ダイエット方法

中学生ダイエット 痩せる期間

ダイエット 中学生ダイエット方法

痩せたいと考えるとき、いつまでに、と考えると思います。

ただ、りんごだけダイエットのような極端な食事制限などは、体調を崩す原因になりますので、お勧めしません。またリバウンドの可能性もあるからです。

リバウンドしないで、確実に痩せるには、3ヶ月くらいの期間で、ゆっくりと痩せることをお勧めします。

 

スポンサーリンク

中学生ダイエットで痩せる

中学生で痩せたい、痩せる方法は何がある、痩せる食事方法は何がある、などと考えてる人は多いのだと思います。

しかし、考え方ややり方が間違えていたり、無理があるとなかなか痩せないし、一時的に痩せてもリバウンドしたり、体調を崩してしまう人もいます。無理をすると後悔します。

 

太ってるという思い込みかもしれない・確認しよう

さて、そもそも本当に太っているのか、どのくらい痩せる必要があるのか、考え方が間違えていると、失敗してしまいます。

太っているかどうかを知る計算には、BMIが有名(高校生以上ならBMI)ですが、学生の場合は、ローレル指数のほうが適しています。

計算方法は以下の通りです。

ローレル指数 = 体重(kg) ÷ 身長の3乗(m) ✕ 10
計算の結果が、115〜145が普通(標準)です。115以下は、痩せすぎです。145以上なら太り気味です。

ローレス指数の計算例・実は太っていないかも

例えば、14歳で、身長156cm、体重が50.0kgとすると、計算は次の通りです。
50.0 ÷ ( 1.56 ✕ 1.56 ✕ 1.56) ✕10= 132 → 普通
ぜひ、自分で計算してみてください。
または、ネットで「ローレル指数 計算」と検索すると、計算できるサイトを調べられます。
もし、ローレス指数を計算して、計算結果「普通」の範囲に、あるのなら、ダイエットはおすすめしません。
普通の状態なのに、さらにダイエットをすると、体重は減らせるかもしれませんが、進むほど「痩せすぎ」になってしまい、体調不良や生理が止まってしまう「体重減少性無月経」になってしまう人がいます。ダイエットのやりすぎでホルモンバランスが崩れてしまっているということです。

 

中学生ダイエット 短期間

ダイエットは、ローレル指数が145以上の太り気味の方におすすめします。

145よりも下の数値であれば、特にダイエットをする必要はありません。とくに、115以下なら、体調不良になってしまう可能性があります。

また、ダイエットをする場合、なるべく短期間で体重を落としたいという気持ちはわかりますが、1ヶ月に体重の5%を超える減量はおすすめしません。

1ヶ月で現在の体重の5%を超えるということは、体重が60kgある人で、1ヶ月に3kg以上の減量は、リスクがありますということです。ダイエットは、1ヶ月に5%を超えない範囲で、短期間に行うということです。

 

ダイエットのやり過ぎにはリバウンドリスクがある

どんなリスクが有るのかというと、リバウンドです。通常、5%を超えると、停滞期に入ります。体重減少していた状態がストップします。こうなってしまうと、断食をしてリセットしない限り、運動をしても、それまでどおりのダイエット食を続けていても、体重は止まったままになります。

それは、人間の体に備わっている生命維持機能(ホメオスタシス)が作動している状態です。寝ている間も起きている間も、何も意識をしなくても、内臓が動き、呼吸をし、血液が体の中を循環しているのは、このホメオスタシスが機能しているからです。

体重の5%を超えて減少すると停滞期に入る可能性大

1ヶ月に体重が5%以上減少すると、ホメオスタシスは、危機的な状況にあるとして、なるべく少ないエネルギーで生きていけるように、体内を調節します。つまり、食べる量が減っても生きていけるように、体重が減らないように、基礎代謝を下げてしまうのです。

何をしても体重が減らない停滞期は、個人差がありますが、何週間という人もいますし、何ヶ月もという人もいます。良く、いろいろなダイエットをやって、今では何をやってみても効果がないという人は超長期の停滞期にいる可能性があります。

しかし、この段階で、以前のような食事に戻すととたんにリバウンドします。ですので、短期間のダイエットは、中学生に限りませんが、1ヶ月に体重が5%超えない範囲で行うことです。

 

リセットするのには、断食がおすすめです。水分は水とお茶だけOKです。少なくとも3日間の断食。その後は、徐々にお粥などで、少しずつ食事をするようにしていきます。一気に食べると、またリバウンドします。

 

3ヶ月ダイエット 中学生の場合

現在の体重と目標の体重によりますが、3ヶ月位の少し長めの期間でダイエットをしていくと、5%未満の範囲でも、それなりのダイエットが可能ですね。

食事に関する内容は、当サイトの別記事「食事制限なしダイエット方法 中学生の場合」で紹介していますが、中学生の場合、効果が高いのは、「間食のお菓子・ジュース」をやめることです。

毎日、いちごのショートケーキを食べる人はいないかもしれません。しかし、ポテチなどのジャンクフードはどうでしょうか。合わせて、コーラやオレンジュースなどで、間食してませんか。

ショートケーキのカロリー分を消費するのは実は大変

例えば、いちごのショートケーキは、344kcalです。ポテチのカロリーは336kcal、中高生に人気のマクドナルドでは、1番人気のフライドポテトMサイズが410kcal、ダブルチーズバーガーは457kcal。

もちろん、たまにはOKですが、その他に普通にご飯を食べると、一日のカロリーはオーバーします。しかし、運動で消費するエネルギーは意外に少ないです。

代表的なジョギングを例に取ると、体重50kgの人が60分(60分で367kcal)走り続けないと、ショートケーキの分は、消費できません。マクドナルドなら、十分に1食分のカロリーがあるので、その後の時間の食事は1食分なくてちょうどくらいです。学校帰りに、おやつ代わりに、バーガー1個食べて、夜は家族と一緒にご飯を食べたら、完全にカロリーオーバーです。

ジョギングで消費するのは実は大した量ではない

覚えておいてほしいのは、食べるのは簡単ですが、運動やスポーツで消費するのは、簡単ではないということです。ジョギングとはいえ、60分間走るのは、かなり疲れます。何か部活でスポーツをしているとしても、それ自体で消費するカロリーは思うほど多くないということです。ただ、見た目細身でも筋肉量が多い人もいます。筋肉量が多い人、体重が多い人ほど、消費カロリーは多いです。特に筋肉量が多い人は、運動をしていなくとも基礎代謝が高くエネルギーを消費しやすいのです。

3ヶ月のダイエットを成功させるには、一月5%未満の減量にこだわることと、間食をやめること、食べるもののカロリーに注意すること、筋肉量を増やすことが、とても大事です。

 

1ヶ月ダイエット 中学生なら間食のお菓子とジュースをやめてみて

中学生のあなたが、ダイエットの成果を出す体験をするには、まずは1ヶ月の間、間食とジュースをやめてみてほしい。

普通にご飯を食べていて、その他におやつを時々食べつつ、ジュースも飲んでいるという生活をしてはいないでしょうか。

食べ過ぎは太ることくらい理解しているつもりで、間食に罪悪感を持たずに食べてしまっていませんか。前述の通り、ポテチにしても、ショートケーキにしても、食べた後に脂肪にしたくないと思ったら、約1時間ジョギングをしないと、消費されません。

Yahoo!知恵袋で見つけた中学生の声

Yahoo知恵袋などで、痩せたいという中学生の声を見ると、痩せて可愛くなりたい。でも、運動はしたくないし、食事制限などは無理。それ以外で痩せる方法を知りたいとか書いてます。となれば、間食をやめるしか方法はないです。ジュースも水かお茶に変えることです。

食べ過ぎにならない普通の食事を食べている分には、太り過ぎにはならないはずなんです。これが40代くらいになると、むしろ食事量を減らしているのに、太るようになっていきます。基礎代謝が年齢とともに、特に女性の場合、どんどん減るからです。

基礎代謝のピークは、男女ともに10代です。女子は中学、男子は高校がピークです。基礎代謝が高いということは、特に運動をしなくても普通に日常生活を過ごすだけで、消費エネルギーが人生で一番多い年代ということです。

それなのに、ローレル指数(最初の方に紹介)が、もし太り過ぎにあるなら、答えは単純に、食べ過ぎです。ただただ、体重を増やすために、食べている事になります。食べ過ぎをやめないと太るだけです。

リセットするには断食がお勧め

食べ過ぎをやめられない人には、いっそ断食をお勧めします。3日間の断食です。飲んでいいのは、水とお茶だけです。これは痩せるためというよりも、食べ過ぎてしまう体をリセットするために行うのです。

4日目はお粥です。少しずつ、普通の食事に戻していきます。このときに、間食をしない習慣を見つければいいです。おすすめです。

 

 

関連記事

  1. ダイエットは年齢に合わせた方法で成功する!
  2. 中学生ダイエット 痩せる期間 *当記事
  3. 50代ダイエット男性|痩せないなら食事メニューが問題かも!
  4. 50代のダイエットはアプリで お腹痩せ
  5. 絶対痩せる方法 40代|何をするのが一番いい
  6. 30代ダイエット!どうすれば上手くいくのか
  7. 食事制限なしダイエット方法 中学生の場合
  8. 中学生ダイエットを成功させる方法
  9. 高校生ダイエットで成功する方法
  10. ダイエットをする大学生|男だって痩せたいなら食事と運動!
タイトルとURLをコピーしました