副作用成功

ダイエットで肌荒れ!原因は脂質不足と腸内環境に問題

ダイエット 空腹 (1)副作用
「ダイエットをしているとなぜか肌荒れが気になりだす」そんなことありませんか?

ダイエットと肌荒れはあまり関係がなさそうですが、実は大いにあるのです。

ダイエット中は生活が今までと変わるので、肌にも影響が出やすいのです。

ダイエット中の肌荒れが気になる方は、この記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイエットで肌荒れ!原因は脂質不足と腸内環境に問題

ダイエット中は肌荒れが起こりやすいの?

ダイエットをすると肌荒れになるリスクが格段に上がっちゃいます。

食事制限をしていることで、水分不足・脂質不足・ビタミン不足になったりすることで、肌に影響が出ている可能性があります。

また、食物繊維が減ることで便秘になり、その影響もありますし、もしかすると睡眠不足の影響もあるかもしれません。

ダイエットの肌荒れとニキビ

肌荒れの理由の1つは栄養が偏るから。

ダイエットをすると今までの食生活でなくなって、栄養バランスが崩れてしまいがちです。すると、肌のダメージが回復できずに、荒れ放題になってしまうのです。

また、「私はニキビの原因になる糖質や脂質を抑えているから、栄養の方よりは肌荒れと関係ない」と思っている方がいます。

しかし、ニキビは糖質や脂質の過剰摂取が唯一の原因ではありません。身体から老廃物を追い出してくれる食物繊維の摂取量が少ないと、悪いものが溜まってニキビなどの吹き出物となっていることも考えられます。

三大栄養素と言われる、炭水化物・タンパク質・脂質があります。さらに、ミネラルとビタミンを加えた、五大栄養素と言われる栄養が不足していたり、過剰だったりすることで、紙質や肌質に悪い影響が出ます。

ですので、単純に何かを食べる量を制限するというやり方ではなく、必要な栄養素の1日の必要量を意識して、食事コントロールすることをお勧めします。当然、年齢や体格差・性別・日中の活動量によって、栄養素の必要には、差があります。

詳しくは、厚生労働省のホームページにありますが、流石に詳細に記載されていてわかりにくいので、要点をいかに紹介します。

 

過剰に脂質を取らなすぎ!

ダイエットといえば、糖質や脂質を取らないことを優先します。しかし、何事もやり過ぎは、悪い結果になってしまいます。

特に脂質は、美容を考える時、必要な栄養素です。脂質カットをやりすぎると、皮膚を守っている皮脂の分泌量が減ってしまいます。

皮脂は、実は外部からの刺激に対して、守るだけではなく、体内の水分が皮膚から蒸発していくのを防いでくれています。肌荒れの一つには、皮膚の水分量が現象することがあるのですから、皮脂の分泌が不足していることがあります。

もちろん、だからといって、脂質をどんどん食べてしまえば、脂肪が増えることになります。でも、やりすぎには、注意です。

 

ダイエット中の肌荒れはサプリでは防止できない

様々なサプリが販売されていますが、明確に、肌荒れに対しての改善が認められているサプリは、見当たりません。

サプリは、偏った食生活を、補助するものとして選ぶのは、ありだと思います。

ただそれでも、根本的な解決にはならないです。

肌荒れをきちんと改善するには、食事自体を見直す必要があります。

 

ダイエットの肌荒れ対策の食べ物は

炭水化物抜きダイエットで、肌荒れを起こしてしまっている方ならば、食物繊維不足が原因となっている可能性が考えられます。

ですので、炭水化物抜きダイエットを続けた上での対策としては、ビタミンを含んだ総合的な食事バランスが必要ですが、食物繊維を意識的に取る食事をすることが対策になります。

食物繊維を多く含んだ食品は、次の通りです。

・穀物類・・・玄米や麦飯です。(糖質も含んでいますが、豊富な食物繊維が有効です。)

・豆類・・・煮豆・納豆など。

・芋・・・サツマイモや里芋(さつまいもは、糖分も多いので、食べ過ぎは注意です。

・野菜・・・たくさんありますが、ゴボウなどの根菜が良いです。キャベツや白菜も良いです。

・果物・・・ほとんどの果物に食物繊維は豊富ですが、糖質も多いので、朝と昼に食べるのが良いです。夜は、避けた方が良いです。

・キノコ類・・・椎茸・しめじなど

・海藻・・・ワカメもおすすめです。

 

スポンサーリンク

ダイエットの肌荒れ対策は栄養バランスが取れた食事と腸内環境を整えること

食事を見直して

肌荒れをしないダイエットをするためには、断食や偏食などの過剰な食生活を見直してください。

 

ダイエットの肌荒れ防止にはバランス良い食事|ビタミンが大事

まずは、毎日3食しっかりと食べて、栄養をしっかりと摂取するようにしましょう。

特定の栄養が不足すると、肌荒れが起こりやすくなるのです。

例えば、ビタミンB2は脂質の代謝をサポートする働きの他に、皮膚の細胞の合成を助ける役割もあります。

そのため、ビタミンB2が少なくなると肌の再生がスムーズにできないので、肌荒れを起こしてしまうのです。

ビタミンB2はレバーや牛乳、卵などに多く含まれていますので、毎日どれかを口にしましょう。

また、ビタミンCも大切。

ビタミンCは肌をキレイに保つ他に、ストレスに対抗する働きもあるので、美肌のままダイエットしたいなら欠かせない成分です。

果物や野菜を積極的に食べ、どうしても足りないときは、サプリメントも利用すとよいでしょう。

 

ダイエットの肌荒れには食べ物が大事|たんぱく質も重要な栄養素

たんぱく質も重要な栄養です。

たんぱく質は身体の細胞を作っているもとなので、不足すると肌も作られなくなります。

極端な話し、不足すると修正できずに手つかずの荒れ放題状態になるのです。

身体が肌の手入れ(再生)をできるように、しっかりと摂取しましょう。

たんぱく質は肉や魚、大豆などから摂取できます。

脂質の摂り過ぎを抑えながら、たんぱく質を摂取するようにしてください。

ちなみに、たんぱく質はダイエットするのにも必要な成分です。

たんぱく質は筋肉を作りますが、筋肉は消費エネルギーが多いのでダイエットにも有効なのです。

 

炭水化物ダイエットは腸内環境を悪化させた原因かもしれない

炭水化物ダイエットは、糖質制限が目的のはずですが、同時に食物繊維の制限もしていることになります。炭水化物は、糖質と食物繊維でできています。

糖質制限をして、食物繊維不足になっているのです。食物繊維には水溶性と不溶性の2種類あり、1つには糖質の吸収を抑える効果があります。もう一つには、水分を含むことで膨らみ、腸のぜんどう運動を刺激して、便秘を解消してくれます。

便秘が続いてしまうと、栄養の吸収が不完全になることや、老廃物の排出がうまくできなくなります。それが肌荒れにも関係するのです。

ですので、炭水化物ダイエットをするのであれば、代わりに不足する食物繊維を意識して食べる必要があるのです。

食物繊維を多く含む食品といえば、玄米・豆類・野菜・果物・キノコ・海藻、などです。これらの食材を食べるということです。

また腸内環境を良くすることも、便秘解消になりますので、乳酸菌を食べることも良い方法です。

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. ダイエットの成功には停滞期や副作用のことを知る必要がある
  2. ダイエットの副作用?サイン?頭痛・肌荒れ・筋肉痛・眠い・下痢
  3. ダイエットで頭痛!糖質制限中のケトンのせい?治し方は?
  4. ダイエットで肌荒れ!治るには食べ物を改善    *当記事
  5. ダイエットで筋肉痛|効いてる痩せてる証拠!ストレッチすると楽に
  6. ダイエット中の下痢で痩せる?脂肪が減って水分も減少してしまう!
  7. ダイエット中に始めてから眠い!減量中に眠いは糖質制限のやり過ぎ
  8. ダイエットをすると便秘になる?原因と対策
  9. ダイエットで空腹を紛らわす方法と食べ物
  10. ダイエットは便秘を解消しないと痩せない
  11. ダイエット中の立ちくらみ・めまいは低血糖かカロリー不足
タイトルとURLをコピーしました