ダイエットの食事

ダイエット中に食べてもいいスイーツって

ダイエット スイーツダイエットの食事

ダイエット中にスイーツって、罪悪感しかないですね。

スイーツといえば、糖質や脂質でできています。糖質も脂質もダイエット中には要注意の存在です。

食べてもいいスイーツがあるのか、深掘りしていきます。

 

スポンサーリンク

ダイエット中に食べてもいいスイーツって

ダイエット スイーツ (1)

人間が食べる3大栄養素のうち、肥満につながりやすいものは、炭水化物と脂質です。

タンパク質も食べすぎて、運動をしないと、筋肉にならず脂肪になるようですが、一番気になるのは、炭水化物と脂質です。

 

炭水化物は、問題の糖質と食物繊維からできています。食物繊維は、体の中に入ると満腹感を感じさせてくれた、体の中をクリーニングしてくれたり、便秘の解消にもなる存在です。

糖質は何に役に立つかと言いますと、分解されて、主に体を動かすエネルギーになります。体を動かすとは、脳を使うこと・内臓を動かすこと・筋肉を動かすことです。そして使いきれなかったエネルギーは脂肪細胞に変わるのです。

ですので、脂質だけが脂肪になるのではなく、糖質(炭水化物)を食べすぎても、運動をするとか、脳をメチャメチャ使う(将棋の棋士のように)などしないと、太る原因になるのです。

糖質といいまして、糖分だけではなく、白米・小麦粉などの炭水化物が、要注意なのです。一般的にスイーツの原料は、炭水化物と糖類(砂糖)と脂質でできているので、スイーツを食べたら、きつめの運動をするか、脳をフル回転して作業をすることがないと、太る原因になるのです。

 

ダイエット中にリスクの少ないスイーツ|市販で買えるおすすめ

世の中には甘いものが好きではない人もいますが、一般的には、スイーツは心を豊かに、幸せな気持ちにしてくれるものです。ですので、好きな方にとって、食べないという選択はないと思います。

でもなるべくなら、太るリスクが数ないスイーツを選びたいですね。当然、低糖質・低カロリー・低GI・低脂質が、市販品の中から選ぶ基準となります。(低GIとは食べた後で血糖値が上がりにくいという数値)GI値が低い食べ物は、食後の急激な血糖値の上昇を抑えてくれます。血糖値が上昇しやすいと、脂肪に変わりやすいのだと覚えておきましょう。目安はGI値55以下がおすすめです。

 

ダイエット中のスイーツ チョコレートを選ぶなら

チョコレートは、チョコレートダイエットという方法もあり、ハイカカオチョコレートを食前に、一日50g程度を上限に毎日食べるという方法があります。チョコレートは低糖質ではありませんが、ハイカカオチョコは、チョコレートの中では比較的糖質が低く、何よりもGI値が非常に低いことが魅力です。(ミルクチョコは、高GIです)

食事前のお腹が空いた状態というのは、血糖値が下がっている状態です。チョコレートを少しだけ食べると、血糖値が上がり、カカオ成分のテオブロミンが食欲を抑えてくれます。

ダイエット中の方なら、チョコレートは、種類を選び、タイミングを選べば、むしろダイエット中には歓迎すべきスイーツになります。(ミルクチョコは、高GIで、高糖質なので、ダイエット中には禁止すべき)

ハイカカオチョコで有名なチョコレート効果と砂糖不使用のドクターズチョコレートを紹介します。

 

ダイエット中のスイーツ ケーキ

ショートケーキなどは、砂糖と小麦粉と乳製品という原料から、ダイエットにはほとんど向いていないスイーツです。

糖類(砂糖)が多く使われており、スポンジの原料には小麦粉を使い、クリームには乳製品を使い、炭水化物と糖質が多く、脂質も多いという、ダイエットにはとてもリスクのなるスイーツです。

 

地域をネット検索すると、「低糖質スイーツ専門店」が見つかります。(場所によりますが)材料や作り方に工夫をして、低糖質なスイーツを製造販売しているお店が見つかるはずです。

「罪悪感なく、満足感たっぷりで食べられました」なんていう声もあります。糖質量が表示されていて、選びやすくなっています。

実は現代人の肥満の原因は糖質(炭水化物)の食べ過ぎであることが、厚生労働省の「国民健康・栄養調査報告」で示されているデータでその傾向がわかります。

 

ダイエット中のスイーツ  和菓子

ケーキに対して、和菓子は、スイーツのイメージが若々しい感じがしないかもしれません。たしかに、和菓子の専門店のほとんどは、落ち着いた雰囲気のお店が多いですし、客層の年齢も高いのかもしれません。

しかし、ダイエットに関して考えてみると、和菓子は、洋菓子よりもかなりダイエット向きであるとわかります。糖質量に関しては、実は和菓子のほうが洋菓子よりも多いです。

そして最も差があるのが、脂質とカロリーです。こちらは、洋菓子がとても多いです。脂質に関しては、和菓子の場合、0gに近いのですが、洋菓子にはかなり含まれています。その分、カロリーも高くなります。

 

糖質にもカロリーはありますが、1gの糖質には含まれるカロリーは4kcalですが、脂質1gには9kcal含まれていますので、脂質には糖質の2.25倍のカロリーがあるとわかります。

糖質オフ生活をしている方は、洋菓子も和菓子も食べるのが厳しいですが、ダイエットで肥満解消を目指しているなら、洋菓子よりも和菓子を選ぶほうが、多少ヘルシーかもしれません

ただし、通常の食べ物との比較からすると、洋菓子も和菓子も糖質はかなり多いですし、和菓子のカロリーも少ないとは言い切れません。食べるのは、少量に抑えておくのが懸命です。

 

ダイエット中のスイーツ コンビニや通販、お取り寄せするなら

セブンイレブンやローソンなどでは、「低糖質」「低カロリー」を前面に表示しているスイーツで溢れています。選ぶコツとしては、低糖質・低カロリーの言葉に惑わされずに、成分表示をきちんと確認することです。

なぜなら、実に多くの表現があるからです。例えば、糖類ゼロ、糖類オフ、砂糖不使用、などとありますが、糖質が0gとは限らないからです。

 

 

 

関連記事

  1. ダイエットの食事で大切なことはご飯と食べ物の栄養素とおやつ
  2. ダイエットのおやつ|コンビニで セブンでチーズとナッツ他
  3. ダイエット中に食べてもいいスイーツって    *当記事
  4. ダイエットでチョコレートを食べていい?むしろダイエット効果
  5. ダイエット中のお菓子はガマンではなく食べていいお菓子を選ぶ
  6. ダイエットにヨーグルトがおすすめな理由と食べ方!
  7. ギリシャ ヨーグルトダイエットは痩せる
  8. ヨーグルトダイエットのおすすめ|選び方の基本
タイトルとURLをコピーしました