ダイエット運動

ダイエットには有酸素運動が不可欠!効果を発揮する10の有酸素運動

ダイエット 有酸素運動ダイエット運動

ダイエットには、食事コントロールと運動が不可欠です。また、運動には無酸素運動と有酸素運動を組み合わせることが効果的です。

無酸素運動とは、筋肉に高い負荷をかけて行う運動で、消費エネルギーも高く、筋肉量を増やす運動です。糖質をエネルギーとしています。筋肉量が増えることで、基礎代謝がアップします。

有酸素運動は、軽度また中程度の負荷の運動を長時間かけて行います。最初は、糖質をエネルギーとして消費しますが、途中から脂肪をエネルギーとし消費するようになります。

当記事では、ダイエットに有効な10種の有酸素運動を紹介しています。

 

スポンサーリンク

ダイエットには有酸素運動が不可欠!効果を発揮する10の有酸素運動

ダイエット 有酸素運動 (1)

有酸素運動は、当記事で紹介する以上にたくさんの種類の運動があります。

今回紹介するのは、中でもダイエット効果のあるおすすめの9つの有酸素運動とその効果、そしてうまくいかない場合の対処について、解説します。

 

ジョギングダイエットで痩せない原因は?時間か距離かスピードが不足

ジョギング ダイエット

世の中に、ジョギングをしている人はたくさんいます。ダイエットを目的に、有酸素運動であるジョギングをしている人も多いでしょう。しかし、中には有酸素運動のやり方を少し間違えているせいで、ダイエット効果を出せないでいる人もいます。

ダイエットの有酸素運動としては運動量が不足している。つまり、有酸素運動として、効果を出すには距離が短すぎるということです。ジョギングでダイエット効果を期待するなら、20分以上はジョギングをする必要があります。20分以内でやめてしまうと、脂肪が燃焼するまでになりませんので、ダイエット効果はあまり期待できません。

ジョギングダイエットで痩せない原因は?
「ジョギングでダイエットしてるのに全然痩せない…」 このように、ジョギングで痩せないで悩んでいる人は結構多いです。 ジョギングは、ダイエットに有効です。 しかし、ジョギングダイエットのやり方を間違っていると、なかな...

 

ダイエットで走る|成功させる効果的な方法

ダイエット 走る

ダイエットで走ることは、かなり効果がありますが、より成功させるには、ポイントがあります。

ダイエットで走るのは有酸素運動としてであり、長距離走として走ることです。短距離を全速で走るような走り方では有酸素運動効果はあまり期待できません。

また、走る前には筋トレを行うことで、有酸素運動で脂肪燃焼がしやすくなります。運動開始直後は、血中の糖質をエネルギーとするからです。血液中の糖質を消費し、血中の脂肪をエネルギーとして使い、その後、内臓脂肪を分解しエネルギーとするように進んでいくからです。

また走る時間帯は、一般的には朝の食事前が良いですが、夕方でも、食事前であれば、同様に効果があります。食事前とは、通常空腹であり、血中の糖質がない状態です。ですので、すぐに血中の脂肪、そして内臓脂肪と運動のためのエネルギーを脂肪分解(燃焼)しやすくなるのです。

ダイエットで走る|成功させる効果的な方法
ダイエットでは走るのが基本ですよね。でも、「走っているのに、なぜか効果が出ない…」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?そんな人でも、実は走ることにちょっとした工夫で痩せられるようになるのです。そこで、ダイエットを走ることで、成功させる

 

 

ランニングダイエットで成功させるには時間・頻度・筋トレが重要

ランニング

ランニングでダイエット効果を得ようとするなら、運動時間と頻度(回数)と筋トレが大事な要素になります。

もちろん、個人差はあるものの、一般論として運動開始直後は、血中の糖質が運動エネルギーに使われます。このときには、血中の脂肪もエネルギーに使われるのですが、内臓脂肪に対して作用し始めるには、時間が必要です。20分ほどかかります。

また、ダイエット効果を得られるには、見合うだけの運動量が必要です。さらに、糖質は1gに4kcalのカロリーがありますが、脂質は1gで9kcalのカロリーをもつとされます。消費の場合に、この数値を換算すると、脂肪を減らすための運動量はかなり多めに必要だということがわかります。

ランニングダイエットで成功させるには時間・頻度・筋トレが重要
カロリー消費を増やすために、ダイエットにランニングを取り入れている人をよく見かけます。 しかし、ランニングをする時間を誤ってしまって、うまく効果に結びつけられていない人が多いのも事実。 つまり、やみくもに走るのではなく、時間を意...

 

 

エアロバイクで効果をだす姿勢は前傾!姿勢と速度

エアロバイク ダイエット

最近は、自宅でもエアロバイクを使う人も増えています。ところが、「なかなか痩せない」と思っている人もいるようです。本来は、痩せやすい有酸素運動の一つのはずなのです。

消費カロリーも、エアロバイクの場合、ウォーキングの倍ほど、消費するのです。体重50kgの人が、ウォーキングで60分運動すると、160kcal消費します。エアロバイクだと、300kcal消費します。

エアロバイクを成功させるには、姿勢と頻度が重要です。エアロバイクに乗ってみると、分かりますが、つい背を伸ばして直立の姿勢をとってしまいそうになります。しかし、それでは下半身だけの運動になってしまいます。

効果的なダイエットを考えるのなら、正しくは、前傾姿勢です。サドルを高めにして、前傾姿勢を作ることが大事です。同じように、べダルをこいでも、前傾姿勢をとることで、全身運動になります。

エアロバイクで効果をだす姿勢は前傾!姿勢と速度
最近ダイエットのために、エアロバイクを使う人が増えています。 いつでも手軽にダイエットができる上、脚痩せも期待できるから。 でも、エアロバイクは本当に期待通りのダイエット効果があるのでしょうか? この記事を読ん...

 

 

有酸素運動|自転車でダイエット!食事コントロールを合わせるのがおすすめ

自転車 ダイエット

自転車で通勤・通学をすれば、自転車に乗ることも、ダイエットに有効な有酸素運動になります。

通勤のついでにできる、有効な有酸素運動ダイエットなのです。と言っても、自転車に乗る距離があまり近すぎるとダイエットの効果は出にくいので、片道5〜10kmほどがちょうど良いです。

毎日の通勤・通学方法を自転車に変えるのが、続けやすくなるので、おすすめなダイエット方法です。片道10kmあると、小一時間かかるはずです。行きと帰りで、2時間近くペダルをこぐことになり、900kcal以上のカロリーを消費できます。毎日続けると、ダイエットが成功に繋がりそうな、有酸素運動になります。

自転車ダイエットで痩せないのは方法に間違いがあるかも?
自転車ダイエットで痩せないのは、自転車を使う方法が間違っている可能性が大です。 30分以上、自転車に乗っているでしょうか。 自転車ダイエットの方法が間違えているのかもしれません。 ダイエットで使う器具の中で、自転車は最も身...

 

 

ダイエットウォーキングで効果をだすポイント|時間・速度・距離

ウォーキング ダイエット

ダイエットを始める時に思い浮かべる運動の筆頭が、ウォーキングです。

もちろん、有酸素運動です。ただし、手軽に始められる分、効果を出すやり方を確認する前に、始めた結果、成果が上がらず途中挫折する人も多いです。効果を出せるために、知識情報を得てから始めることをおすすめします。

最も重要な点は、継続すること、そしてできるだけ毎日やることです。ウォーキングは、体に対する負荷が少ない有酸素運動です。そのため、ダイエットの良い結果が出るまでには、時間がかかる傾向にあります。ウォーキングが、ダイエットの習慣として身につくまでは、何かと理由をつけて、サボりがちになるケースがあります。いつから効果が出るのかは、ウォーキングのスピードや距離・時間、そして食事量も関係しますので、個人差が非常に大きいです。有酸素運動の効果の現れ方は、緩やかだからです。

ダイエットウォーキングで効果をだすポイント|時間・速度・距離
ダイエットのためにウォーキングをしている人はたくさんいます。 しかし、ウォーキングで効果を出すポイントを知らずにやって、失敗している人も結構いるのが現状です。 そこで、こんな悲劇を起こさないために、当記事ではウォーキングでダイエ...

 

 

ウォーキングはダイエットに効果があるのか

ウォーキング ダイエット

ウォーキングの一番の効果は脂肪燃焼です。時速5〜6キロのスピード(早歩きのウォーキング)で、ウォーキングをすると脂肪燃焼の効率一番良いようです。運動量で言えばジョギング・ランニングの方が消費カロリーが増えますが、有酸素運動の脂肪燃焼の効率は、ウォーキングの方が良いようです。

ウォーキングのダイエット効果を得るには、まずウォーキングを習慣にすることです。

ウォーキングはダイエットに効果があるのか
ダイエットの運動といえば、筋トレとウォーキングが、真っ先に思い浮かびます。 当記事では、ウォーキングにフォーカスして紹介します。 どんな効果があって、いつから効果を得られるのか、効果的な正しいウォーキングは何に注意すればいいのか...

 

 

ウォーキングで痩せる理由と痩せない理由

ウォーキング 痩せる (1350 x 650 px)

ウォーキングを始めてみたが、痩せる人がいる一方、なかなかな成果が出ないで困っている人もいます。アルコールのの飲みすぎが原因の場合もあります。他には無意識のうちの間食や、結局甘いものを、食べていることが原因になっている人もいます。

ウォーキングで痩せる理由と痩せない理由
ウォーキングは、脂肪燃焼させられる、ダイエットには有効な方法です。しかし、方法の何かを間違えていて、ウォーキングは痩せないと思っている人もいます。自分のやり方を見直しするきっかけになれば幸いです。

 

ダイエットでヨガの効果がでるまでの期間は?

ヨガ ダイエット

ヨガをやるのでしたら、筋トレと合わせことです。ヨガには、有酸素運動のイメージがあまりないかもしれませんが、やはり有酸素運動の一つです。

しかし、実際にやってみるとわかりますが、ヨガのポーズには普段使わない筋肉を使います。その筋肉の刺激が、基礎代謝をアップさせます。基礎代謝がアップすれば、あなたの体は痩せやすい状態になります。つまり、有効なダイエット方法ということです。

ヨガは痩せやすい体を作ります。筋トレも基礎代謝をアップさせる運動です。ヨガに筋トレを加えれば、さらに痩せやすい体になります。ヨガで使う筋肉と筋トレで使う筋肉は、別の筋肉です。

ダイエットでヨガの効果がでるまでの期間は?
痩せやすい身体って憧れませんか? 「自分は無関係」と諦めないでください。 この記事は、そんな人にこそ見てほしいと思っています。 実は、ヨガでダイエットをすると、痩せやすい体質を作ることができるのです。 しかも...

 

 

水泳ダイエットメニューで効果を出す!痩せないのは・・・

水泳 ダイエット

有酸素運動では、ウォーキングやエアロビクスがよく知られています。

水泳も有酸素運動に含まれます。水泳の消費エネルギーは、想像した通り、消費エネルギーが高いです。平泳ぎでウォーキングの約1.5倍、クロールだと2.5〜3倍ほどにもなります。

水泳は、水の中にいることで、常に水圧がかかっている状態になります。また体温が下がった状態で、エネルギーを消費しますので、消費エネルギーが上がります。つまり、ダイエットに有効ということです。ランニングやジョギングのように、関節や筋肉を痛めるリスクは低いです。

水泳ダイエットメニューで効果を出す!痩せないのは・・・
ダイエットに有効な運動といえば有酸素運動が挙げられます。 有酸素運動には、ウォーキングやサイクリング、エアロビクスがあり、水泳も含まれます。 これらの中でも、水泳は近年ダイエットに有効で、注目を集めているのです。 その理由...

 

 

縄跳びダイエット効果|エア縄跳びも効果あり! いつから?期間は?

ダイエット 縄跳び

こんなに手軽にできるダイエット方法は、他にないかもしれません。その効果は、ランニングやサイクリング・水泳と同等のカロリー消費をします。

ウォーキングと比べると、有酸素運動の効果は約3倍です。ですので、30分間のウォーキングと10分間の縄跳びの消費カロリーは、同等ということです。縄跳びのダイエット効果が出始めるのは、早そうです。毎日、20分以上の縄跳びを続けたとしたら、2週間から3週間で効果が出始めます。

縄跳びは、下半身が中心の運動です。人の体の筋肉量は、下半身に多いです。縄跳びで、下半身の筋肉が増加することになります。筋肉量が増加すると、毎日の消費エネルギーが増えます。基礎代謝が増えるということです。

縄跳びダイエット効果|エア縄跳びも効果あり! いつから?期間は?
ダイエットのために毎日運動をしている人は多いでしょう。 でも、果たして何をしたら効果的なのか悩んでしまいますよね。 そんな人におすすめなのが、縄跳びダイエットです。 手軽なのに高い効果が期待できるのです。 縄跳びも有...

 

 

トランポリンダイエットはつらい!効果的なやり方とデメリット!

トランポリン ダイエット

トランポリンは、単純に言えば、ジャンプするだけの運動です。

実に簡単そうです。ジャンプする部分を捉えると、縄跳びによく似ています。30分のトランポリンをすると、テニスやサッカーをするのと、同じだけのカロリーを消費するというと、驚きですね。

トランポリンは、有酸素運動ですが、同時に、筋肉も鍛えられます。ただジャンプをしているだけでも、効果的ですが、下記のリンクから、トランポリンのやり方も紹介しているので、参考にしてください。

トランポリンダイエットはつらい!効果的なやり方とデメリット!
毎日のダイエットにツライと感じていませんか? 雨の日でも身体が痛くても、ダイエットのために運動をしているという人はいます。 でも、長く続けるのが難しく、挫折してしまっている人は多いです。 そんな人におすすめなのが、トランポ...

 

 

スポンサーリンク

まとめ

有酸素運動には、たくさんの運動があります。

当記事で紹介している以外にも、ダイエットに向いている運動もあるかもしれません。ダイエットをするのでしたら、紹介した有酸素運動と筋トレ(腕立て伏せ・スクワットなど)をすることを合わせることです。さらに、運動をしていることの気の緩みから、食べすぎないように、食事コントロールをすることで、ダイエットを進めることができます。

 

 

 

関連記事

  1. ダイエット効果が高い運動は有酸素運動かジムでトレーナーに
  2. ダイエットには有酸素運動が不可欠!効果を発揮する10の有酸素運動   *当記事
  3. ダイエット運動のおすすめはジムでパーソナルトレーナー
  4. ダイエットの器具とアプリで効果を管理し成功させる
  5. ジョギングダイエットで痩せない原因は?時間か距離かスピードが不足
  6. ダイエットで走る|成功させる効果的な方法
  7. ランニングダイエットで成功させるには時間・頻度・筋トレが重要
  8. エアロバイクで効果をだす姿勢は前傾!姿勢と速度
  9. 自転車ダイエットで痩せないのは方法に間違いがあるかも?
  10. ダイエットウォーキングで効果をだすポイント|時間・速度・距離
  11. ウォーキングで痩せる理由と痩せない理由
  12. ウォーキングはダイエットに効果があるのか
  13. ダイエットでヨガの効果がでるまでの期間は?
  14. 水泳ダイエットメニューで効果を出す!痩せないのは・・・
  15. 縄跳びダイエット効果|エア縄跳びも効果あり! いつから?期間は?
  16. トランポリンダイエットはつらい!効果的なやり方とデメリット!
タイトルとURLをコピーしました