ダイエットの食事

ダイエット野菜スープ|作り置き冷凍保存なら日持ちする

ダイエット 野菜スープダイエットの食事

ダイエットに効果的な野菜スープです。

毎期作るのは、野菜スープは、手間がかかって大変です。

野菜スープを作り置き冷凍すれば、冷蔵するよりはるかに日持ちします。

かつ美味しく続けやすいという、ダイエットメニューです。

 

ダイエット効果をあげるには、普段の食事に、野菜スープを加えることです。

野菜スープダイエットで、摂取カロリーや空腹感などの悩みを解消します。

ダイエットをスムーズに進められるようになるのです。

 

この記事をご覧いただければ、野菜スープでダイエットを成功させやすくなります。

ダイエットで悩みを持っている方はぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

野菜スープダイエットで効果をあげるには!作り置き冷凍!

野菜スープ ダイエット 効果をあげるには

ダイエットに、良さそうだと思いつつ続かない。

それは、ダイエットメニューを作るのに、毎回手間がかかることも原因しています。

野菜スープもダイエットに効果的なことは、よく知られています。

でも、野菜スープは都度準備をしてから作るのでは、なかなか続きません。

ですので、ダイエット効果が出にくくなってしまいます。

 

そこで、毎日野菜スープが取れるように、作り置きをし、冷凍するのです。

そうすれば、毎日の食事で野菜スープがとりやすくなり、継続できるようになります。

野菜スープダイエットで効果をあげるには、毎日食することが重要です。

 

 

そこで、「野菜スープの作り置き冷凍」の方法をおすすめします。

野菜スープは、冷蔵の場合であれば3〜7日が限度とされています。

また、衛生上のリスクがあるので、野菜スープを食べるときだけではなく、毎日火を通すべきなのです。

 

しかし冷凍保存なら、野菜スープは2〜3週間の保存が可能とされています。

<野菜スープの作りおき冷凍保存の方法は簡単>

  1. まず当然ですが、大きめの鍋にたくさんの野菜スープを作ることです。
  2. スープができたら、粗熱をとってください。
  3. ジップロックに、1食分ずつ小分けにします。そして冷凍し、好きなときに温めて食べる。

 

<大きいジップロックしかない場合>

  1. 同じように野菜スープを作り、大きいジップロックに、入れてください。
  2. 冷凍するときは、平にしておいたほうがいいです。
  3. 完全に冷凍する前にとりだして、1食分ずつに割れ目をつけます。
  4. 半冷凍状態でないと割れ目がつかないです。
  5. 割り箸をぐっと押し付けるなどして割れ目をつけてください。
  6. 食べるときは、割れ目で割って温めて食べる。

 

野菜スープを保存する際の手間は、少しかかりますが、食べるときが楽なので、続けやすいです。

 

 

スポンサーリンク

野菜スープは置き換えするとダイエット効果がある

野菜スープ ダイエット 効果をあげるには

どのダイエット法を、試してもうまくいかなかった方もいると思います。

野菜スープダイエットがいいと聞いても、疑ってしまうと思います。

野菜スープダイエットは、痩せるためのさまざまな効果があるので、効果的に痩せられるのです。

いくつか主だった効果を詳しく解説していきます。

基本的に、糖質を取らないこと(糖質のある野菜は使いません)と、置き換えること(3食でも)とタンパク質は別に補充することです。

タンパク質の取り方は、スープに入れるのではなく、別に取るのがおすすめ。

 

低カロリー

野菜スープダイエットといえば、低カロリーなことが挙げられます。

野菜スープに入れる具材は、もちろん「野菜のみ」。

入れるのは、キャベツやタマネギなどだけで、カロリーの高いお肉類は入れません。

そのため、カロリー摂取が抑えられて太りにくくできます。

 

また、野菜には満腹中枢を刺激してくれる食物繊維が豊富に含まれています。

野菜だけでは、物足りないと感じるかも知れません。

案外、食物繊維が胃にどっしりと残るので満足感を得られるのです。

 

さらに、野菜スープは全体的に低カロリーです。

なので、食べたいだけ食べても、カロリーをほとんど気にする必要がありません。

そのため、ダイエットの大きな妨げとなる、食べたいストレスを抑えられます。

ダイエットが続けやすくなります。

 

 

温かいスープで代謝がアップ

野菜スープで、効果をあげるには、基本的に温めて食べます。

すると、体温が上がって代謝がよくなるので、ダイエットがしやすくなるのです。

体温は1度上がるだけで、基礎代謝は13~15%も上昇します。

基礎代謝とは何もしなくても、消費されていくエネルギーのことです。

 

つまり、基礎代謝を高めることで、痩せやすい身体が勝手に作られていくのです。

 

一度体温を測ってみてください。

健康的な方は、体温が36.5~37度程度あります。

健康的な方の体温よりも、低い方は野菜スープダイエットの効果が、出やすいでしょう。

現代人は、不規則な生活などによって、体温が低くなってきています。

温かい野菜スープを飲むダイエットは、すごく期待できるのです。

 

 

ダイエットに有効な栄養素をまとめて摂れる

野菜スープダイエットでは、さまざまな栄養を摂取できます。

ですので、ダイエットがスムーズになります。

例えば、ダイエットにはビタミンB群の摂取が欠かせません。

 

ビタミンB群は、代謝をサポートする栄養素です。

しっかりと摂取することで、代謝をよくできます。

 

また、食物繊維は満腹中枢を刺激します。

そして、デトックス効果も期待できます。

 

身体の老廃物をしっかりと排出します。

そして、邪魔者がいなくなるので、細胞が活発に動くようになるのです。

すると、基礎代謝がよくなって痩せやすい体質になるのです。

 

野菜スープダイエットで痩せない人には共通点

野菜スープで順調にダイエットが進む人がいる反面、痩せないという人もいます。

SNSで野菜スープダイエットで痩せない、という人の声に注目すると、共通点があることに気づきます。

痩せない原因は食べ過ぎ

野菜スープは材料が野菜ですから、とてもヘルシーです。

ヘルシーな分、あっさりしているので、物足りないという人も多く、食べ過ぎてしまったり、何か他の材料を追加して食べてしまうケースもあるという人の声があります。

ただし、3食を置き換えするなら、野菜スープは、1食100kcalほどしかないので、たくさん食べて大丈夫です。

食べすぎは、そのほかのものです。

 

痩せない原因は飽きやすくて続かない

野菜スープの効果を実感しながらも、「飽きた」「続かない」「満腹感がない」という声も目立ちます。

野菜スープは、トマトベースで作ることが多いかもしれませんが、これも好き好きがあり、続かない原因になるのかもしれません。

ただ、トマトなしで作ると、かなり薄味の味になり、満足度が少なく、飽きてる人の声が目立ちます。

 

痩せない原因は太っていない人の場合、逆に体調を崩す可能性も

野菜スープは、代謝をあげて、脂肪燃焼を進めたい人に向いていて、すでに痩せ型の人には、合わないという声も見つけました。

そもそも、野菜スープがダイエット効果をもたらすのは、ダイエットが必要な体型の人です。

摂取カロリーを抑え、脂肪も取りません。

痩せ型の人が、カロリーを抑えた食事をして脂肪燃焼させようとしても、すでに体内に脂肪が少ない人の場合、燃焼するための脂質や糖質が体内にありません。

そのために、多体調不良になる可能性があります。

 

スポンサーリンク

野菜スープダイエットで効果をあげるには素材が大事?

野菜スープ ダイエット 効果をあげるには

そもそも、野菜スープはアメリカ発祥の病院食。

太り過ぎで手術できない人を強制的に痩せるためのスープでした。

最初の名前は、キャベツスープダイエットと言いました。

食べるのは、キャベツスープとタンパク質だけです。

タンパク質は、肉を焼いて食べて、OK。

スープの中身は、キャペツが基本で、他にも野菜を加えるというものです。

野菜スープダイエットにおすすめの食材は、低カロリー・低糖質の食材です。

その中でも、キャベツやタマネギ、ピーマン、トマトなどがとくにおすすめです。

キャベツは食物繊維が豊富なので、満腹中枢が刺激できて食べ過ぎを抑えられます。

スープに入れてはいけない野菜は、根菜系と芋系です。

 

タマネギは、血行促進効果で代謝をアップしてくれます。

ピーマンやトマトにはビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCは、細胞のダメージを修復する作用があります。

代謝を維持してくれるのです。

また、ビタミンCを摂取できれば、ダイエット中の肌荒れ予防にも効果的。

一方、コーンや根菜類などの糖分を、多く含んだものは、控えるようにするとよいでしょう。

 

キャベツの野菜スープでダイエット

野菜スープで代表的なキャベツのスープについて、作り方を紹介します。

  1. 材料は、基本的に好きな野菜をなんでも入れること。
  2. キャベツは基本ですので、他には、玉ねぎ・セロリ・ピーマン・にんじんとトマトは、生よりトマト缶がおすすめです。他には、マッシュルームがあれば入れましょう。
  3. 味付けも好みですが、コンソメスープの素とココナッツオイルと塩とコショウ。唐辛子も一つ入れておきましょう。

 

<手順>

  1. 材料は適当なサイズに切って、皮は取っておいてください。
  2. 出汁を取るときに使いましょう。
  3. 野菜の皮や根っこは、鍋に入れてください。出汁を取ります。
  4. キャベツは、外側はとって、中身を切っておきます。根っこと外側の1〜2枚は出汁に使います。
  5. セロリの葉っぱの方は、出汁に使います。
  6. 出汁を取る野菜を鍋に入れて、煮込みます。
  7. 全ての具材を適度なサイズに切り揃えて、鍋に入れて煮込みましょう。
  8. さて、いよいよスープづくりです。ココナッツオイルを入れて溶かしたところに、玉ねぎを投入。茶色になるまでです。
  9. クズ野菜から、出汁を取ります。クッキングペーパーなどを使って、濾します。
  10. 濾したスープに、切っておいた野菜と炒めた玉ねぎを入れます。ここでトマト缶を投入。
  11. そして、煮込みます。
  12. 好みで、唐辛子を入れます。コンソメスープの素は、入れたほうがうまい。
  13. 塩と胡椒で味を整えて完成です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

野菜スープはダイエットに有効です。

満腹まで食べられるのに、カロリーが抑えられたり、代謝を高められます。

夢のような効果が、たくさんあります。

また、味も変えることで飽きることなく、続けられます。

何をしてもダイエットが続かないという方は、野菜スープでダイエットしてみてください。

 

 

 

関連記事

  1. ダイエットを成功させる食べ物と失敗する食べ物
  2. ダイエットに効果ある野菜はどれ?食べ方・レシピは?
  3. さつまいもダイエットは「夜」に食べる
  4. ダイエット野菜スープ|作り置き冷凍保存なら日持ちする    *当記事
  5. ダイエットはキャベツ中心が楽!効果的な食べ方やレシピを紹介!
  6. ダイエットには大豆が効果ありそう!どんなやり方があるのか?
  7. もやしダイエットの痩せる方法とレシピ
タイトルとURLをコピーしました