ダイエットの成功

ダイエットに疲れた時!運動できない痩せない?停滞期か食事制限に原因

ダイエット 疲れたダイエットの成功

ダイエットで疲れた時って、よくあります。

なかなか痩せないし、もう疲れた、という感じになりますね。

ダイエット中には、いろいろな我慢や無理をするので、当然ですよね。

ただ、ダイエットで成功する人はここで上手に対処して、ダイエットをうまくするのです。

この記事を読んでいただければ、ダイエット中の疲れを上手に対処できるようになりますよ。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットに疲れた時!痩せない。知恵袋の声からも

ダイエット 疲れた時

 

ダイエットに疲れた時があっても大丈夫です。

順調に痩せていれば、そんなことも考えないのだと思います。

しかし、なかなか痩せないです。

ダイエットに疲れた時、すなわち「失敗する」と考えがちです。

しかし、実際の知恵袋のユーザーの声は、もう少し様々です。

 

毎日の仕事が忙しい。仕事で疲れて運動できない。

疲れすぎて運動する体力もないし、気力もない。

リバウンドの繰り返しで疲れた。ダイエットを考えることに疲れました。

そもそも、ダイエットに疲れた時は、無理をしすぎるからです。

例えば、厳し過ぎる運動を毎日したり、食事制限を極端に課してしまったり。

どれも続けられれば大きな効果がありますが、

負担が大きすぎて「疲れた時」となるのは当たり前。

そして、疲れを癒していると、いつの間にかダイエットが終わってしまうのです。

 

ダイエット中に、疲れた、という人は、「仕事」「運動」「ダイエット」に疲れているようです。

考え方次第ですが、「疲れて行き詰まり」を感じているという状況ならば、いっそのこと、しばらくの間、辞めてしまうのもありです。

 

仕事を辞めるというわけにはいきませんが、運動もダイエットもしばらくの間、辞めてみるという考え方もありです。

 

ダイエットに疲れやすいと感じるのは、停滞期・食事制限の可能性あり

順調に痩せていれば、仕事の疲れもダイエットの運動の疲れも、気にならないのだと思います。

目標体重まで、まだまだ行けてないのに、食事制限を続けているのに、体重が減ってくれない停滞期に入っている状態では、ダイエットをすることに疲れを感じ、痩せないことに、疲れを感じてしまいます。

このダイエットの疲れの原因を辿っていき、対策を探っていくとたどり着くのは、コレかもしれません。

ついつい勢いで、具体的な根拠も計算もなく、バッサリと決めてしまった、ダイエットの目標と計画です。

何月までに、何キロになると決めませんでしたか。

そのために、テレビかネットで見た、誰かの成功体験にあやかって、自分のダイエットの食事制限を決めたのではないでしょうか。

 

もし、そうなら、やるべきことは、仕切り直しです。

計画の立て直しです。

そして、一月に体重の5%を超えるような減量計画にはしないことです。

間違い無く、停滞期に入ってしまいます。

停滞期に入ると、少ない食事量でも、生きていけるように、体が自動的に調節されてしまいます。

ですから、ダイエット計画は、半年とか1年などと長い計画になります。

穏やかな減量計画を作りましょう。

それが停滞期に入りにくくしてくれます。

食事制限で、炭水化物や糖質を、全く食べないとしたら、人が生きるための主要三大栄養素の一つを無くすることになるので、体に変調をきたすことになります。

体調不良が原因となり、疲れやすくなっている可能性も大きいです。

食事制限の考え方は、食べすぎていた栄養を調整するという考え方の食事制限にすることです。

 

また、全く運動をしないで、痩せるということもまた、現実的にはむずかしいです。

運動をしないと、筋肉量がどんどん減っていきます。

筋肉がなくなると、基礎代謝が減ってしまいますので、痩せにくくなります。

筋肉がなくなっていくと、おじいちゃん・おばあちゃんと同じ体格になってしまいます。

そして、すでに体についてしまった脂肪は、運動で燃焼させないと、ついたままです。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットに疲れた時|運動をするのが正解!

ダイエット 疲れた時

「もう、疲れて、運動できない」と思っている人のうちの多くの方が、前述した通り、やりすぎの食事制限と停滞期に入っている可能性が大です。

食事を減らしてるのに、体重が減らない、疲れが取れない、疲れやすくなった、、、停滞期の状態です。

停滞期の人は、基礎代謝が落ちています。

具体的には、筋肉量が減少していますので、まず筋肉量を増やすために、筋トレの運動をしましょう。

一般的な状態であっても、女子は14歳、男子は16歳がピークです。その後はどんどん減少していきます。

筋肉量がないので、ちょっとした動きでも疲れやすいのです。

自宅で、できて効果的なのは、スクワットです。

他にも自分に合う筋トレを見つけるのに、アプリを利用するのも良い方法です。

 

ダイエットに疲れた時|だるさを感じるとき

だるさを感じたときは、ストレッチやヨガなどの運動に切り替えるのも、良いです。

だるさを感じるように疲れた時は、身体を休めがちです。

 

しかし、何もしなければ消費カロリーが減るので、太りやすくなります。

それを防ぐために、ストレッチやヨガなどをするのです。

動きが小さいので、あまりダイエット効果がないように感じるかもしれません。

しかし、疲れた時は大きな効果が期待できるのです。

 

例えば、身体を伸ばすと血行が良くなります。

すると、代謝がよくなるので、消費エネルギー量がアップするのです。

また、巡りがよくなると疲労物質を取り除きやすくのなります。

つまり、ストレッチやヨガは、疲れた時の運動に最適なのです。

筋トレに合わせて行うのが、おすすめです。

 

ダイエットに疲れた時|身体が痛いとき

疲労がたまると身体が痛くなることもあります。

そんなときは、痛みのない箇所の筋トレが有効。

 

例えば、ランニングなどをすると、疲れがたまって膝が痛くて走れなくなります。

それなら、上半身の筋肉を鍛えれば、上手にダイエットが続けられるのです。

 

筋トレは消費カロリーの高い運動ではありません。

ただ、筋肉が増えると基礎代謝が増えるので、痩せやすい身体を作ることができるのです。

つまり、ダイエットがしやすくなるのです。

 

身体が痛いと運動を止めてしまいがち。

しかし、ダイエットのための運動方法は1つではありません。

工夫することで、疲れた時でもダイエットができるようになるのです。

 

 

スポンサーリンク

ダイエット中に疲れた時は甘いもので克服!?

ダイエット 疲れた時

 

ダイエット中に疲れた時は、甘いものを食べるのがいいでしょう。

甘いものの一切を禁止していませんか?

実は、逆効果の場合もあるのです。

 

例えば、疲れた時は甘いものを食べたくなります。

しかし、食べたいのに食べられないとストレスがすごくたまります。

ストレスは過食を促す要因の1つです。

つまり、我慢してストレスをためると、ダイエットに失敗しやすくなるのです。

 

ダイエットに成功している人は、甘いものを上手に食べています。

その方法とは、「時間」と「量」を決めて食べることです。

「甘いものは3時だけ」「お皿に乗った分だけ」など。

 

疲れた時は甘いものが欲しくなります。

そんなときでも、上手に対処することで、ダイエットがしやすくなるのです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

「疲れた時」はダイエットでは危険信号です。

しかし、運動や甘いものを上手に生活に組み込むことで、対処できます。

今度こそダイエットに成功したいと思っている人は、ぜひ疲れたときこそ上手に対処してください。

 

 

 

関連記事一覧

  1. ダイエットの停滞期が長い|長すぎる!いつまで?
  2. ダイエットに疲れた時!運動できない痩せない?停滞期か食事制限に原因   *当記事
  3. ダイエットしてるのに痩せない!理由は何?期間は
  4. ダイエットはすぐに体重は減らない!特に 初期は
  5. ダイエットが続かないからと自分を責めないで。理由があります
  6. ダイエットで体重が増える!なぜそんなことになるのか
  7. リバウンドしない最速ダイエット!成功する対策!
  8. 睡眠不足だと痩せない!睡眠は一つのダイエット!
  9. 金森式ダイエットで失敗する人・痩せない理由は何?
  10. ダイエットの停滞期期間はいつまでか?いつから始まる?
  11. チートデイの効果とやり方と失敗について|ダイエットの停滞期
  12. ダイエット停滞期2回目!何回くるのか?停滞期脱出した人は筋トレ!
  13. ダイエットの失敗|失敗談から原因を学ぶ
  14. ダイエットはメンタルで成功する!メンタルケアで体重をコントロール
タイトルとURLをコピーしました