効果的方法

ダイエットは目標体重の設定がないと成功しない!

ダイエット 目標効果的
スポンサーリンク

目標ダイエットの起爆剤になる
・ダイエットで正しい目標の作り方
・ダイエットの目標を達成した自分をイメージする

「今回は絶対に痩せてやる!」こんな気持ちでダイエットを始める方は多いでしょう。

でも、途中でモチベーションが維持できなくて、リタイヤする方も大勢いらっしゃいます。

実は、こんな方に足りないのが「目標」です。

ダイエットは目標を上手に立てられれば、成功させる確率をグッと高められるのです。

この記事を読んでいただければ、ダイエットを続けられて成功率も高められます。

スポンサーリンク

ダイエットは目標体重の設定がないと成功しない

目標はダイエットの起爆剤になる!

ダイエットでは、目標を設定することが最も大切です。

逆にいうと、正しい目標設定ができていないダイエットは、必ずといっていいほど失敗します。

典型的パターンが「できるだけ痩せる」です。

これだとうまくいきません。

例えば、目的地を決めない旅に出発しても、結局どこへも到着できませんよね。

あるいは、ものを作るにしても、完成品がイメージできていなければ、何も作り出せません。

ダイエットも全く同じです。

「自分がなりたい自分」をイメージしたり「いついつまでに〇kg痩せる」と目標を立てたりしなければ、ゴールにはずっと届きません。

つまり、到達点の設定がなければ、ダイエットは成功させられないのです。

また、目標はモチベーションの維持にも有効です。

例えば、目標を達成できれば、気持ちが高ぶりますよね。

すると、「また次も頑張ろう」というようになります。

ダイエットを上手に続けていくには、このように仕掛けが必要です。

目標を立てるということは、大きな起爆剤として作用するのです。

スポンサーリンク

ダイエットでは目標体重になったらどうするかも考えておく

ダイエットの正しい目標の作り方とは

目標を起爆剤にするには、正しく作る必要があります。

ここでは、重要なポイント4つを紹介します。

4つめは、目標体重になったらどうするかも考えておくことです。

これが大事です。

ココが明確になっていないと、リバウンドする可能性が大になります。

ゴールをはっきりとさせる

1つ目は、目標をはっきりとさせることです。

そもそもゴールが曖昧であれば、意味がないですよね。

ダイエットであれば、「いつ」までに「何キロ」痩せるのかを明確にします。

これによって、何をしなければならないのかが決まるのです。[ad]

目標を2つ作る

目標は1つだけでなく、2つ作るとよりよいでしょう。

例えば、最終的に達成したい目標と、通過点の小さな目標です。

最終目標は時間がかかるので、モチベーションの維持が難しくなります。

しかし、小さな目標を設定すると、達成感が得られるのでダイエットが持続させやすくなるのです。

本当の目標は1ヶ月後に2kg痩せる。

そのために毎週500gずつ減らすなどがいいでしょう。[ad]

無理な目標にしない

目標には、無理なものを設定しないようにしてください。

目標は、モチベーションを維持するためのものです。

そのため、はじめからできそうもないものを作ってしまうと、気持ちが続かなくなってしまいます。

ダイエットですぐに失敗してしまうという方は、目標が大きすぎではないですか?

目標体重になったらどうするかも考えておく

目標達成後の次は、必ず自分で設定してください。

目標体重になったら、その後どうしますか?

ココもとても重要です。「習慣になった運動を継続する」のか、「体重何キロを維持する」のか、です。

実は、ダイエットに限らないのですが、一つの目標に向かって努力してきた人が陥るケースです。食事制限などでダイエットした人は、一旦目標を達成すると、次にどうするかを見失って体重が戻ってしまうことがあります。

他人に決めてもらうという方がいらっしゃいますが、それでは動機づけできません。

自分で積極的に決めてこそ、目標の効果が発揮されます。

まず1つめの目標、そして次の大きな目標です。そして達成した後はどうするのか、です。

そうすることで、ダイエットは本格的にスタートしていくのです。

スポンサーリンク

ダイエットの目標達成後の自分をイメージする

ダイエットの目標を達成した自分をイメージする

ダイエットの目標を達成後の自分を、イメージすることも、大切です。

ダイエットってキツイですよね。運動や食事で我慢の連続です。

しかし、物事を達成するためには、わくわくすることが大切です。ダイエットでわくわくするためには…。自分にとっては、何がありますか?

そしてダイエットの目標を達成した後のことをイメージするのです。

個人差はありますが、目標の立て方によっては、結構頑張れる人は多いです。繰り返しですが、問題はその後にやってきます。せっかくダイエットに成功したのに、リバウンドしてしまう人がいます。

短期間で集中的に行うダイエットや、何キロ痩せるという数字に集中したダイエットは、目標達成が見えないうちは頑張れます。目標達成が見えたときや、達成した後に反動が発生します。高い確率で、リバウンドします。

ゆるめの目標設定や、良い習慣として残せる生活習慣を目指したダイエットの方が、達成後のリバウンドリスクはなくなります。

スポンサーリンク

まとめ

ダイエットを始めるなら、目標をしっかりと持って始めてください。

それが成功するかどうかを大きく左右するからです。

そして、それを達成した自分も想像するのです。

目標を設定して、それを達成した自分が想像できれば、ダイエットの半分は終わったようなものですよ。

関連記事

  1. 方法
  2. ダイエットの方法で効果的まとめ|個人によって違う
  3. ダイエットを効果的に!お腹周り・足・男性・体重
  4. ダイエットは目標体重の設定がないと成功しない!   *当記事
  5. お腹周りのダイエット!30代も50代も先ず筋トレそして食事
  6. ウエストダイエット男性も痩せる!短期間で細く即効的に
  7. 下半身痩せるダイエット|筋トレで代謝アップ!サポートにサプリ
  8. お腹痩せるダイエットに効果的なものは?50代や産後・酒太りは
  9. 足痩せダイエットは寝ながら出来る簡単な筋トレでも効果がある
  10. 断食ダイエットのやり方と効果|半日から始めるプチ断食
  11. ダイエットの夜ご飯は寝る前3時間前までに終わらせる!
  12. ダイエットの即効性は30分運動から|消費エネルギー増加!
  13. ダイエット中のご褒美は食べ物以外に!甘いものがよくない理由とは
タイトルとURLをコピーしました