ダイエットの食事

春雨はダイエットに良くない?不向きな理由は糖質という誤解

ダイエット 春雨ダイエットの食事

ダイエットに向いている食品として春雨を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

うどんは1玉約200グラム当たり約210キロカロリーあるのに対して、春雨は同じ量で約150キロカロリーです。

1食で60キロカロリーも減らせるので、一見ダイエットに向いているように感じます。

しかし、春雨が原因でダイエットに失敗している方もたくさんいらっしゃるのです。

 

この記事で春雨ダイエットのコツがわかれば、成功率を高めることができます。

春雨ダイエットに興味をお持ちの方は、ぜひご一読ください。

 

 

スポンサーリンク

春雨はダイエットに良くない!不向きなのか?

春雨はダイエットに効果的な食材です

春雨がダイエットに良くないとされる理由は、糖質が高いからといわれます。

確かに、乾燥した春雨は、100g中に86.1gの糖質を含んでいますので、白米や食パンに比べて異常に多いことになります。(白米で38.1g、食パンは48.2g)

しかし、実際には、春雨は乾燥したままで食べることはなく、お湯でゆでてから調理し食べるものです。

ゆでた春雨の糖質量は、100g中で19.7gになります。白米や食パンに比べれば、はるかに糖質量が低いということになります。春雨を単体で考えるとむしろダイエットに向いてる食材ということです。

 

実は春雨痩せる食材

春雨には、カロリーについても、糖質についても、どちらかといえば痩せる可能性がある食材ということなのです。

また、GI値も低いため、血糖値は緩やかに上昇する食材に分類されますので、ダイエットに向いている食材と言えます。

更に春雨の食感は、少し歯ごたえもありますので、白米等に比べると、噛むことに意識が向きます。噛むことが増えますと、満腹中枢を刺激してくれるという効果も期待できそうです。

 

 

スポンサーリンク

春雨はダイエットに不向きという誤解|効果的な点を取り入れるレシピ

春雨ダイエットのコツ

前述の通り、春雨はダイエットには、実は向いてる食材といって良い食材です。

低カロリーで、比較的糖質も低めです。

春雨が糖質量が多いのだ、と誤解していた人たちは、恐らく乾燥した春雨の成分表を見て判断してしまったのだと思われます。

ご飯や食パンよりも糖質量は低く、そうめんやうどんよりも糖質量は低い食材なのです(そうめんは25.6g、うどんは21.4g)。

ただし、春雨自体には、味がほとんどありません。その為、調味料や他の食材と合わせて食べるケースが多いです。春雨自体の数値が低くとも、調味料の糖質量を吸い込んでしまうことは考えられます。

 

調味料は意外に糖質が多いのです。100g中の糖質量は以下の通りです。

  1. 砂糖 99g
  2. はちみつ 81.9g
  3. コショウ 66.6g
  4. みりん 43.2g
  5. からし 40.1g
  6. わさび 39.8g
  7. 白味噌 32.3g
  8. 焼肉のタレ 31.9g
  9. ウスターソース 26.7g
  10. ケチャップ 25.9g

1度の料理に使われる調味料の量は微量かも知れませんが、実は意外に糖質量は多いのです。春雨は味付けを吸い込みやすい食材ですから、濃いめの味付けには注意が必要なのです。

 

春雨ダイエットの効果は低カロリー|主食と置き換えるとカロリーカットになる

春雨ダイエットを成功させるポイントは、主食を春雨に置き換えることです。

白米やうどん、パンはすべて糖質の食べ物ですので、これを春雨に変えることで糖質の摂り過ぎを抑えられます。(味付けには注意が必要ですが)

 

冒頭でも少し紹介しましたが、春雨は200グラム150キロカロリーです。

一方、白米なら茶碗1杯140グラム235キロカロリー、うどんは1玉200グラムで210キロカロリー、5枚切り食パンなら1枚72グラム190キロカロリー。

つまり、普段主食として食べているものを春雨に置き換えることで、カロリーを上手にカットできるのです。

 

春雨ダイエットの効果|食物繊維は?

食品標準成分表によれば、春雨の食物繊維量は微量(100g中に1.5g)です。

白米(食物繊維0.5g)と比べれば、やや多いですが、野菜などとは比べるまでもないほどの微量です。

ただ、春雨は単体で食べることは少ないので、野菜などの食物繊維の多い食材と合わせて食べることで、間接的に、食物繊維が多い食事に変わることが出来ます。

 

春雨ダイエットを続ける|レシピや味付けを変える

春雨ダイエットは料理や味付けを変えると、飽きが来なくなり続けやすくなります。

春雨といえばスープやサラダが定番ですが、うどんの代わりやあんかけ、炒め物のかさ増しなどに使えます。

案外知らない使い方がいくつもあるので、味付けや料理に工夫をしてみてください。春雨自体はほとんど無味ですので、味付けがしやすいとも言えます。味付けの工夫次第で、様々な料理に合うように仕上げられると思います。

 

春雨ダイエットはスープで食べる|春雨の効果を活かす

春雨はインスタントのスープでも摂取できます。市販製品に表示されているカロリー表示は当然低い表示をしています。

但し、市販の春雨スープだけを食べるということは、おすすめできません。春雨スープに含まれる春雨の量は少なく、食物繊維の効果で身体に入ってから膨らむというほどでもないからです。

結果、腹持ちが期待したほどよくないため、更に春雨スープを食べてしまったりします。すると、食べ過ぎてしまい、糖質や調味料の取り過ぎも気になります。

ですので、毎日の昼食は、インスタントの春雨スープ。お腹がすいたら、もう1個等という繰り返しをしていると、むしろ太ってしまう可能性もあります。

 

春雨ダイエットのレシピ|飽きずに続ける

春雨の良い点は低カロリーで食物繊維が多いことです。その点を利用して副菜に食べるレシピを紹介します。

ただ、飽きやすいと感じる可能性がありますので、味付けによって、色々な料理に合わせられるように工夫をしてみましょう。

 

春雨ときゅうりとワカメの和え物

材料|緑豆春雨、乾燥カットワカメ、きゅうり、ショウガ、ミョウガ。分量はお好みで。

味付けの調味料|酢、醤油、ごま油、砂糖、中華だし。

 

作り方

1)お湯を沸かす。春雨を入れて3分。ザルに上げて水気を切る。

2)1番のお湯を使って、ワカメも戻しておく。

3)春雨とワカメは、食べやすい大きさにカットしておく。

4)きゅうりは細切りで、ショウガとミョウガは、極細切りで、切っておく。

5)3番と4番をあえて、味付けの調味料を足して、完成。冷蔵庫で冷やしておいても良い。

 

春雨とひじきの梅肉あえ

材料|芽ひじき、春雨、梅肉、青じそ。

味付けの調味料|白いりごま、醤油、みりん、砂糖。

 

作り方

1)ひじきを水で洗ってから、沸騰したお湯に2分つけてザルに上げる。

2)春雨は、沸騰したお湯に入れて3分で、ザルに上げる。

3)青じそを粗めに刻む。

4)梅は種を取って、包丁で細かく切る。梅干しペーストで代用可能。

5)味付けの調味料をボウルで作り、全ての食材を合わせて和える。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

春雨は結果的には、ダイエットに向いている食材です。

ダイエットに不向きであるとされていたのは、乾燥春雨の成分のままで、糖質量を見ていたための誤解でした。白米や食パンよりも、低糖質であり、低カロリーです。

そして、主食として食べるにしても、食物繊維が多い野菜などと合わせて食することで、食物繊維が多い食事に変わることも出来ます。注意が必要とすれば、春雨自体には味がほとんどありませんので、味付けをする際の調味料を多く吸い込んでしまう可能性があることです。調味料の糖質量は意外に高いからです。

うまく調理すれば、春雨は、ダイエット向きの食材になります。

 

 

 

関連記事一覧

タイトルとURLをコピーしました