、正しい方法で、正しく実行していれば、必ずその時が来るはずです。

痩せ始めサインを見落としてませんか?もうすぐ痩せる可能性が

 

ダイエットは、長い時間をかけて太ってしまった体を元に戻すことですので、精神的に大変なこともあります。ですので、ダイエットにはメンタルが大事とも言われます。

なぜ痩せたいのか、痩せる必要があるのか、太ったままだと何がまずいのか、時々自分のメンタルと話し合うことになるかもしれません。

ダイエットはメンタルで成功する!メンタルケアで体重をコントロール

 

もう一つ人間には、潜在意識という頼もしくも厄介なものがあります。停滞期になってしまう原因にもなっています。と言いますのは、潜在意識が人間の体をコントロールしているからです。無意識に、呼吸をして、心臓が動いているのも潜在意識があるからです。

急激なダイエットをすると、急激な体の変化を危険と判断をしてしまう可能性があります。自分は意志が弱いのでダイエットが続かないという人がいますが、実際には、潜在意識の力が強くて表面意識の方が負けてしまうのです。力の差は、9対1です。ですので、ダイエットを成功させるには、潜在意識に気づかせないくらい、ゆっくりとダイエットを進めることです。

ダイエットが続かないからと自分を責めないで。理由があります

 

またダイエットで怖いのは、リバウンドです。ダイエットを諦めてしまうとすぐに元に戻ってしまいます。場合によっては、以前より太ってしまうことさえあります。

ダイエットでリバウンドは怖い!以前の体重より増える可能性も

ですのでリバウンドしにくいダイエットを目指すことです。それは偏った食事制限をしないことが大事になります。もちろん、そもそも炭水化物を食べすぎていたのであれば、減らすべきです、極端に減らしてしまうと、リバウンドの可能性を残してしまいます。栄養バランスの取れた食事で、全体量でコントロールした食事が理想的です。

リバウンドしないダイエットは食事制限をしないことから始める

 

停滞期対策にチートデイを上げる方がいますが、現実的にはむしろハードルが上がる気がします。食べすぎてしまうリスクがあります。

きちんとコントロールができるのであれば効果はあります。しかし、例えば週に一度と設定した場合には、チートデイに普段溜めているストレスが爆発しやすくなります。「チートデイだから・・」と理由付けして、食べすぎてしまうのです。

ダイエットの停滞期にはチートデイをやってみてもいいがリスク

タイトルとURLをコピーしました