ダイエットの食事

昼抜きダイエットは痩せる!1日2食はリバウンドリスクも

ダイエット 昼抜きダイエットの食事

ダイエットではカロリー摂取量を減らすのは基本です。

そのため、昼抜きダイエットを実践している人も多いでしょう。

しかし、「朝抜きと昼抜きのどっちがいいの?」「そもそも昼飯抜きは効果がある?」

などの疑問を持ている人もいるのではないでしょうか。

 

そこで、この記事では、以下のことを紹介していきます。

・ダイエットで昼抜きは太るはウソ

・ダイエットの昼抜きと朝抜きはどちらがいいのか

・昼抜きダイエットを成功さえるためには大切なことがある

 

 

スポンサーリンク

昼抜きダイエットは痩せるは本当?効果はあるの?

ダイエット 昼抜き 太る

ダイエットで昼抜きをすると、太るという人がいますが、それはウソです。

なぜなら、昼抜きをすると、効率的に摂取カロリーを減らせるからです。

 

ダイエットで必要なことは、いかに摂取カロリーを減らして、消費カロリーを増やすか。

昼抜きをすれば、摂取カロリーを1食分まるまる減らせるので、すごく効率的です。

誰が考えて明らかですよね。

 

つまり、昼抜きをして太る、というのはウソといえます。

そして、昼抜きをすると、効果的にダイエットを成功させられるのです。

ただし、その反動的な食事をしなければです。

昼抜きをしても、そのあとで、過剰な食事をとってしまうと、その反動に太ることがあり得ます。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットの昼抜き|1日2食はリバウンドリスクが気になる

ダイエット 昼抜き 太る

 

食事抜きダイエットには、主に昼抜きと朝抜きがあります。

どちらが有利なのか、効果的なのか、気になるのではないでしょうか。

ここでは、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

 

昼抜くダイエットは太る?リバウンドのリスク

昼抜きダイエットのメリットで一番大きいのは、カロリーの摂取量を減らせること。通常3回する食事をなくしてしまうので、単純に3分の1のカロリー摂取量を減らせるのです。

例えば、3回の食事で1800kcal摂取していたなら、600kcalをカットできます。すごく大きいですよね。50kgの人が3時間程度ウォーキングするのに相当します。

 

また、お昼ごはんを食べた後は、眠気に悩まされませんか。眠気が起こると活動的に動けないので、ダイエットもしにくくなります。しかし、昼抜きダイエットなら、この現象を防げるので、フルに活動してカロリーを消費しやすくなります。

 

一方、昼抜きダイエットにはデメリットも。それは、食事をしない時間が長時間になることです。人によっては、12時間以上も食事ができない状態になるでしょう。これがリバウンドリスクにつながります。

 

実は、長時間食事ができずに強い空腹を覚えると、身体が飢餓状態と危険を感じます。すると、身体はエネルギーの消費量を、抑えるようになるのです。つまり、痩せにくい体質にしてしまう恐れがあるのです。何かのはずみで、リバウンドする可能性をはらんでいます。

リバウンドは、ダイエットの後に起こるものですが、日中の最もエネルギーを使う時間帯に食べないので、1日の中でもリスクがあります。夕食の食べ過ぎです。

本来は夕食を食べた後に軽い運動をして血糖値の上昇を防ぐ必要があります。(激しい運動は睡眠不足につながる可能性があるのでNG。運動は軽いウォーキングか軽い筋トレが良いです)

もし、何も運動をしない場合、夕食後にエネルギーを使う場面がなく数時間後には睡眠時間になってしまいます。もし糖質制限した食事内容になっていないと、上がった血糖値を下げるときに、体内で糖質は脂肪に変わります(インスリンの働き)。

 

ダイエット|朝抜きは太る?

朝抜きダイエットのメリットは、やりやすさです。

朝は忙しかったり、食欲がなかったりするので、自然と抜くことができます。

食事を抜くのはストレスがかかることです。

しかし、自然と食事を抜けるので、ストレスを覚えることなくできますよね。

 

ただし、デメリットもあります。

それは、朝から栄養不足になること。

寝ている間は栄養摂取ができないので、朝は身体が最も栄養を欲しているときです。

しかし、そこで栄養が摂取できないので、脳や身体に大きな負担を強いることになります。

 

究極は朝と昼抜きダイエットが効果的!

ここまでやってみて効果が出ないという人もいます。

その場合、究極的には、朝と昼を抜くダイエットです。夜は、普通にといいますか、むしろ栄養を考えて食べて下さい。

昼抜きダイエットを実行してみたが、うまく結果が出ないという人は、わかりやすくいえば、食べてる量と消費する量(基礎代謝と活動消費)とのバランスが、消費する量が少ないということになります。(基礎代謝とは、運動をしなくとも内臓や筋肉・脳が消費するカロリーです)

食べるカロリーより、消費するカロリーの方が多いという関係性にならない限り、現在の身体にある脂肪は燃焼されません。リンク先で計算出来ます

食べるカロリー  <  基礎代謝  +  消費カロリー(ウォーキングランニング

ウォーキングやランニングの消費カロリーが少ない事に驚かされるかも知れません。体重が60kgの方が30分ウォーキングをしても、100kcalにもならないのです。おにぎり1個分のカロリーも消費できないのです。

1個余計に食べてしまったお握り分を消費するには、60分間のウォーキングが必要になります。現実的には、食べない選択の方が、効果があるということです。

もしもこれまでのダイエットで、効果が出ていないのでしたら、朝と昼抜きダイエットを当分やってみることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

お昼抜きダイエットを成功させるために大切なこと

ダイエット 昼抜き 太る

 

昼抜きダイエットにはデメリットがありますが、ここで紹介するポイントを押さえれば問題なくできます。ここでは、いくつか大切なポイントを紹介していきます。

 

1つ目は、朝食をしっかりと摂ることです。昼抜きダイエットは、朝食べて次の食事までに時間が空きます。そのため、朝の食事はしっかり目にとることが大切なのです。

例えば、毎朝パンや白米を食べた後に、グラノーラを食べるのがおすすめ。グラノーラは食物繊維が豊富に含まれているので、腹持ちがよく空腹を抑えられます。

しかも、ビタミンやミネラルなど、ダイエットに不足しがちな栄養素も摂取できます。ぜひ、昼抜きの際は、朝食の仕上げに食べてみてください。

 

2つ目は、おやつを上手に食べること。おやつを目の敵にする人がいますが、昼抜きには良い点もあります。

おやつを少し食べることで、空腹を感じにくくできるのです。空腹がひどくなると、過食(太る)の要因になります。

しかし、おやつを食べておくことで、これを防げるのです。もちろん、おやつを食べるときは、時間や量を決めるのが大切。ルールを事前に決めて、食べるようにしましょう。

これで、昼抜きのデメリットを解決できます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

昼抜きダイエットは、太るどころか痩せられます。

朝抜きと比べても効果的です。

しかし、成功させるにはポイントもありますので、準備してから行うようにしましょう。

 

 

 

関連記事

  1. ダイエット中のご飯|朝ごはん・昼ご飯・夕食
  2. ダイエット中の昼ごはんの選び方|抜くべきか食べるべきか
  3. 昼抜きダイエットは痩せる!1日2食はリバウンドリスクも *当記事
  4. ダイエット中のお昼ご飯はがっつりで大丈夫!
  5. ダイエット中の昼ごはんはコンビニランチを組み合わせる
  6. ファミマのダイエットランチで1食500kcal低糖質高タンパク
タイトルとURLをコピーしました