ダイエットの食事

水ダイエットは効果があるのか?期間は いつから?

水 ダイエットダイエットの食事

水を飲むことで痩せる効果があるという「水ダイエット」。

身近にある水を飲むことで痩せる効果があるということを、疑っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、水は身体の約6割を占めているもので、たった数%失うだけでめまいなどの影響が出る程重要なものです。

一方、適切に水分補給をすることで、代謝がアップしたり食事の量を減らしやすくなったりするのです。

この記事では、水を飲むダイエットについてその効果や注意点について解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

水ダイエット効果|水を飲むと代謝がアップする

ダイエット 水

水を飲むと代謝がよくなる効果があるので、水ダイエットは効果的なのです。

 

水ダイエットが効果的なのは|血液には水が必要だから

例えば、血液を作るには水が必要ですが、不足すると血液の巡りが悪くなります。

血液には、全身の細胞に栄養や酸素を供給する役割があるので、血行が悪くなると身体の細胞が十分に機能しなくなります。

すると、代謝が悪くなってエネルギー生産がスムーズにできなくなるので、ダイエットがしにくくなるのです。

一方、水をしっかりと飲むことで血液の循環がよくなる効果があり、身体の細胞が活性化して痩せやすくなるのです。

 

水ダイエットの効果|水を飲むと体温が低下

水を飲むと体温が低下しまいますが、身体は低下した体温を元に戻そうとします。

その際、身体はエネルギーを消費して熱を作るので、水を飲むことは代謝アップの効果が期待できるのです。

通常の水であれば摂取カロリーを増やす心配はない一方、代謝がアップして消費カロリーはしっかりと増えるのでダイエットに効果的なのです。

 

水ダイエットで痩せない人は運動をしていない人

水ダイエットをしてるが痩せない、という人がいます。

それは、「水を飲むだけ」だからです。

水を飲むだけでは、血流が良くなったり、デトックス効果は得られますし、痩せやすい状態になっていきますが、具体的にダイエット効果を得たいと考えるのならば、水を飲むだけでは不十分です。

筋トレで、基礎代謝をあげたり、有酸素運動で脂肪燃焼を進めるなどの運動と併用していかなければ、水ダイエットによるダイエット効果は得られません。

水は薬ではありません。痩せるためのサポートや後押しをするものであって、水を飲むことに、医薬品的な効果があるわけではないからです。

自分自身がダイエットをするという行動をしないと、促進されていきません。

 

 

スポンサーリンク

水ダイエットの効果|食欲を抑えやすくなる

食欲を抑える

水ダイエットの効果は、代謝がよくなる他にも、食欲を抑える効果も期待できる点です。

ダイエットといえば厳しい食事制限がつきもので、湧き起こる食欲と戦ったという方は多いでしょう。

 

水ダイエットの効果を得るには水を小まめに補給すること

水をこまめにしっかりと補給すると、胃を空っぽにしなくなるので、空腹を感じにくくなるのです。

すると、空腹時の早食いによる食べ過ぎやストレスによる過食をしにくくなります。

水ダイエットのポイントは、こまめに水を飲むことで効果が得られやすくなります。

 

水ダイエットの効果を意識するなら、特に食前に飲む

水ダイエットを成功しやすくするコツとしては、食前にしっかりと水を飲むことです。

食前に水を飲むことで空腹感が抑えられるので、早食いの予防となる上に自然と咀嚼(そしゃく)の回数が増えていく効果があります。

噛むことが増えると満腹中枢が刺激されるので、食べ過ぎを抑えやすくなる効果が期待できます。

 

 

スポンサーリンク

水ダイエットで効果が得られる期間は、いつからなのか

水ダイエットで、いつから効果を得られるのかは、個人差があり、諸説あります。

早ければ、1週間。

通常は、1ヶ月ほどが、効果を得られるまでの期間と考えられます。

体内の老廃物や不純物を排出するまでに、必要な期間です。

 

体のむくみがなくなってきたりなどの変化は、もう少し早そうです。

ただし、後述しますが、早くダイエット効果を出したいと考えて、水を飲み過ぎるのは、良くないです。

やり過ぎると、水中毒や不整脈につながるリスクがあります。

水中毒とは、水の過剰摂取で中毒症状を起こすことです。

意識障害や痙攣・嘔吐などを起こし、極端な重症になると死亡する場合もあります。

不整脈は、心臓の脈が一定ではなくなることです。

 

スポンサーリンク

水ダイエットの注意点もある

水 ダイエット

 

こまめに水を飲むことでダイエットは進めやすくなりますが、注意点もあるので紹介します。

 

水ダイエット効果を出すなら食べ物と同時に水をたくさん飲まない

それは、食べ物と一緒に水を飲まないことです。

食前に水を飲むことで、食欲が抑えられる効果があると解説しました。

しかし、食事中に水を飲んで食べ物を流し込んでしまうと、噛む回数を減らしてしまうことになります。噛むことをしなくなり、満腹中枢を刺激しないなら、水を飲むことが過食を招く原因になってしまいます。

食べ物は食べ物だけを、水は水だけを口にするようにしてください。

また「水を1日に2リットル飲む」と考え、食事と同時にたくさん飲むと消化液を薄めたりしてしまい、消化する力が弱くなる可能性があります。

水の飲み方は、こまめに分けて、何度にも分けて飲むことです

 

多すぎの水は逆効果

また、水を飲めば代謝がよくなるからと、必要以上に飲むことも逆効果となってしまいます。

水分は毎日2.5L近く摂取しなければならないといわれています。

この内、食べ物によって0.5~1L補給されるので、水は1.5~2L飲めばよいのです。

しかし、水を飲み過ぎてしまうと、体温が低くなりすぎて代謝を悪くする原因になってしまいます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

水ダイエットは誰でもすぐに始められる健康によいダイエットです。また、水を飲むことで代謝がよくなるので、ダイエットだけでなく美容にも効果的です。

少しの注意点を意識して水ダイエットをすることで、身体は痩せやすい体質に変わっていきます。ダイエットが進まないと悩んでいる方は、毎日適量の水を飲めているか確かめてみてください。そして、適切な運動も。

 

 

関連記事一覧

  1. ダイエット中の飲み物|水・牛乳・青汁・炭酸水・麦茶
  2. 水ダイエットは効果があるのか?期間は いつから?
  3. プロテインがダイエットに向いてる理由とおすすめ! 
  4. 牛乳ダイエットで痩せる理由とレシピ
  5. ダイエット中にポテチ食べたい!青汁を飲んで!
  6. 炭酸水アレンジのダイエットがおすすめ!効果とやり方!
  7. 麦茶ダイエットのデトックス効果!太る説は間違い!
  8. ダイエット中のお酒にはウイスキーがおすすめ!ビール・日本酒は太る
  9. ワインにダイエットの効果!つまみやウイスキーとの関係
タイトルとURLをコピーしました