ダイエット方法

絶対痩せる方法40代|何をするのが一番いい

絶対痩せる 方法ダイエット方法

痩せやすいかどうかは、基礎代謝が鍵になります。

40代になって、若い頃にはもう少し痩せやすかったのに・・・と、感じる年代です。いくつかの要素がありますが、最も大きいのは、基礎代謝が下がってきているのに、体を動かす機会が減ったことです。

 

スポンサーリンク

絶対痩せる方法 40代|何をするのが一番いい

40代が20代30代と比べて、痩せにくくなっているのは、消費するエネルギーが減少していることが、一番大きい原因です。

 

40代で消費エネルギーが減る理由

40代は消費するエネルギーが減少していく年代です。1日に消費するエネルギーは、基礎代謝と食事誘発性熱産生と体を動かすエネルギーの合計です。

基礎代謝は約60%です。何もしていなくても寝ていても内臓(心臓や肺)を中心に動いていることで消費しています。食事誘発性は10%、食事をする時に体が暖かくなることです。よく噛む人の方が高いです。そして、体を動かすエネルギーは、運動や仕事・通勤などで消費されていくエネルギーです。

40代は基礎代謝が落ちて、日常で体を動かすことが減っていく年代です。仕事で中間管理職になり、デスクワーク中心になることで、多くの場合、体を動かすことは少なくなります。

しかし40代になっても食べたり飲んだりする量は、それほど減っていません。この食べる量と消費するエネルギーの関係(差異)が太る原因です。また、その状態が日常的なベースになってしまっているので、単発的なダイエットをしても痩せにくいのです。

 

40代の絶対痩せる方法

40代で絶対痩せる方法を、ダイエットで考えるなら、方法の順番は、1.食事、2.運動です。運動だけでは、無酸素運動から有酸素運動まで、かなりの時間と運動量を増やさなければ、ダイエットの成果としては、現れにくいです。

もし、ショートケーキを1個食べたら、それを運動で帳消しにするには、その後でジョギングを1時間位しないといけません。ですので、食事の量を抑え、太りやすい糖質を減らし、体を動かすことを増やすことです。

基礎代謝+体を動かすエネルギーのカロリー>摂取カロリーを意識することです。

 

40代の確実に痩せる方法|筋トレと有酸素運動

40代で確実になせるには、運動は2種類行うのが効果的です。

一つは、基礎代謝をあげるために、筋肉量を増やす筋トレです。体を動かすエネルギーは、糖質と脂肪です。ただ脂肪は、糖質を使い切らないと、脂肪燃焼のスイッチが入りません。

そして、食事量を減らし、糖質を減らすと、脂肪燃焼のスイッチが入る前に、筋肉の分解によってエネルギーが作られ、筋肉が落ちます。これを防止するには筋トレが必要です。

 

もう一つの運動は、有酸素運動です。有酸素運動は、酸素と脂肪を必要とする運動です。最初に血中の脂肪酸が消費され、次に体脂肪が分解され、有酸素運動のエネルギーになっていきます。有酸素運動は、体に与える負荷は少ないもので、長時間続ける運動です。ウォーキングかジョギングが代表的です。

 

痩せる方法40代|ダイエットの運動メニューは個人別に

40代で痩せたい人で、お腹についた脂肪を落としたいと考える人もいますし、全体的に体重を落としたいという人もいます。さらに個人の現状には違いがありますので、痩せる方法を考えるならば、コストはかかりますが、個人別のダイエットメニューが有効です。

パーソナルトレーナーのいるジムに申し込み、自分の体の現状と目標(腹を痩せるのか、体重を落とすのか、両方なのか)から、トレーナーに自分に合った効果的な運動を紹介してもらうのが有効です。

パーソナルトレーナーは、食事に関する知識も持っていますので、食事内容についても、相談すると良いです。目標に向けたアドバイスとトレーニングを教えてもらえます。コストはある程度かかりますが、個人で手探りでダイエットを進めるよりもダイエットの確実性を高める方法です。

 

速攻ダイエット40代|すぐには痩せる方法は

40代は痩せにくい状態にあります。速攻で痩せる方法となると、かなりハードになるためのストレスの心配と、リバウンドのリスクがあります。リバンドリスクは、かなり高くなります。

目標達成後に、ある程度食事をするようにするまでには、かなり時間をかけて(例えば、1ヶ月かけて)戻していかないと、リバウンドはほぼすると思います。

 

速攻で痩せる方法は、断食です。基本的には、口に入れて良いのは、水だけです。断食期間は、3日間〜長くて1週間です。食べないこととのストレスがありますので、本来は、3色を2食にして、次に1食にしてから、断食に入ります。

減らしていく期間は数日かけるほうがストレスは軽減しますが、スピード優先なら、初日から断食か1食にして、その後断食に入っても良いです。

断食期間が終了したあとの食事で目指すのは、病院の糖尿病患者用の食事です。糖質量を130gか70gに抑えます。タンパク質を増やした食事内容にします。脂質やビタミン・ミネラルは、健康維持に必要なので、従前どおり食べましょう。

 

運動も行います。速攻で痩せる目的を考えれば、無酸素(筋トレ)と有酸素の療法が必要です。

 

確実に痩せる方法40代女性|ダイエット方法で注意すること

40代女性で、ある意味驚くのは基礎代謝の減少です。男性がピーク時(高校)の5%マイナスほどなのですが、女性は、ピーク時(中学生)の約20%近くマイナスになっています。

基礎代謝とは、運動をせずに日常の生活の中で消費するエネルルギーですから、基礎代謝が高いほど痩せやすいことになります。つまり、女性40歳からは痩せにくくなっているということです。

さらに、ホルモンの分泌が30代をピークにして、40代以降減少していくことも、大いに関係します。ですので、30代でダイエットしようと考えるよりも、40代女性のダイエットでは、だいぶ努力しないと痩せないということになってしまいます。

ですので、運動だけで成果を出すのは、難しいので、低糖質で低脂質・高タンパク質の食事がまずあって、運動をするということです。脂質は、動物性の脂肪をカットして、魚や植物系の脂質だけにしたほうがいいです。肉を完全に食べないのは、困難だと思いますが、サーロインやカルビはやめて、ヒレや鳥のささ身にするなどです。バター・マーガリン・牛乳もカットして、植物性脂質にしたほうが良いです。牛乳は、豆乳やアーモンドミルクやオーツに変えるということです。

 

ただ、現状の基礎代謝が標準値よりも低いようなら、筋トレとホエイ系のプロテインが必要です。(自分の基礎代謝は、こちらの計算サイトに項目入力を数箇所すると簡単に算出できます。)

基礎代謝を増やすことは、痩せるには不可欠です。基礎代謝を増やす方法は次の通りです。

  1. 筋トレ(筋肉がつくには日数がかかりますが、堅実な方法です)
  2. ストレッチ(筋を伸ばすことで血流をよくして体温を上げて基礎代謝を上げます)
  3. 有酸素運動(本来は脂肪燃焼目的ですが、血行もよくなる運動なので、代謝が上がります。)
  4. ヨガ(腹式呼吸を静かに繰り返すだけでも基礎代謝は向上します)
  5. 水を飲む(冷たい水よりも白湯の方が良いです。血行が改善し代謝が上がります)
  6. 発酵食品や食物繊維を食べて腸内環境をよくする(腸内環境が悪いと太ります)

 

40代本気で痩せたい|男性の場合

40代で本気で痩せたいなら、ビールと日本酒をやめることです。ビールと日本酒をやめて焼酎やウイスキーにしてください。ビールと日本酒は、糖質が多いので、太ります。

もちろん、たまにしか飲まないのであれば影響は少ないですが、40代管理職という男性は、酒を飲む機会が増えているはずです。夜にビールや日本酒を飲んで帰ったあと1時間以内に、運動をして血糖値を下げてるという人はまずいないと思います。上がった血糖値が下がるときに、脂肪に変わります。

糖質は、おしっこで流れてはいきません。結果、糖質のとりすぎとなり、消費され切らずに体内に残り、近いうちに脂肪へと変わってしまいます。

詳しくは別の記事「ダイエット中のお酒にはウイスキーがおすすめ!ビール・日本酒は太る」をご覧いただきたいのですが、酒の飲み方を改善しない限り、メタボとは縁が切れません。糖質が多いので、ダイエットしたい人が習慣的に飲むのはやめたほうが良い酒は下記のとおりです。上位ほど糖質が多いので、下位の酒に変更することです。

  1. 梅酒
  2. 紹興酒
  3. 日本酒(純米や吟醸よりも醸造のほうが糖質は多い)
  4. ロゼワイン
  5. 発泡酒
  6. ビール
  7. 白ワイン
  8. 赤ワイン
  9. ジン、ラム
  10. 蒸留酒(焼酎、ウイスキー、ブランデー、ウォッカ)

 

本当に痩せたい40代はウォーキングダイエット

ウォーキング、有酸素運動の中で、最も手軽で、かつ負荷も少ない、効果的なのかもやや不安点のあると感じるウォーキング。これが40代のダイエットには、合うのです。

40代は、体力の衰えを感じ始める年代と思われます。会社員であれば、役職につき内勤になる人が増え、業務上の活動量も肉体を動かす作業量よりも、頭脳を動かす作業量が増えて来る年代です。

そのようなことに伴い、ストレスが増えてくる年代です。ストレス自体は、みな持っているものですが、中間管理職は、上と下の間に挟まれたストレスを持つようになるからです。眠れない夜を過ごすことも増えるのかもしれません。

 

ウォーキングがある理由は、運動から、しばらく遠ざかっていた人が始めていくには、体への負担が少なく、続けやすいということです。1回の運動時間を20分以上しないと効果がないとか、時間なりの効果があるなどの意見も様々ですが、せっかく行うのですから30分くらいは、行うのが良いです。

ウォーキングが効果的に作用していない人の共通点をお教えします。腕の振り幅が少なすぎることと足の1歩の歩幅が少ないとことです。

やや大股の気持ちで、1歩の間に自分の靴が約2つ収まるイメージの歩幅が理想的です。そして、腕の振り方は、横から見て体の後ろ方向への振り幅を意識してください。後ろ方向への腕の振り幅と1歩ごとの歩幅を少し大股に歩くことで、ウォーキングが効果を出せる運動になります。

 

40代女性  ジョギングでダイエット

女性が40代になると基礎代謝はピーク時の約20%も落ちています。意識的に運動をしなければ、食事だけでは十分とは言えません。基礎代謝が低いということは痩せにくいとも言えるからです。

基礎代謝を上げるために筋トレもしたいですが、ジョギングかウォーキングが最適です。もし、普段運動をせずにこの年代になってきたばあい、いきなり走り始めると辛くなって3日坊主すら行けない可能性があります。

まず、最初の運動は、負荷の軽いウォーングからはじめて、すこしずつ負荷を高めジョギングにしていくのが良いです。

 

絶対に痩せる方法40代

40代でのダイエットでは基礎代謝を上げていくことが大事です。

男性にしても女性として筋トレは、落ちていく基礎代謝量を上げていく効果があります。ダイエット効果を早く感じるためには、有酸素運動であるウォーキングかジョギングを併用することで、脂肪燃焼を早める効果があります。

40代ダイエット  スクワット

筋トレといえば、腕立て伏せと腹筋、そしてこのスクワットです。中でも、筋肉量が集中している下半身の筋トレは、スクワットです。やり方はとても簡単で、スペースも少なくてすみます。

 

まず、椅子に浅く座ってください。つま先は少し外方向にして、肩幅にしてください。大事なことは、背筋を少し前傾して真っ直ぐにすることと、立ち上がるときと沈むときに膝がつま先より、前に出ないようにすることです。(腕の力を使わないように、胸の前でクロスさせ、指先は肩甲骨あたりに置きます)

反動をつけずに、ひざが前に出ないようにし、ゆっくり2秒ほどで立ち上がり、つぎに2〜3秒の時間をかけて最初の形に、戻ります。10回を1セットで1日の目安3セット。

 

40代ダイエット トランポリン

インナーマッスルが鍛えられるといわれるトランポリンがおすすめ。

トランポリンは、飛んでるときにバランスを取っています。インナーマッスルを使っているという運動です。少ないエネルギーでも、ジャンプし続けることで、有酸素運動に分類されますが、筋肉のトレーニングにもなりそうです。

 

デスクワークで座ってばかりという仕事スタイルの人は、血液やリンパ液が流れが悪くなって、足がむくんできます。そういう方にはピッタリの運動です。

やり方は、至って簡単ですが、実行すると分かりますが、しばらくの間、飛び続けることはかなり大変です。最初は1分くらいかもしれません。以外にハードなトレーニングです。

 

踏み台昇降ダイエットはじみですが40代に効果的

踏み台昇降といえば、学校の体力テストなどでも行っている学校もありますので、やり方の説明は不要と思います。

道具も不要になった本や段ボール箱を使って自作可能です。

 

運動のやり方は、踏み台の昇降運動だけにならぬように、腕も振ってください。基本的には、有酸素運動なので、ダイエット効果を望むなら、1回20分以上、できれば30分間で毎日行うのがいいです。

動きは、非常にシンプルであり、ジョギングやウォーキングのように、コースを変えて気分を変えることができませんので、筆者の場合は、音楽やポッドキャストなどを聴きながら行っています。テレビが好きな人は、テレビを見ながらという方法もありです。

最大のメリットは、室内ですぐにできることです。雨が降ったり、暑い寒いが関係なく続けられることです。

 

40代ダイエット ヨガ

芸能人でも実践者が多いのがヨガです。ダイエット方というよりも健康法として長く続けている方が多いです。

ヨガの基本は、「呼吸とポーズ」ですので、種類としては、有酸素運動になります。さらに、その基本は、意識を呼吸に置き、心の平静を持つ事にあり、「瞑想」にも通じます。

ただ、ダイエット効果を考えれば、瞑想というよりも呼吸に意識をおいてポーズをとり、姿勢を整えていきます。

 

ポーズがたくさんありますが、YouTubeでヨガを検索すると、ヨガのレッスン動画がたくさん見つかります。畳1枚弱のヨガマットがおけて、YouTubeが見られる環境があれば、どこでも可能です。スクールに通う方法もありますが、YouTubeのヨガチャンネルを見つければ、自宅で、好きなときに、割と丁寧に教えを学ぶことができます。

 

ヨガのダイエット効果としては、ヨガを行うことで、代謝をあげることはできますが、ヨガだけにダイエット効果を求めることは、厳しいかもしれません。ダイエットに関しては、どちらかと言えば、2次的効果ではないかと思います。

現代人は呼吸が浅いので、きちんとした呼吸法を学び、姿勢が正されていく上で、食事について、間食をやめて飲み物の糖分に気をつけ、炭水化物と脂質を抑えて、タンパク質を増やし、バランスが揃った食事に変えていくことなど、総合的に、ダイエット効果が期待できるという事になります。

 

40代 縄跳びダイエット

縄跳びは、ジョギングと同等のカロリーを消費する運動です。基本的には、有酸素運動ですが、2重跳び(1回のジャンプで、2回まわし)になれば、筋トレになります。

こちらもトランポリンと同様に、実はなかなかハードな運動です。縄を使わないで跳ぶというエア跳びでも同じように効果が得られます。

場所を見つけるのが、ちょっと大変かもしれませんが、マンションなら、階段ホールが普段の人通りはほとんどありませんので、おすすめ場所です。

 

ダイエットブログ 40代で書いてみる

ダイエットの記録をブログに書いて書いてみることをおすすめします。

できれば、毎日ダイエットの運動記録を書いていくのです。最初からたくさんの読者が読むわけではありませんが、徐々に読む人が増えていくことで、恥ずかしいと思うかもしれませんが、運動や食事を記録していくことで、継続するモチベーションにもなります。

 

関連記事一覧

  1. ダイエットの方法で効果的まとめ|個人によって違う
  2. ダイエットは年齢に合わせた方法で成功する!
  3. 絶対痩せる方法40代|何をするのが一番いい *当記事
  4. 50代ダイエット男性|痩せないなら食事メニューが問題かも!
  5. 50代女性のダイエットが成功する方法。男性と違う
  6. 50代のダイエットで20キロ痩せるためにやるべきこと
  7. 50代のダイエットはアプリで お腹痩せ
  8. 30代ダイエット!どうすれば上手くいくのか
  9. 中学生ダイエット 痩せる期間
  10. 食事制限なしダイエット方法 中学生の場合
  11. 中学生ダイエットを成功させる方法
  12. 高校生ダイエットで成功する方法
  13. ダイエットをする大学生|男だって痩せたいなら食事と運動!
  14. 40代は痩せにくい?ダイエットで即効性を期待できないのか
タイトルとURLをコピーしました