食べ物食事

うどんがダイエットに不向きなのは低糖質でもGI値が高いから

ダイエット うどん食べ物
スポンサーリンク

うどんは一見低カロリーで低糖質なので、ダイエットに向いてる食材です。

ただ、GI値が高いのです、残念なことに。

GI値が高い食品は、食後にすぐ血糖値が上がってしまいます。

そこさえクリアすれば、ダイエット向きなのですが。

スポンサーリンク

うどんは低カロリー低糖質だがダイエットに不向きかも

うどんを食べてダイエットできるの?

うどんはダイエット的には、残念な食べ物です。カロリーも糖質も、麺類の中で、とても低いからです。低カロリーで低糖質なのに、ダイエットに不向きとされるのは、GI値のせいです。

うどんはダイエットに不向き|低カロリー低糖質だが高GIだから

うどんはすごく、低カロリーであり、低糖質です。

以前の考え方では、ダイエットは、カロリーと糖質で判断されていましたので、うどんはダイエットに良い食品と考えられていました。

しかし、ダイエットの重要ポイントがGI値にあることに、気付かされてから状況は変わりました。

GI値は、簡単に言いますと、太りやすさを示す数値です。数値が60以上で高いほど、太りやすいと考えられています。うどんのGI値は85あり、白米の88と同じくらいです。(数値が高いと食後すぐに血糖値が上がります。上がりすぎると体によくない為、血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。この時、血中の糖質は脂肪に変わります)

白米と比べると、カロリーと糖質量がかなり少ないのが救いです。白米よりはマシということです。

ダイエットに効果的なのは「うどん」よりも「そば」|比較

他の主食の100g当たりのカロリーと糖質・GI値を比べると、以下の通りです。

・ごはん カロリー/約170kcal 糖質/約37g GI値/88
・そば  カロリー/約130kcal 糖質/約24g GI値/54
・食パン カロリー/約260kcal 糖質/約47g GI値/95
・うどん カロリー/約105kcal 糖質/約21g GI値/85

以上の通り、うどんは低カロリーで低糖質だが、食後に血糖値が上がりやすい食べ物ということです。ダイエットに最も向いてる麺類は、見比べて分かりますように、「そば」ということになります。

GI値が55以下の食品を低GI食品といい、60以上になると、血糖値は上がりやすくなり、70以上は高GI食品とされています。

スポンサーリンク

うどんダイエットで低カロリー低糖質の効果を得るには

うどんダイエットの効果を高めるポイント

うどんは高GI食品ですが、低カロリーで低糖質な特徴を持った食べ物です。

この特徴を活かした食べ方を紹介します。

うどんを食べたらすぐに軽い運動をして血糖値を下げる

うどんは、食後に血糖値が上がりやすいことがネックなのです。

ですので、食後の血糖値を下げることをすることで、インスリンの分泌を抑えると、低カロリー低糖質が生かされます。

血糖値を下げる方法は、食後すぐに運動をすることです。一般的には、食後に激しめの運動は良くないとされます。ですので、良い運動はウォーキングや軽めのジョギングです。15〜20分くらい行ってください。

外出が難しいようであれば、家の中でできる簡単な運動でも血糖値を下げられます。以下参照ください。ポイントは筋肉量が多い下半身を動かすことです。

1)椅子に腰掛けて足を伸ばしてください。
2)次に床から足を浮かせて、膝を曲げて自分の体の方へ引き寄せてください。
3)次に、足を空中に上げるように伸ばします。床に下ろします。

初めはちょっとハードに感じるかもしれませんが、血糖値を下げるため頑張りましょう。

3番までの動きを1セットとして、30回繰り返します。

この下半身の筋肉を動かす運動で、血中の糖質量が下がります。

うどんを食べた後の血糖値の上昇を抑えられれば、カロリーと糖質量は低いので、ダイエットの効果が出てきます。

夜ご飯にうどんを食べるとダイエット効果が期待できる

夜ご飯の後は、一般的に静かに過ごすことが多く、数時間後には寝る時間になります。

ですので、夜ご飯の量が多いと寝ている間も内臓は消化を行なっており、睡眠の状態が悪化(睡眠不足)する可能性があります。

うどんは食後の血糖値の上昇を抑えることができれば、糖質量自体が少ないので、夜ご飯に置き換える方法がおすすめです。うどんの他にも、おかずを加えるのはOKですが、天ぷらを足して、天ぷらうどんにするなどは、NGです。

天ぷらは脂質も気になりますが、天ぷらうどんになりますと、一気にカロリーが上がります。うどん1食は、かけうどんであれば、約270kcalほどですが、天ぷらうどんになりますと、500〜800kcalにもなります。(天ぷらの具材で大きく変化)

スポンサーリンク

うどんダイエットのおすすめトッピングとは

うどんのトッピング (1)

うどんダイエットは痩せられますが、続けるならのせるものも大切な要素ですよね。

ここでは、おすすめのトッピングを紹介します。

ワカメ

まずは、ワカメです。

「あの香りがたまらない」こんな人もいるでしょうが、ポイントは腹持ちのよさ。

ワカメは消化スピードが遅いので、お腹に残ってくれるのです。

間食やお腹の空き過ぎを防げるので、有効でしょう。

ササミ

また、ササミも有効です。

ダイエット中はタンパク質の摂取量が減ってしまいがち。

そんなときに鶏のササミは大きな味方になります。

ササミならカロリーを抑えられる一方、動物性タンパク質はしっかりと摂取できます。

スポンサーリンク

まとめ

うどんはダイエットがしやすい食べ物です。

「意外!」そんな風に思った人は、多かったのではないでしょうか。

そうなんです。

あまり知られていませんが、実は痩せている人はよく食べている食べ物なのです。

この記事を参考にして、今までしたことがなかった「うどんダイエット」を実践してみてください。

関連記事一覧

  1. 食事
  2. ダイエットの食事で大切なことはご飯と食べ物の栄養素とおやつ
  3. ダイエット中でも麺類を食べたい!麺の代わり・レシピを紹介
  4. うどんがダイエットに不向きなのは低糖質でもGI値が高いから*当記事
  5. ラーメンがダイエットの敵というのは本当かもしれない
  6. そばダイエットで痩せる!なぜ効果があるのか
  7. そうめんはダイエット向きなのか?気になる糖質とGI値
  8. 春雨はダイエットに良くない不向きな食材であるという間違い
  9. パスタでダイエットをするなら成分を理解し効果を知っておく
タイトルとURLをコピーしました