食事おやつ

ギリシャヨーグルトダイエットは痩せる

ギリシャヨーグルト ダイエット食事

世界各地では、それぞれに独自のヨーグルトが伝承し、作られています。

その中で、近年注目され、ダイエットにも効果があるとされるギリシャヨーグルトを使って行うギリシャヨーグルトダイエットに関する情報について紹介いたします。

 

スポンサーリンク

ギリシャヨーグルトダイエットは痩せる

ギリシャヨーグルトは、地中海や東ヨーロッパでも食べられているヨーグルトです。日本のヨーグルトとは少し感じが違います。

ホエイ(乳清)などの水分が除かれていて、まるで柔らかいチーズのような印象の食感が特徴です。ただただクリーミーという感じです。

 

ギリシャヨーグルトのダイエット効果は期待していいのか

基本的に、構成されている成分については、一般のヨーグルトと同じです。

ただ成分割合はかなり違いがあります。タンパク質が約3倍程度含まれています。この点以外には成分に関する違いはありません。

同じように、タンパク質以外の成分の乳酸菌やカルシウム、そしてビタミンB1とビタミンB2も同じように含まれています。

 

ギリシャヨーグルトのダイエット効果は期待していい

ダイエット効果に関しては、タンパク質が多いということは、プロテインなどを飲んでいるユーザーからも引き合いがあると思います。

また、ヨーグルトの乳酸菌は、腸内では善玉菌として、腸内環境を良くする働き(ダイエットにとってとても大事)があります。

カルシウムといえば、骨や歯ということになりますが、実は体の中にカルシウムが不足すると脂肪を溜めやすくなってしまうという弊害もあります。

 

ビタミンB1とB2には、タンパク質、脂質、糖質の代謝をサポートする働きがあります。

代謝とは、栄養素を分解して、筋肉や脳や内臓が動くためのエネルギーを作る体内で起こる化学反応の一つです。

日本のヨーグルトばかりを食べてきている日本のユーザーは、もしかすると、これはヨーグルトじゃない、というかもしれません。

しかし、ダイエットについて、考えると、日本人の食生活で、タンパク質は不足傾向にあります。ヨーグルトだけで、タンパク質を多く食べられることは、とてもありがたいことです。

 

ギリシャヨーグルトのダイエットのやり方

ギリシャヨーグルト ダイエット (1)

一般的にヨーグルトのダイエット効果では、乳酸菌の働きを期待して食べます。腸内環境に善玉菌が増える環境を作ることで、便秘の改善など、ダイエットにつながる効果があるからです。

ギリシャヨーグルトでは、腸内環境改善のダイエット効果に加えて、タンパク質を一緒に摂取できるのが、良いところです。ダイエット中にはタンパク質を今までよりも多く食べておきたいのですから、別に1品を増やすのではなく、ヨーグルトをギリシャヨーグルトに変えればいいということになります。

 

ダイエットには朝食にギリシャヨーグルト|夜にも暖めて食べる

ギリシャヨーグルトのダイエットのやり方としては、基本的にヨーグルトダイエットと同じです。

効果的なやり方は、朝ご飯に食べることと、夜には温めて食べることです。夜のヨーグルトを食べるには少しだけ注意が必要です。時間と暖めすぎです。やはり寝る前3時間は食べないほうが良いので、その前に食べましょう。

温める温度の目安は、一肌程度です。100gのギリシャヨーグルトを電子レンジで500Wにして1分で良いです。(40度前後)温めすぎると、乳酸菌が死滅してしまうので要注意です。

夜のヨーグルトは、腸内環境を活性化させるだけではなく、睡眠に対しても睡眠の質を上げてくれます。睡眠不足はダイエットの大敵です。質の悪い睡眠とは、夜中に何度も目が覚めるなどです。

 

ギリシャヨーグルトダイエットで食べる量

ギリシャヨーグルトの栄養成分を改めて検証すると、改めて検証すると、三大栄養素がきちんと入っていることに、ある意味驚きます。(オイコスとトップバリュ製品には脂質はありません)

嫌われがちの脂質も食べないと肌荒れなど起こしてしまいますから、食べないわけにはいかないのです。もちろん、ギリシャヨーグルトだけで、3食を食べるなんてことは、現実的にはあり得ないですが、毎回の食事の軸にして食べて良いのだと思います。

 

気になるには、1日にどのくらい食べると効果的なのかということです。口コミの情報を調査していくと色々な方がいます。基本的には食事についてのことですので、個人の体格や年齢等にもよると思います。実例としては、朝に200g・昼に200g・夜に100gを食べて、2ヶ月で6kg痩せたというケースもあります。

 

ギリシャヨーグルト痩せるのは乳酸菌とタンパク質

一般的なヨーグルトにもタンパク質は入っています。

明治のブルガリアヨーグルトには、100g中に3.6gのタンパク質が入っています。

 

ギリシャヨーグルトのタンパク質の量

ギリシャヨーグルトでは、1歩先んじている感がある森永のパルテノは10.2gです。ダノンのオイコスは12g、トップバリュのギリシャヨーグルトは11.9gです。

いずれも約3倍ほどのタンパク質を含んでいます。

ダイエットをするには、食事と運動が大事なことは誰もが知っていることです。そして、栄養素では糖質を減らす、ということもよく知られていますが、同じくらいに重要なのが、タンパク質なのです。

 

ダイエットにタンパク質が必要な理由

糖質を減らす食事をしていく中で、基礎代謝が減少傾向になるのが、一般的な傾向です。基礎代謝は少なくとも維持するかできればアップさせたいのが、ダイエットを成功させるポイントです。そのためには、筋トレとタンパク質が必要です。

筋トレといいましても、ベンチプレスで何キロ上げるということではなく、自宅で毎日スクワットを10回〜20回やるだけでも、何もしないよりはるかに効果があります。そしてタンパク質を食べることが必要になります。

ただし、注意点として、何の運動もせずに、現在の食事内容にタンパク質を追加するだけと、太ります。現在の食事内容から糖質を減らし、タンパク質を追加するということです。

 

乳酸菌が腸内環境を良くしてくれて、便秘が解消し、ダイエットにも好影響することはすでに知られています。ギリシャヨーグルトを食べると、タンパク質の作用が追加されるのです。ダイエットが加速するはずです。

 

ギリシャヨーグルトでダイエットするにはレシピの工夫が重要

世の中の置き換えダイエットが続かない理由は、どんなに健康に良くても、癖があったり、味が単調であったり、することで飽きてしまい、そのうちに、口にするのも嫌な感じになってしまうことです。

ギリシャヨーグルトだけで、食べ続けるのは、個人差はあると思いますが、やはり遠からず飽きてしまいます。ですので、飽きずに食べ続けられる味変化やレシピが必要です。

糖分に注意した上で、ハチミツやメイプルシロップを加えるだけでも、大丈夫という人もいると思いますし、それでは続かないという人は、森永が提供しているパルテノを使ったレシピを参考にしてみてください。

続けることがダイエットで最も重要なことです。

 

 

 

関連記事

  1. ダイエットの食事で大切なことはご飯と食べ物の栄養素とおやつ
  2. ダイエットのおやつ|コンビニで セブンでチーズとナッツ他
  3. ダイエット中に食べてもいいスイーツって
  4. ダイエットでチョコレートを食べていい?むしろダイエット効果
  5. ダイエット中のお菓子はガマンではなく食べていいお菓子を選ぶ
  6. ダイエットにヨーグルトがおすすめな理由と食べ方!
  7. ギリシャ ヨーグルトダイエットは痩せる*当記事
  8. ヨーグルトダイエットのおすすめ|選び方の基本
タイトルとURLをコピーしました