さつまいもダイエットは夜に食べる

ダイエット さつまいも

・さつまいもでダイエットはできる
・さつまいもでダイエットをする方法
・さつまいもダイエットで失敗しないコツ

さつまいもは高糖質・高カロリーなイメージがありませんか?

黄色くてホクホクとしたさつまいもはついつい食べ過ぎて肥満の原因になってしまいます。

そのため、ダイエット中は食べようと思う人はあまりいません。

しかし、さつまいもは工夫をするとダイエットに最適な食べ物なのです。

この記事では、さつまいもダイエットがどのようなものかを詳しく解説していきます。

ぜひ読んでみてください。

目次

さつまいもでダイエットできるのって本当?

さつまいもでダイエットできるのって本当?

一番気になる答えですが、さつまいもダイエットはすごく効果が期待できます

さつまいもは甘いので絶対太りそう。

でも、実は太りにくくて痩せるのに向いている食べ物なんです。

ここではさつまいもの実像を解剖していきます。

太りにくい食材

さつまいもってカロリー高そうですよね。

でも、実は普段食べている白米よりも低カロリーなんです。

ご飯1膳160gのカロリーは約270kcalなのに対して、さつまいも160gのカロリーは約210kcalです。

すごく意外ですよね。

また、GI値も低いのでダイエットに有効なのです。

GI値とは、炭水化物が糖質に変わる速さを数値化したもの。

これが高いということは血糖値が上がりやすく、インスリンの分泌も高騰しやすいのです。

インスリンの分泌が増えると肥満になりやすいので、GI値が低いということは太りにくいといえるのです。

さつまいものGI値は55で、低GI値食品に分類されています。

ちなみに、白米は84、食パンは91と高いですね。

このため、さつまいもは太りにくい食材といえるのです。

食物繊維が豊富で腹持ちがいい

さつまいもが太りにくいのは、食物繊維が豊富で腹持ちがいいことも要因です。

さつまいもを割ると繊維がたくさんみえますが、あれが食物繊維。

食物繊維は胃や腸で消化されずに、ずっと残っています。

そのため、腹持ちがよくてお腹が空きにくいのです。

また、水分に触れると膨れるのも特徴で、満腹を早めてくれます。

さつまいもダイエットでは糖質が気になります

それでも気になるのは、糖質ですね。

確かにあれだけ甘いのですから、糖質が高そうです。

調べると、100gあたりで、糖質が31.0g、カロリーは140lcalです。

白米の糖質が36.8g、食パンが44.3gですので、さつまいもの方が少しだけ低い数値です。

ただし、さつまいもは調理の仕方でも、栄養素の数値は変化します。

生のさつまいもを蒸しても、糖質はあまり変わりませんが、天ぷらにすると、36g以上に増えますので、白米と変わらない数値になりますので、ご注意です。

あわせて読みたい
糖質制限ダイエット中に食べていいものと食べてはいけないもの ダイエットといえば、最近では、糖質制限ダイエット、炭水化物抜きダイエットなどが定番です。 これは、厚生労働省の「国民の健康・栄養調査報告」からも分かるのですが...

さつまいもダイエットは夜食べること|食べ方

さつまいもダイエットの方法とは

さつまいもダイエットのやり方は、主食をさつまいもに置き換えるだけです。

拍子抜けするほど簡単

普段食べているご飯やパンを、太りにくい食材であるさつまいもに変えることでできます。

あわせて読みたい
ダイエットの夜ご飯は寝る前3時間前までに終わらせる! ダイエットのためにしていることは何ですか? 心の中で「ハードな運動」や「食事制限」と答えていませんか? それらのダイエットは、身体を壊す恐れがあるので、あまり...

おすすめは、夜に食べることです。

一般的に、夜ご飯が一番摂取カロリー多いです。

先に書いたように、ご飯とさつまいもでは、カロリーに差があります。

夜ご飯の白米をさつまいもに変えるだけで、夜ご飯は低カロリーになります。

ちなみに、さつまいもの皮は栄養の宝庫。

減量中は栄養が不足しがちになるので、皮ごと食べるのがおすすめの食べ方ですよ。

あわせて読みたい
ダイエット中の夜食には罪悪感がある|食べてもいいものって ダイエット中の夜食って、やっぱり罪悪感ありますね。寝る前3時間以内には食べないようにといいます。罪悪感を感じないで食べられるものって何があるのか、深堀して紹介...

さつまいもダイエットで失敗しないために

さつまいもダイエットで失敗しないために

さつまいもダイエットは優秀ですが、食べ方を間違えると失敗してしまいます。

そこで、さつまいもダイエットで失敗しないために注意すべきことを紹介します。

1つ目は、お砂糖や油を使わないこと。

当然ですが、さつまいもが太りにくい食材でも、お砂糖や油と一緒に食べれば帳消しです。

料理の際はお砂糖や油をできるだけ使わずに、蒸したり焼いたりして食べましょう。

前述の通り、天ぷらはよくないですね。

2つ目は、食べ過ぎないこと。

こちらもごもっともですよね。

ただ、さつまいもって甘くておいしいので、おやつ感覚でパクパクいきがち。

主食と置き換える分以外は食べないようにしましょう。

まとめ

甘くておいしいさつまいもでダイエットができるって、うれしくなりますよね。

ダイエット中は特に甘いものが食べられないので、ありがたい食材です。

食べ方さえ間違えなければ痩せやすいので、ぜひさつまいもでダイエットをしてみてください。

関連記事

  1. 食事
  2. ダイエットの食事で大切なことはご飯と食べ物の栄養素とおやつ
  3. ダイエットに効果ある野菜はどれ?食べ方・レシピは?
  4. さつまいもダイエットは「夜」に食べる    *当記事
  5. ダイエット野菜スープ|作り置き冷凍保存なら日持ちする
  6. ダイエットはキャベツ中心が楽!効果的な食べ方やレシピを紹介!
  7. ダイエットには大豆が効果ありそう!どんなやり方があるのか?
  8. もやしがダイエットの最適最強食材である理由
  9. もやしダイエットの痩せる方法とレシピ
  10. ダイエットが失敗するのはビタミンの力が不足してるから
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次