マイクポップコーンダイエットで痩せた!自作すればさらに効果!

ダイエット ポップコーン

塩気が効いていて、おいしいポップコーン。

映画館などでは、大きなコップに溢れんばかりに入っています。

これを見ると、カロリーが高くてダイエットには不向きと感じてしまいます。

ところが、マドンナも成功したように、ポップコーンはダイエットに最適な食品なのです。

この記事を読んでいただければ、ポップコーンダイエットが成功しやすくなります。

目次

ポップコーンダイエットの効果は

ポップコーンは、そもそもダイエットに向いてるのか?

どんな効果があるのか?

ポップコーンには食物繊維が豊富|便秘解消する作用

ポップコーンの食物繊維は、不溶性食物繊維です。

不溶性食物繊維は、体の中で、水分を吸収して膨らみます。

すると、腸の中でぜんどう運動を活発化する働きをしてくれます。

その結果、便秘解消をしてくれる働きが期待できるのです。

ダイエット中には、食事制限などで、便秘になる可能性が高くなりますが、ポップコーンを食べると、便秘防止になるということです。

便秘をしなくなると、老廃物が体外に排出されやすくなり、ダイエットが進みます。

ポップコーンのポリフェノールには抗酸化作用

さらに、抗酸化作用があるポリフェノール(フェルラ酸)も含まれているのです。

抗酸化作用があると、血管の酸化が抑えられるので、血行がよくなります。

血行がよくなると代謝がアップするので、エネルギー消費量が増えます。

つまり、痩せやすい身体になるのです。

また、抗酸化作用で活性酸素を抑えるということは、肌のシミやしわ・肌荒れなどの老化現象を抑えることにもつながります。

ポップコーンダイエットで痩せる効果を期待するなら自作がおすすめ

ポップコーンダイエット自作がいい

ポップコーンはダイエットに向いてます。

市販のポップコーンでも悪くはありませんが、油分が多いので、自作のポップコーンがお勧めです。

また、キャラメルなどでコーティングされたポップコーンはとてもおいしいですが、ダイエットにはNGです。

ポップコーンメーカーを購入した後は、ポップコーンの素も非常に低価格ですし、本当に経済的なダイエット食品です。

鍋やフライパンで小さくする方法もあります。

しかし最後のほうは焦げ付いてしまったりしますね

ポップコーンメーカーを利用すると、最後まで焦げ付くことがありません。

ポップコーンがダイエットに向いているのは、食物繊維が豊富であること、ポリフェノール・ビタミンE・ビタミンB6が含まれていることです。

そのほかにも、亜鉛や鉄・リン・カリウムなどのミネラルが含まれています。

市販のポップコーンでも悪くありませんが、自作のポップコーンだと、塩分と脂質をコントロールできます。

自作ポップコーンは、基本的に味はプレーンなので、自分で味付けの工夫もできます。

市販のポップコーンは、美味しいと感じるのは、味が濃いことと油分が強いことがマイナス。

特に、キャラメルやチョコレートでコーティングされたポップコーンは、とてもおいしいですが、ダイエットにはNGです。

マイクポップコーンダイエット|市販品でも効果はあるが糖質に注意

ポップコーン ダイエット 作る

マイクポップコーンなど、市販のポップコーンでもダイエット効果はあります。

例えば、ポテトチップスと比べると、よくわかります。

マイクポップコーンダイエット|ポテトチップスと成分を比べると低糖質というほどではないので、夜寝る前に食べるのは注意

ポップコーンとポテトチップスでは、ポップコーンがすごくヘルシーに感じているとしたら、ちょっと待ってください。

成分によっては、注意が必要なのです。

比べるのは、マイクのポップコーン(1袋50g)とカルビーのポテトチップスうすしお(1袋60g)です。(メーカー成分表示を参照)

カロリーでは

  • マイクポップコーン 241kcal
  • ポテトチップス   336kcal

炭水化物では

  • マイクポップコーン 30.9g(糖質26.1g、食物繊維4.8g)
  • ポテトチップス   32.3g(糖質30.3g、食物繊維2.0g)

脂質

  • マイクポップコーン 12.2g
  • ポテトチップス   21.6g

マイクポップコーンは、食物繊維が多くて、低カロリーで低脂質であるとわかります。

ただし、糖質自体は、そこまで低くはないことがわかります。

ですから、夜寝る前に、マイクポップコーンを食べるのなら、量に注意するべきです。

糖質が消化されないと、脂肪になりやすいですから。

コストコの自社ブランド|カークランドのポップコーンでダイエットするなら脂質に注意

コストコの自社ブランドの「カークランドポップコーン」は、コスパがすごいです。

44袋入って1,868円です。

1袋93.5gで、約42円の計算になります。

安いです。

気になる成分は、1袋93.5gで、カロリーが484kcal、脂質が31.6gです。(糖質は未記載です)

マイクポップコーンが1袋50gなので、カークランドポップコーンは、2人分の分量と考えると、1人あたりのカロリーは242kcalで、脂質は15.8gとなります。

カークランドポップコーンの方が、脂質が多いことに注意です。

コスパ最高ですが、脂質に注意、ということです。

余談|マドンナもポップコーンでダイエット

実際、マドンナさんはポップコーンでダイエットに活用して激やせして話題になりました。

情報によりますと、ダイエット前のウエスト75cmが、58cmまで、ダウンしたとのこと。

恐らく、筋トレや有酸素運動も行って、サイズダウンできたものと思いますが、ポップコーンダイエットの効果を強く感じさせるものです。

ポップコーンダイエットの方法は?

ポップコーン ダイエット 作る

ポップコーンダイエットの方法は大きく2つあります。

ポップコーンダイエット|おやつとして食べる方法

今までチョコレートやスナック菓子を食べていたなら、それらをポップコーンにするのです。

カロリー摂取量を抑えられるので、効果的ですよ。

また、空腹感もなくなるので、ダラダラ食べることもなくなります。

1回のおやつを減らしても、何度も食べていたら結局高カロリーになってしまいます。

ポップコーンは満腹感があって「食べ過ぎた…」がなくなるので、ダイエットできるのです。

ポップコーンダイエット中|他のご飯と置き換える方法で糖質も減らせる。

ポップコーン1袋を1食として、1日1食を置き換える方法があります。

すると、カロリー摂取量はなんと、1食当たり250kcal程度にできるのです。

かなりのカロリーオフになります。

ダイエット中の人なら、毎食カロリー計算をして、600kcalくらいに抑えていることでしょう。

どんなに工夫してカロリー計算をしても、250kcalという数字にはなかなか抑えられません。

ところが、ポップコーンなら、500kcalどころか、その半分にできます。

糖質は、市販1袋サイズ50g位で換算すると、25gです。

白いご飯に換算すると、約半分です。

つまり白いご飯茶碗1杯の糖質量(55g)と、ポップコーン2袋分とほぼ同じです。

ですので、3食のうちの1食を、ご飯などと、ダイエット中の置き換えができると、大きなダイエット効果が期待できます。

ただ、置き換えの場合、日常生活に必要な栄養素を、他の食事でカバーしないといけません。

また、1食の置き換えを続けると、急激な減量となり、停滞期やリバウンドの不安が高まりますので、おやつをポップコーンにする方法の方が、おすすめです。

ポップコーンダイエットでおすすめは自作することで脂質を減らす|ポップコーンはダイエットにいい

ポップコーン ダイエット 作る

ポップコーンでダイエットを本気でしたいなら、ポップコーンメーカーがおすすめです。

さらに脂質を減らすことができます。

油を使うなら、体に良いオリーブオイルで味付けしましょう。

ポップコーンダイエット自分で作るなら、オリーブオイルで味付けがおすすめ

ダイエットをするなら、当然プレーンやうす塩味がいいでしょう。

しかし、市販のものはたくさん油が使われていて、ベストとはいえません。

ところが、ポップコーンメーカーで自分で作れば、余分な脂質を抑えられるのです。

つまり、よりダイエット効果を高められるのです。

かかるお金は、最初のコーヒーメーカー代金とポップコーンの素(数百円で、500g~1kg)も非常に安いものです。

安いものなら数千円で購入できます。

「今度こそは痩せる!」その勢いで、ポップコーンメーカーを買ってみてはいかがでしょうか。

自作ポップコーンの味は、そのままのプレーンだと、ほとんど味気ないものです。

味付けでお勧めするのは、オリーブオイルに塩をプラスなどです。

オリーブオイルには、不飽和脂肪酸が多く、ポリフェノールも含まれています。

不飽和脂肪酸は、体にいい脂と言われています。

オリーブオイルは、オメガ9系脂肪酸で、悪玉コレステロールの濃度を下げると言われます。

まとめ

ポップコーンならダイエットが効果的にできます。

しかも、それ程お金をかけることなくできるので、皆さんにおすすめの方法です。

「映画館でしか食べない」とい人も、ダイエットのために、ポップコーンを食べてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 食事
  2. ダイエットの食事で大切なことはご飯と食べ物の栄養素とおやつ
  3. ダイエット中の間食に食べていい食べ物
  4. ダイエット中に食べていいスイーツって何
  5. ダイエットでチョコレートを食べていい?むしろダイエット効果
  6. ダイエット中のお菓子はガマンではなく食べていいお菓子を選ぶ
  7. 寒天ゼリーはダイエット中にOK!市販ゼリーもおすすめ
  8. ソイジョイはダイエットにおすすめ!一本満足バーとどっちがいい
  9. ダイエットに向いてるおつまみと向いてないおつまみ
  10. 寝る前に飴は太る!噛むのは太るかも!ダイエットなら舐める
  11. ダイエット中の筋トレのおやつにはグミがおすすめ!痩せるグミを間食に
  12. ダイエット中におすすめは和菓子!やり方は?
  13. ギリシャヨーグルトダイエットは痩せる
  14. ヨーグルトダイエットのおすすめ|選び方の基本
  15. ダイエットにヨーグルトがおすすめな理由と食べ方!
  16. 乳酸菌ダイエットで痩せる?サプリメントの効果は?
  17. マイクポップコーンダイエットで痩せた!自作すればさらに効果! *当記事
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次