効果的方法

ダイエットを効果的に!部位ごとに痩せる

ダイエット 効果的効果的
スポンサーリンク

ダイエットを効果的に行うには、体の各部位に、集中して行う考え方があります。

人には、自分の体の気になる部位があるからです。体重だけではなく、気になる体の各部位に注目して、ダイエットを行うのが効果的です。

当記事では、ダイエットの運動および食事について、効果的に行うやり方について解説します。詳しくは、各記事の”読んでみる”からご覧ください。

スポンサーリンク

ダイエットの運動を効果的にするのは各部位に集中するやり方

人は、それぞれに体型の違いもあり、気になる部位にも個人差があります。

気になるそれぞれの部位に合わせて、痩せるやり方を紹介します。

お腹周りのダイエット!まず筋トレそして有酸素運動で脂肪燃焼

お腹周りのダイエットは、食事も重要ですが、やはり運動です。筋トレをして、次に有酸素運動をしましょう。お腹周りの脂肪は燃焼させないと、落ちてくれません。

先に筋トレをするのは、2つ理由があります。ダイエットが進むと一般的に筋肉量が減少しますので、防止する必要があります。次に、有酸素運動で効率よく脂肪燃焼が始まるように、体内の糖質を先に燃焼させる必要があるからです。

スポンサーリンク

ウエストダイエットに短期間集中!男性も痩せたいよね!

ウエスト ダイエット 短期間 男

ウエストのダイエットで、短期間に効果を出したい。そういうときには、腹横筋を鍛えることです。

お腹の側面の筋肉です。インナーマッスルの一つです。腹横筋を鍛えることで、内臓が下方向に下がるのを防いでくれます。

腹横筋を鍛えて、スクワットをするのが、ウエストのダイエットには、有効です。ウエストが細くならない原因は、乱れた食生活と運動不足にあります。ウエストにこだわるのであれば、腹横筋に注目して、トレーニングに励むことです。

ダイエットは目標体重の設定がないと成功しない!

ダイエットは、とにかく痩せれば良い、と考えて、闇雲に行ったり、食事制限だけで、体重を落とすと、逆効果です。ダイエットで、適正な目標設定することは、有効です。

目標なく、ダイエットを行うと、やり過ぎて、リバウンドの原因になってしまうことがあります。1ヶ月に体重の5%を超える体重減少があると、ホメオスタシス機能でダイエット停滞期に入り、痩せにくくなります。

痩せにくく、太りやすい状態になっていますので、ちょっとした食生活の変化で、リバウンドしてしまいます。痩せすぎない程度にダイエットが進んでいく、目標を設定しておくべきです。

スポンサーリンク

下半身ダイエットにはまず筋トレで代謝アップ!サポートにサプリ

ダイエットをするときに、中心となるのは、やはり下半身です。

下半身のダイエットでは、全身の代謝アップがポイントです。下半身に集中したいからと考えても、注目すべきは、体全身の代謝アップです。

運動は、下半身だけではなく、全身運動を意識しましょう。その為には、筋トレで筋肉量を増やす事です。全身を考える場合、体の中の大きな筋肉に注目することです。

お腹痩せるダイエットに効果的なものは?50代や産後・酒太りは

お腹を痩せるダイエットは、年代や性別、産後やお酒太り、などの症状によって、違いがありますが、共通している原因は、食べすぎていることと、体を動かさないことです。

即効性を考えれば、糖質制限や脂質制限という考え方もありますが、まずは食事の全体量を減らすことです。

次に、できれば筋トレとジョギングかウォーキングが、できると良いのですが、難しければ、簡単なストレッチ的な体操でも良いので、毎日少しでも体を動かすことです。

スポンサーリンク

足痩せダイエットは寝ながら出来る簡単な筋トレでも効果がある

足痩せダイエットは、足の筋肉を鍛えるのが近道です。

足に筋肉をつけても、太くなることはありません。マラソンランナーの足の筋肉をイメージして下さい。

自宅でできる簡単な足痩せダイエットは、「寝ながら足を開いて閉じて」が有効です。仰向けに寝て、足を上げて、開いて閉じる。

筋肉には、2種類あります。速筋と遅筋があります。遅筋は肥大化しない筋肉です。マラソンランナーのような、足を目指しましょう。遅筋を鍛えることです。

プチ断食なら、ダイエットに効果的

プチ断食は、その名前の通り、いきなり何日も食べない日常を送るということではありません。数日前から、食事量を減らしていきます。また断食のやり方も、個人によって、違いがあり、本格的な断食よりも、ゆるいやり方です。

水以外には食べないという方もいます。スムージー程度を食べるという方もいます。

やり方は様々です。また断食のペースも、1日食べないのは無理という人は、半日断食というやり方でも、アリです。3日〜7日程度、行うことで、効果が出てきます。

スポンサーリンク

ダイエット中の寝る前|夜ご飯は3時間前に終了する

寝る前 ダイエット

ダイエット中の夜ご飯については、よく言われることです。

寝る前の3時間前には、ご飯を食べる事を終了させましょう。これは、かなり重要な事です。仮に、食べた後、1〜2時間後に寝てしまうと、寝てからも消化器官は動き続けます。

つまり、見かけ上は寝ていても、体内では消化中ですので、熟睡できませんので、睡眠の質は落ちます。睡眠不足は太ります。

また、食後に軽い運動でも体を動かすと、食後の血糖値は下がりますが、寝てしまうと体のエネルギー消費がないので、血糖値はインスリンによって下げられます。そして、このとき糖質は、脂肪に変わります。

スポンサーリンク

ダイエットで即効果を求めるなら30分の運動から

運動には、有酸素運動と無酸素運動があります。

無酸素運動とは、筋トレのことです。筋肉を動かす運動では、糖質を消費します。有酸素運動は、ランニングやウォーキングに代表される、軽度から中度の負荷をかけて、長時間の運動をすることです。

そして、さらに即効性を求めるダイエットで、おすすめは、お風呂ダイエットです。少し熱めの40度以上のお風呂に、つかることです。

長風呂はリスクもありますので、何度か湯船から出入りをし、休憩も含めて、トータル20分ほどで、実はランニングと同程度以上のカロリーを消費します。以上、運動と合わせて、繰り返すことで、即効性のあるダイエットができます。

スポンサーリンク

ダイエット中のご褒美は食べ物以外にするのが効果的!チートデイはコントロールが難しい

ダイエットで、我慢が続いていると、ついつい「たまにはスイーツもいいかな」と思ってしまいます。あるいは、週に1回・2週に1回などと、チートデイを設定する人がいます。

しかし、経験上あまりおすすめは出来ません。ダイエット中は、何らかの食事制限によるコントロールをしていると思います。

人によっては、我慢するストレスが溜まっている人もいると思います。たまにいいかなというご褒美でスイーツを食べるのは、おすすめしません。また、チートデイも逆にストレスを溜める原因になってしまうことになりますので、おすすめしません。ダイエットに挫折してしまいます。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 方法
  2. ダイエットの方法で効果的まとめ|個人によって違う
  3. ダイエットのやり方10選|効果を上げる方法のまとめ
  4. 痩せるダイエット|運動しないで痩せる方法を紹介
  5. 食事制限ダイエット|制限のみでは痩せない(体験談あり)
  6. ダイエットは年齢に合わせた方法で成功する!
  7. ダイエットを効果的に!部位ごとに痩せる *当記事
  8. ダイエットでは記録することが成功のきっかけになる
  9. お腹周りのダイエット!30代も50代も先ず筋トレそして食事
  10. ウエストダイエット男性も痩せる!短期間で細く即効的に
  11. ダイエットは目標体重の設定がないと成功しない!
  12. 下半身痩せるダイエット|筋トレで代謝アップ!サポートにサプリ
  13. お腹痩せるダイエットに効果的なものは?50代や産後・酒太りは
  14. 足痩せダイエットは寝ながら出来る簡単な筋トレでも効果がある
  15. 断食ダイエットのやり方と効果|半日から始めるプチ断食
  16. ダイエットの夜ご飯は寝る前3時間前までに終わらせる!
  17. ダイエットの即効性は30分運動から|消費エネルギー増加!
  18. ダイエット中のご褒美は食べ物以外に!甘いものがよくない理由とは
タイトルとURLをコピーしました