方法痩せる

8時間ダイエットで今度こそ痩せられる!

8時間 ダイエット方法

さまざまなダイエットが話題になるたびに、少しだけチャレンジしてみて、気がついたら、またダイエットを辞めてしまうということを何度も繰り返してきた経験のある方には、朗報です。

今度こそ痩せられるかもしれません。

 

スポンサーリンク

8時間 ダイエットとは

8時間 ダイエット (1)

8時間ダイエットとは、1日24時間のうちで、8時間だけ食事をとっていいと決め、8時間以外の時間帯については何も食べずに断食をするという方法です。

断食をする時間は、16時間ですので、プチ断食とも言えるかも知れませ。8時間ダイエットのの方法のポイントは、16時間の空腹時間を作ることです。発案者は、日本人ドクター(青木厚先生)です。

 

ライフスタイルには個人差がありますが、一つの目安としては、例えば夜20時までの8時間以内で食事を終わらせ、そのあとは、翌日の12時までは、断食状態にするのです。

16時間の間には、睡眠時間がありますので、感覚的には、夕食後には何も食べずに寝て、翌日は朝飯は抜き、12時過ぎたら、食べるというダイエットです。

前述の通り、最も大事なことは、16時間は、何も食べずにいる時間を作ることです。実は私たちの消化器官は、1日3食の食生活では、いずれかの消化器官が休む間もなく働いている状態です。

各消化器官が消化するまでに活動を要する時間は、胃の中で3〜5時間、腸の中では5〜8時間とされています。さらに食材によっては、消化される時間は食材でも違います。つまり、一般的な一日3食の食事を取っていると、一日中消化器官は休むもなく、働いています。

 

8時間ダイエットの効果

8時間ダイエットの効果は、胃と腸が1日の中で、休みを得られることによる効果です。

16時間の断食によって、胃と腸が休む時間ができて元気になり、消化や吸収、解毒・排泄の機能が改善します。腸内環境の改善にもなりますので、腸のぜん動運動も改善し、便秘の解消にもなります。

 

また、1日3食生活と比べると、食事量が減ることになりますので、ダイエット効果もあります。発案者の青木先生によれば、8時間は好きなだけ食べていいとのことですが、実際にやってみると分かりますが、そう食べられるものではありませんので、一日全体の食事量は、減少します。

 

そして、食べない時間を16時間作ることで、代謝酵素が増えることになります。代謝酵素は、消化酵素によって、消化された栄養素をエネルギーに変えて、健康維持のためにはたきます。ですので、代謝酵素が増えることで、免疫力がアップし、ホルモンのバランスも良くなります。

 

8時間ダイエットのやり方

前述しましたように、8時間ダイエットは、8時間のみ食べていいと決めて、残りの16時間は断食することです。

職場での昼食の時間から計算し、スケジュールを決めて下さい。

例えば、昼間の12時半から昼食時間なのであれば、夜の8時半までの間でに、食事をするということです。夜8時半から翌日の昼の12時半までは、何も食べないということです。食べない時間を16時間にして下さい。

 

8時間ダイエットの飲み物

8時間ダイエットでは、飲み物については、水はOKです。糖分が入っていない飲み物です。当然ジュースやスポーツドリンクなど、甘みを感じる飲み物はNGです。

記事によりましては、お茶をOKとする記事があります。しかし、緑茶やほうじ茶、紅茶等には、いずれもカフェインを含んでいます。コーヒーよりもカフェインは少ないですが、空腹時にカフェインを取ると、胃の中に何も無い状態でも、胃液の分泌促進等を起きてしまい、胃壁が荒れる原因になってしまいます。

ですので、16時間の断食時間中の飲み物は、水だけとしておくのがおすすめです。

 

8時間ダイエットの断食時間にキツくなったらナッツ

食べない時間帯の16時間は、基本は水だけがOKなのですが、8時間ダイエットの生活習慣が身につくまでは、食べない16時間がきついかもしれません。

そんなときには、ナッツだけなら、OKとされています。味付けされていないものを選んでください。ナッツには、脂質やカロリーが高そうなイメージがあるかもしれません。しかし、ナッツの脂質は不飽和脂肪酸であり、体内に残って脂肪になってしまう飽和脂肪酸とは、別のものです。

例えば、アーモンドの脂質は、8%が飽和脂肪酸で、92%が不飽和脂肪酸でオレイン酸といわれます。コレステロールを減らしてくれる働きがあります。

 

8時間ダイエット痩せる

8時間ダイエットは本当に痩せるのか、と言えばかなりの確率で痩せる可能性があります。

あくまでも個人の感想を超える表現はできませんが、いろいろなダイエットをやってこられた方で、成果が得られなかった方に、お勧めしたいです。

 

糖質や脂質を制限するダイエットでは、実質糖質や脂質を食べないということが、大きなストレスになります。「食べられない」というストレスです。

また、一時的に体重減少がしやすいですが、その後停滞期になり、ストレスが溜まり、辞めてしまう人も多いです。その結果リバウンドしやすくなります。糖質や脂質制限のダイエットをくりかえしているうちに、体内の無意識下で機能するホメオスタシスのため、体は、どんどん省エネ型になっています。少ない食事量で生きていかれるように、変化しています。

その分、基礎代謝が大きく下がり、痩せにくく太りやすい状態になっていることが多いです。この状態をリセットするには、3日間ほどの断食がお勧めです。

 

しかし、断食はそれなりにきついです。その点、8時間ダイエットの場合は、1日のうち、8時間は食べられますので、継続もしやすいです。続けて行くと、体の状態はリセットされていきます。落ちてしまった基礎代謝を戻すには筋トレは効果的です。

 

8時間ダイエットの関する本

発案者の青木厚医師が、「空腹こそ最強のクスリ」という本を書いていますので紹介しておきます。

 

青木医師によって、発案されたのちに、さまざまな方によって、類似の書籍が発売されています。しかし、原点は、青木厚医師の「空腹こそ最強のクスリ」です。

 

実際に実践してみると、この「最強のクスリ」という表現が、理解できるようになると思います。ダイエットが目的だったはずなのに、それ以外の体調も改善されていることに、気づく日があります。

 

ダイエット8時間は成功しやすい

世の中のさまざまなダイエット方法は、一時的なものが多く、普通に戻した途端に、リバウンドしたいなどストレスが発生しやすい方法が多いです。また、ダイエット中もストレスがあります。

しかし、8時間ダイエットの場合、食生活はこれで良かったんじゃないかと、気付きます。

大昔は人間は、お腹が空いたら食べるということで、一般的には1日2食だったようです。それが、江戸時代以降一日3食が普通になり、今ではそれが当たり前になっています。

しかし、そのおかげで、内臓は休む時間がなく働き、疲れています。そして、一方では食べ過ぎも起きています。8時間ダイエットでは、食べ過ぎ状態がなくなり、内臓も本来の機能を取り戻し、ダイエットだけではなく、体調改善にもつながります。

 

 

 

関連記事

  1. ダイエットの方法で効果的まとめ|個人によって違う
  2. 痩せるダイエット|運動しないで痩せる方法を紹介
  3. ダイエット入院!費用と関東関西の病院情報
  4. ダイエット中の飲み会前後|次の日の対策に失敗すると太る
  5. お風呂ダイエットで効果なしの原因は長風呂かも?
  6. お風呂ダイエットで痩せた 高温反復入浴法
  7. 絶対痩せるダイエットを成功させるには
  8. 8時間ダイエットで今度こそ痩せられる!  *当記事
  9. 肥満(ダイエット) 外来|個人的努力では難しいと思う方
  10. 一番早く痩せるダイエットは何をすればいいか
  11. 本当に効果のあるダイエット運動は何?
  12. 本当に効果のあるダイエット40代の場合
タイトルとURLをコピーしました